広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

M2 Mac mini / M1 MacBook Air、Thunderbolt 3/4対応 外付SSDケースでのPCIe 3.0 SSDのベンチスコアを計測してみた

Thunderbolt 3/4に対応のNVMe SSD ケースを購入し、PCIe 3.0 M2 SSDのベンチスコアを M1 MacBook Air / M2 Pro Mac miniにて計測してみました。

それほど高速でない PCIe SSDを使用していますが、PCに内蔵時のスコアと比較すると「やや劣る」程度となり、私としては満足な結果です。今後、M1 Mac / M2 Macの外付け起動ドライブとして使用する予定です。

スポンサーリンク

購入した Thunderbolt 3/4対応 NVMe SSD ケース

購入した Thunderbolt 3/4対応のNVMe M.2 SSD ケースは、上の画像・以下の製品。M1 / M2 Macの外付け起動ドライブとしての目的のもと、Amazonにてセール対象となっていたこともあり購入しました。

なお、PCIe / NVMe SSD専用となり、SATA M.2 SSDには未対応なことに留意ください。また、PCIe 4のM.2 SSDには未対応です。

 

 

▼約12,000円の商品でもあり、外箱・内箱の保護ともに立派です。「SAN ZANG」なるブランドの製品ですが、説明書および外箱の裏面によると、複数のSSDケースを展開する「ORICO」が製造元のようです。

 

▼付属品は左から、シリコンパッド、SSD取付用のネジ、ドライバー、ヒートシンク、PC接続用の2股ケーブル(USB-AとUSB-C)。写真は割愛しましたが、英語・中国語表記の簡易マニュアルも付属しています。

 

▼厚いアルミのボディで質感は高いです。今回購入したグレイの他、シルバー・ローズゴールド版も販売されています。

 

▼表面の右半分には溝がありますが、ヒートシンクとしては浅いです。

 

▼ポート部分には、Thunderbolt 3/4の転送速度を示す「40」の記載があります。

 

▲▼サイズ感がわかるよう、以下で実機レビューのUSB 3.2 M.2 SSD ケースを並べて撮影。1.8倍程度の横幅があります。

 

▲▼以下の価格情報の記事でも記載しましたが、2230 / 2242 / 2260 /2280サイズのM.2 SSDに対応としつつも、SSD取付のネジ穴は 2280サイズのみです。ただし、付属のシリコンパッドとヒートシンクで押さえることになるため、2280サイズ以外も取付可能です。

 

▼ポート部分を拡大

 

▼PCIe 3のシリコンパワー SSDを取り付けました。

 

▼シリコンパッドとヒートシンクの取付。確実なはめ込みのためには、シリコンパッドとヒートシンクをSSDに取り付けた後、ケースへの取付がよいです。

 

▼ヒートシンクがケースに接しているか否かは微妙なところ。ただし、ケースが大きいこともあってか、3,000円前後のケースと比べると、熱さはかなり抑えられています。

M1 Mac / M2 Macでのベンチマークスコア

M1 MacBook Air / M2 Pro Mac miniに取り付け、ベンチマークスコアを計測してみました。使用しているM.2 SSDは、以下のシリコンパワー PCIe 3.0の256GBです。

 

▲▼Windows 10 PCに内蔵時のベンチスコアはこちら。Read 3103MB/s Write 1051MB/sと、PCIe 3.0でもあり、それほど高いスコアではありません。もともと、ThinkPad X1 Carbon 2016のSATA SSDを換装し使用していましたが、SATA SSDに戻し、今回のケースで使用しています。

 

M1 MacBook Air での速度

以下のシステム情報のとおり、Thunderbolt 3.0で動作する「M1 MacBook Air」での計測です。

 

 

▼上はM1 MacBook Air、下は前述のWindows 10 PCに内蔵のベンチスコア。

項目により ややバラツキがあるものの、内蔵時より やや劣る程度のスコアです。なお、ケースは ほんのりと温もりを感じる程度で、3,000円前後のSSD ケースと比べると よく冷えています。

M2 Pro Mac miniでの速度

Thunderbolt 4対応のM2 Mac miniですが、以下のシステム情報では Thunderbolt 3.0と認識しています。Thunderbolt 3/4ともに、同じ転送速度であるために システム情報の表示は深追いしていません。

 

 

▼上から順に、M2 Pro Mac mini、M1 MacBook Air、Windows 10に内蔵時のスコア。体感的には ほぼ同水準と言えそうです。

まとめ

PCIe 3.0(ケースは4.0に未対応)のそれほど高速ではない SSDを用いての速度の計測でしたが、Windows 10 PCに内蔵時と比較すると、「やや劣る」程度のベンチスコアとなり、私としては十分に満足なもの。最終的な目的は、M1 MacBook Air / M2 Mac miniの起動ドライブとしての使用ですが、こちらについては後日レポートします。

 

▼レビューしたSSDケースはこちらの製品。製造元は「ORICO」です。

 

▼M2 Pro Mac miniに内蔵 SSDのベンチスコアは、こちらの記事に掲載しています。

M2 Pro Mac mini 実機レビュー、ベンチスコアとシステム情報編。SSD 512GBのスコアは M1 256GBよりも多少高くて一安心
昨日(2023年2月3日)に注文した M2 Proを搭載のMac miniを、注目翌日の本日(2月4日)受領しました。早速、ベンチスコアを計測しましたので、実機のシステム情報とあわせて速報ベースでお伝えします。その他の機能や使用感につい...