Kindle対抗となるか、7.8型 Likebook Mars T80DのスペックをKindleシリーズと比較してみた

私は都内まで片道2時間20分ほどかけて通勤しているのですが、否応なしに電車に乗車の方が使用している端末が目に入ります。もちろん、スマホ・タブレットを利用している方が多い一方、Kindle端末など電子書籍リーダーを利用されている方もチラホラと。

その電子書籍リーダーとしては、やはりAmazonのKindleシリーズの人気が圧倒的ですが、中国メーカーの実力はいかがなものかと、Likebook Mars T80DのスペックなどをKindle端末と比較してみました。

なお、文末に12/30までの40個限定で199.99ドルとなる、クーポンコードを記載しています。

 

関連記事

Kindleに搭載のCPUが気になったので、海外サイト他で確認してみた

スポンサーリンク

Likebook Mars T80D、Kindle端末とのスペック比較

私にとって、Kindle端末、中国メーカーの電子書籍リーダーともにその使い勝手は未知数のため、単純にカタログスペックの情報のみの比較です。

Kindle端末との比較対象としたのは、中国メーカー製のなかでもスペック・価格ともに上位の「Likebook Mars T80D」。高スペックを要求しない電子書籍リーダーでありつつも、8コア・メモリ 2GB・ストレージ 16GBを搭載し、ベースとなるOSはAndroid 6.0。一昔前のエントリークラスのAndroidタブレット並みのスペックです。

 

単にスペックのみでみた場合、大きな特徴は CPUにはRK3368 / 8コアを搭載することと、大きめの7.8インチのディスプレイに高解像度であること。

CPUのRK3368を確認してみると、ちょい古めの以下のTeclast P10に搭載されています。Teclast P10のメモリはLikebook Mars T80Dと同じ2GBですので、電子書籍リーダーとしてのLikebook Mars T80Dのスペックは余裕があります。

 

電子書籍リーダー、あるいは強引にAndorid端末として、Likebook Mars T80Dをみた場合の素朴な疑問は以下(疑問に対する回答は勉強不足です)。

  1. 電子書籍リーダーとして書籍のダウンロード先アプリは組み入れられているとしても、Kindle ストアや楽天koboほどにラインナップは充実していないと思われるが、日本での使用・書籍の充実度はいかがなものか。製品紹介のイメージ画像では100以上のリーディングアプリを追加可能とあり、後段のユーザーレビュー動画の1分57秒目にKindleアプリの表示もあります。
  2. なんとかGoogle Playアプリもインストールできなくもないようだが、その実用性は? 海外の動画で、Google Playアプリのインストール方法を示しているものもあるのですが、電子書籍リーダーとしてが本来の使い方ですので、おまけ程度の楽しみ方ですけど。

 

▼100以上のリーディングアプリを追加可能とあります。

 

さて、1については未確認のままで消化不良なのですが、端末として上表のスペック意外に魅力に感じる箇所は以下です。

 

▼128GBまでのmicro SDカードを増設可能。これほどの容量を増量できれば、電子書籍リーダーとしては余裕です。

 

▲明るさの自動調節機能こそありませんが、AndoridのEye Comfortモード、iPhoneのNight Shiftのように、手動で寒色・暖色に色合いを調節できるEye Protectionモードを備えています。

私は手持ちのAndroidタブレット、iPadは可能な限り(端末に機能がある限り)Eye ComfortモードあるいはNight Shiftを利用し、目に優しい暖色系に寄せています。ただでさえ、目に優しい電子書籍リーダーに、Eye Protectionモードが備わっているとは、長時間 読書をしていても疲れは大幅に軽減されることでしょう。

 

▼Night Shift、Eye Comfortモードの利用事例

iPhoneのTrue Toneが快適なため、古いiPadもNight Shiftによる暖色系で常時運用してみた
iPhone XS Maxを使い始めて感じる大きなメリットの一つが、True Toneによるディスプレイのホワイトバランスを自動で調節する機能。目の疲れが明らかに軽減され、老眼(スマホ老眼?)が改善されたのでは、と錯覚するほどに。 ...
Alldocube X1、2カ月使用後も感じるサクサクなレスポンスと視認性のよさ、価格に見合う 10コア8.4インチタブレット
デカコア Helio X20を搭載する8.4インチタブレット「Alldocube X1」を使い始めて2カ月経過しましたが、相変わらずサクサクなレスポンスで、Webサイト閲覧に、ブログ記事の管理にと快適に利用しています。 通常は...

 

▼全般的に、Likebook Mars T80Dの特徴・Kindle端末との比較においては消化不良に陥っているのですが、Kindle Oasisとのほどよい比較レビューがありました。レスポンスを比較するものではないのですが、やはりディスプレイの大きなLikebook Mars T80Dが、より視認性に優れています。なお、1分57秒目にKindle アプリの表示もあります。

価格情報

ディスプレイサイズ的には、Likebook Mars T80Dの対抗はKindle Oasisが近いのですが、コスパの高い中国メーカーの端末のこと、価格はかなり異なります。

スペック・機能も異なるのですが、2018年12月1日時点ではKindle Oasisの31,980円に対し、Likebook Mars T80Dはクーポン利用で199.99ドルと2万円台前半となっています。

 

▼Kindle Oasisと、GearBestで販売のLikebook Mars T80Dの価格の事例です。スマホ・タブレット・PCに続き、中国メーカーによる電子書籍リーダーの攻勢となるか、今後の展開も楽しみです。

 

Gearbest Likebook Mars T80D
Likebook Mars T80D

11/30までの10個限定ですが、12/30までの40個限定ですが(期間延長・個数増加)、クーポンコード 「GB11bF01」の利用により 199.99ドルとなります。

 

なお、Likebook Mars T80Dにはクーポン利用以外のデフォルトの割引もあるのですが、クーポンを利用するためにはデフォルトの割引を無効にする必要があります。その対応は以下です。

 

▼デフォルトの割引の無効化は、$35-$5をクリックして表示される「not join activity」を選択します。

▼上の対応によりクーポンコードを入力可能となります。

なお、画像では送料 0.72ドル(これは必要)とShipping Guaranteeの6.44ドル込みで207.15ドルになっていますが、Guaranteeなしでは 本体 199.99ドル + 送料 0.72ドル = 200.71ドルとなります。

 

GearBest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

GearBest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBest、実例による中国から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBestへの出荷督促手順を事例で紹介、督促は簡単・回答も即受領

 

製品情報(タブレット)
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめの8インチタブレット
Teclast M89

・7.9インチ、MTK8176 6コア、メモリ 3GB、ROM 32GB
・iPad miniと同じ解像度、サイズはiPad mini 2,3とほぼ同じ
・iPad miniのケース等が活かせるかも
・OSはAndroid 7.0
・価格は150ドル前後

Alldocube X1

・Alldocubeのハイエンド機
・8.4インチ、Helio X20 10コア、メモリ 4GB、ROM 64GB、LTE対応
・解像度 2560 x 1600、Eye comfortモードを備え視認性よし
・OSはAndroid 7.1
・価格は240ドル前後だが、価格以上の価値あり

Teclast P80 Pro

・Amazon Fire HD 8対抗(?)の8インチタブレット
・CPUはFire HD 8と同じMTK8163 4コア
・メモリ 2GB、OGSスクリーン、1920×1200の解像度、アルミ製ボディはHD 8より優位
・OSはAndroid 7.0
・価格は100ドル前後

Win And I net

コメント