LHMZNIY A9、14.1型 Celeron 3867Uにして、RAM 16GB,Win 10 Pro,SSD 1TB選択可能な変則PCの概要

GeaarBestで9製品を展開中(2020年2月3日時点)のLHMZNIYのノートPC。先日、Core i3-5005Uを搭載の15.6インチノート(Core i3-5005U搭載の15.6インチ 金属製ノートが約4万円。コスパ高なLHMZNIY社のWin 10 PC」を紹介しましたが、もう一つ魅力的な製品が、14.1インチのLHMZNIY A9。CPUにCeleron 3867Uを搭載する製品は複数あるものの、このクラスにしてメモリは16GB、さらにはWindows 10 Proを搭載です。多少、アンバランス感もあるのですが、今回はこのLHMZNIY A9の概要を記載します。

スポンサーリンク

LHMZNIY A9のスペック

上の画像では「GAME」とありますが、そのスペックからゲーミングマシンではなく、ベゼル幅の狭さをアピールするもの。ベゼル幅の明記はないのですが、画面占有率は90%とあります。

当製品のスペックは以下となりますが、混乱を招くのが、ディスプレイがTNパネルかIPSパネルか曖昧なこと。私はこれまで、TNパネルとの認識で(イメージ画像やGearBestのスペックではTNパネルとの記載あり)搭載を見送っていたのですが、後段の画像ではIPSパネルとあります。ここでは、保守的にTNパネルとして扱います

CPUIntel Celeron 3867U
GPUIntel HD Graphics 610
メモリ16GB DDR3
ストレージ128GB、256GB、512GB、1TBから選択
ディスプレイ 14.1インチ、TNパネル、解像度 1920 x 1080
WiFi 11a/ac/b/g/n
Bluetooth4.0
ポート類USB 3.0 x 2、Mini HDMI
サイズ36 x 24 x 2.5cm、1.4kg
OSWindows 10 Pro
その他金属製ボディ、バックライト付きキーボード

※ 2020年2月3日時点のGearBestページでは、1TBのストレージは選択できなくなっています。

 

本製品の最大の特徴となるメモリ 16GBとWindows 10 Pro以外では、CPUのCeleron 3867Uがポイント。私は同CPUを搭載する製品としては、以下のXIDU Tour Proを所有していますが、ベンチマークはGemini Lake N4100とApollo Lake N3450の中間程度、体感レスポンスはN4100と同水準。Webサイト閲覧やオフィスソフトでは遅さを感じずに操作できます。

XIDU Tour Pro、実機のシステム情報とベンチマーク。Celeron 3867Uのスコア・体感レスポンスはApollo Lake N3450以上に
2.5K 解像度のシャープ製タッチパネルを搭載するXIDU Tour Pro。前回の外観レビューに続き、システム情報とベンチマークスコアを記載します。CPUは第7世代 Kaby Lake Celeron 3867U、メモリ 8GB、...

 

本製品のように、エントリークラスのPCでメモリ 16GBとWindows 10 Proが必要かとの想いはあるものの、128GB SSD版のGearBest価格 329.00ドルをみると、それほど価格に反映しているようにも思えないため、このように一部のスペックを強化しての販売もありでしょう。

外観と機能性

本製品に限らずですが、個人的に気になるのがキーボードの印字の視認性。以下で掲載のJumper EZBook X4 / X4 Proも同様にシルバーのキーと同系色の印字であり視認性がよくないために懸念。

Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い質感に
いよいよ出荷開始となったJumper EZBook X4 IPSパネル版。TNパネル版が先行販売されていましたが、IPSパネル版の販売を待っていた方も多いのではないでしょうか。 このJumper EZBook X4 IPSパネ...
Jumper EZBook X4 Pro レビュー、外観編。狭額ベゼルでスタイリッシュな仕上がりに
14インチのディスプレイに、Core i3 5005U、メモリ8GB、SSD 256GBを搭載する「Jumpper EZBook X4 Pro」。CPUにApollo Lake J3455を搭載するEZBook X4のProバージョ...

 

▲▼上の画像はTNパネル、下はIPSパネルとあります。混乱を招くのですが、イメージ画像に堂々と記載しているTNパネルが正解でしょう。ただし、後段の実機動画では意外に視野角が広いようにも感じ、気にする必要がないかも。

 

▼ポート類は、USB 3.0 x 2にMini HDMI。サイドの造り込みや、2018年以降の他製品の傾向からはAll Metalとしつつもキーボード面はプラスチック製かと思います。ただし、最近の製品はプラスチック製か金属製が区別がつかない製品も多く、個人的にはこだわるところではありません。

 

▼こちらの画像は15.6インチ Core i3-5005Uの製品ですが、A9も同様にWebカメラはヒンジ部分に備わっています。

 

▲こちらはGearBestの販促動画ですが、動画を見ての気づきなどは以下。

  • 90%とする画面占有率のとおり、ディスプレイ左右と上のベゼル幅はかなり狭くスタイリッシュ。
  • キーボードのベゼルもかなり狭い。
  • TNパネルとしながらも、左右の視野角はそれほど狭くはない。ただし、上からの映像ではやや白さが目立つ。
  • 天板のロゴは、BMAXと比較すると控えめで好印象。
  • やはり、キーボードの印字の視認性はよくないかも。

まとめ

最近の傾向を踏まえた、ディスプレイとキーボードのベゼル幅が狭く、スタイリッシュに仕上がっている14.1インチのLHMZNIY A9。メモリ 16GBとWindows 10 Proを搭載することが大きな特徴ですが、私の気がかりな点は、やはりTNパネルとキーの印字の視認性。動画を見る限りでは、TNパネルにしては視野角広めに見えますが、キーボードについては、動画をしっかり確認する必要がありそうです。

 

▼2020年2月3日時点のGearBestでの価格は329.99ドル。Gemini Lake N4100相当のCeleron 3867U、メモリ 16GB、Windows 10 Pro搭載機としては、価格は抑えられいます。

LHMZNIY A9

 

▼こちらはAmazonでも販売開始となった 15.6インチのPro版ですが、やや割高に感じます。

 

▲▼A9 ProのAmazonと同仕様のGearBestの価格は414.99ドル、3/8時点の日本円換算は46,479 円

LHMZNIY A9 Pro

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました