M1 Mac 仮想環境でのWindows 10、iMac ターゲットディスプレイでの使用事例。Win 10の表示領域も大きく快適

上の写真は、M1 MacBook Airを 約10年前の iMac 27インチ Mid 2010に接続(ターゲットディスプレイ)した様子です。表示のWindows 10は、M1 MacBook Airに導入した Parallels Desktopの仮想環境によるものですが、27インチの大画面で快適に作業できます。Paralles Desktopの記事は複数投稿していますが、同アプリの応用事例として参考までに記載します。

M1 Mac / Paralles Desktopと iMacのターゲットディスプレイの組み合わせも、画面が大きく、サウンドも迫力があり よいものです。

スポンサーリンク

M1 MacでWindows 10、iMacに映像出力の構成

M1 Macの仮想環境にWindows 10を導入、iMacのターゲットスクリーンによる映像出力の構成は以下です。詳細はリンク先記事を参照ください。

 

▼有料アプリとなりますが、「Parallels Desktop for Mac」の仮想環境に Windows 10を導入しています。Windows 10はARM版となり、通常と同様にプロダクトキーが必要です。また、私はWindows 10から11に更新したのですが、M1 Macの仮想環境での Windows 11は課題が多く、Windows 10に戻しています。

M1 MacBook Air、Parallels Desktopによる Windows 10の導入方法と使用感。メモリ 8GBでも快適動作
Macの仮想環境で Windowsを実行できる「Parallels Desktop 16.5 for Mac」がリリースとなり、待望のM1 Macにも対応しました。早速、M1 Macに対応する Windows 10 ARM64 In...
M1 Mac、Parallels DestopのWindows 11を削除し、Windows 10を再導入する手順
M1 MacBook AirのParallels Desktopに導入した Windows 10を11に更新したのですが、フリーズやWiFiを使用できないなどの不具合が多く、通常運用は困難と判断。そこで、Windows 11を削除し...

 

M1 MacBook Airを、iMac 27インチ Mid 2010のターゲットディスプレイの機能を利用し、外部モニターとして接続しています。ポート類が合致すると 接続元は Mac / WindowsともにOKですが、外部モニターとしての iMacは以下の旧製品に限定されます。また、iMacのOSは High Sierra以前が必須要件です。

  • 27インチ Late 2009
  • 27インチ Mid 2010
  • Mid 2011〜Mid 2014

 

M1 MacBook Airの外部ディスプレイとして iMac 27インチ Mid 2010を接続。クラムシェルモードでも動作
ヤフオクにて ジャンクな iMac 27インチ Mid 2010を格安で購入。目的は ターゲットディスプレイにより、M1 MacBook Airの外部ディスプレイ化することです。別途購入のUSB Type-C / Mini Disp...
古いiMacでのターゲットディスプレイ、Win 10 PC 5台で試してみた。GPU統合型PCでは即認識し安定動作
旧モデルの iMacのターゲットディスプレイの機能において、Windows パソコンを接続して利用できる・できないの様々な見解があります。今回、Mini DisplyPortを装備する「iMac 27インチ Mid 2010モデル」...

使用感

iMacのターゲットディスプレイの留意事項(ノートPCのクラムシェルモード、デスクトップを接続する場合)として、本体のキーボード・マウスのほか、接続元用に キーボード・マウスを別途用意する必要があります。このために掲載の写真では、2つの Apple ワイヤレスキーボードを設置しています。

なお、接続元用のキーボードは Windows用でもよく、iMacのキーボードの「Command + F2」の押下により、iMac / 接続元で画面が切り替わります。

さて、仮想環境・ターゲットディスプレイとしては 当然のことを記載しますが、M1 Mac(他のMacでもOK)の映像出力を iMacとして、仮装環境のWindows 10を使用するメリット・使用感は以下です(Paralles Desktopの使用感も混在しています)。

  • 仮想環境ですので、macOSとWinodws 10のファイルのコピペや移動は自由自在、macOSのなかで EdgeなどのWindowsのアプリを起動・使用することができます。
  • M1 MacBook Airよりも表示領域が大きく快適。ただし、macOSとWindows 10は、レタリングに相違があり、例えば Chromeの文字の表示では Windows 10では淡いために Mac側は使用することが多いです。
  • macOS、仮装環境のWindows 10 双方に当てはまりますが、M1 MacBook Airのスピーカーよりも、古い iMac 27インチ Mid 2010のスピーカーが より迫力あり。
  • 私のM1 MacBook Airのメモリは8GBですが、仮想環境のWindows 10は想像以上にサクサクと動作し、感覚的には Gemini Lake (Celeron) N4100 クラスのレスポンスです。

 

▼Parallels 公式サイトはこちら

Parallels Desktop for Mac、公式サイト

 

▼なお、掲載のiMacは VESAマウント・モニターアームの構成ではなく、以下の記載に対応により低くしています。

iMac 27インチの背が高すぎるので、絶妙な高さに調整してみた。モニターアームなしでもスッキリ、疲れも軽減
中古で購入の iMac 27インチ Mid 2010のディスプレイの背が高く、見上げるような目線となるため、上の写真のように下げてみました。ディスプレイを垂直にした場合の机との隙間は1cmとなり、ほぼ限界な状態。今日は終日、在宅勤務...

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました