LIFEBOOK WAB/E3、光学ドライブ装備の15.6型ノートが43,900円。液晶の解像度などに割り切りも必要

我が家では、英語の学習教材などで今なお需要のあるDVDドライブを装備するパソコン。中古のThinkPadを購入することで対応したのですが、富士通 Web Martでは、DVDスーパーマルチドライブを搭載する 15.6インチノート「LIFEBOOK WAB/E3」が、税込・送料無料の43,900円(2021年9月18日時点)で販売されています。

LIFEBOOK WAB/E3のスペック

税込・送料無料の43,900円のモデルのスペックは以下となりますが、CPU、メモリ、ディスプレイの解像度に割り切りが必要です。

CPUAMD 3020e、2コア2スレッド
GPUAMD Radeon
メモリ4GB(空きスロットあり)
ストレージNVMe / PCIe SSD 256GB
ディスプレイ15.6インチ、解像度 1366 ×768、スーパーファイン
WiFi11ac/a/b/g/n
Bluetooth5.0
ポート類USB 3.1 x 2、USB 2.0、USB Type-C(3.1)、HDMI、有線LAN
サイズ361 × 244 × 27mm、2.0kg
OSWindows 10 Home 64bit
その他スーパーマルチドライブ(DVD±R DL(2層)書き込み対応)

 

低価格を実現するために、コストカットされたスペックが散見されますが、ポイントの一つはCPUのAMD 3020e。 ベンチマークスコアは多く出回ってないのですが、こちらの海外サイトの情報では、インテル CPUでは、Celeron N4500と同水準。製品の事例では、Gemini Lakeを搭載するパソコンや、Surface Go 初代と同水準です。

この場合、Web ブラウジングや動画視聴、Wordなどのライトユースは普通に動作する一方、Windowsの更新前後には バックグラウンドでのシステムプロセスの稼働により、CPU使用率の100%張り付きが上位機よりも長くなります。

CPU以外でのコメントは以下です。

  • メモリは4GBと心許ないですが、空きスロットがあり ユーザーでの増設も可能。
  • ディスプレイの解像度が1366 ×768ですが、ここは価格がアップしても FHDとして欲しかった。1366 ×768の場合、テキストなどのジャギーさが気になる方が多いと思います。
  • 重量は2.0kgと重いのですが、光学ドライブを搭載し、価格を考慮するとやむを得ず。
  • タイトル下の画像のとおり、ディスプレイを開いた際にキーボードに僅かに角度がつくこと(タイピングしやすい)、ディスプレイのベゼル幅が狭いこと、高速なPCIe SSDを搭載していることは、この価格帯としてはよいこと。

 

▼背面はモカブラウン色のレザー調テクスチャーを採用。内部にアクセスする扉があり、メモリスロットなどに簡単にアクセスできそうです。

 

▼光学ドライブ搭載のため 27mmと厚みはありますが、USB x 4、HDMI、有線LANとポート類は一通り揃っています。

まとめ

今となっては貴重な光学ドライブを搭載する 15.6インチの「LIFEBOOK WAB/E3」。税込・送料無料の43,900円(2021年9月18日時点)と低価格であることが最大の特徴ですが、CPUがエントリークラスであることは価格の面ではよいものの、ディスプレイの解像度が低いことが気がかりです。ここを許容でき、低価格な光学ドライブ付きPCを検討している場合には、候補となる製品です。

 

▼富士通 Web Martの販売情報

富士通 WEB MART、販売ページ
icon

コメント

タイトルとURLをコピーしました