LetsView、iPhone / iPadへのPCのミラーリングがサクサク動作のフリーソフト。PC・スマホ間のミラーリングも簡単に可能

上の画像はWindows 10のデスクトップに、iPhoneとAndroid スマホの双方をミラーリングしたものです。これはフリーソフトの「LetsView」を利用していますが、スマホ・タブレット(iPhone / iPad、Android)、Windows 10、Macが同一のWiFi環境下にある場合、スマホからPCへ、PCからスマホへ、PCからPCへのミラーリングができる優れもの。

同一カテゴリーのソフトとしては、以前「ApowerMirror」を紹介しましたが、「LetsView」「ApowerMirror」ともに、Apowersoftによるソフト。今回は「LetsView」でミラーリングした内容の一部を記載しますが、「ApowerMirror」よりも多機能であり広告もなく、感覚的には「LetsView」がより軽快。さらには、PC画面をスマホにミラーリングした場合、スマホにマウスのポインターが表示され、スマホでPCを操作することができます

関連記事

ApowerMirror、PC・スマホ間で軽快なミラーリング可能な無料アプリ。PCからAndroidスマホ操作も可能な優れもの

スポンサーリンク

LetsViewで可能なこと

上の画像は、Windows 10 PCの画面を iPhone XS Maxにミラーリングしたものですが、このような設定も簡単にできます。冒頭に記載のとおり、スマホ・タブレット(iPhone / iPad、Android)、Windows 10、Macが同一のWiFi環境下にある場合、以下のミラーリングが可能です。ただし、私が試したところでは、私のMacが非力なためか(MacBook Air 11 Mid 2011)、Macの画面のミラーリングは「接続中」の表示のまま、ミラーリングできず。

  1. スマホ・タブレット(iPhone / iPad、Android)画面のPCへのミラーリング
  2. PC画面のスマホへのミラーリング。スマホでPCの操作も可能です。
  3. PCからPCへのミラーリング。
  4. スマホからスマホへのミラーリング。

LetsView 公式サイト(日本語)をじっくりと読み込んでいないのですが、ミラーリングに関することなら何でも可能なように見受けられます。「PC画面のスマホへのミラーリング」においては、以下の記事で紹介の「Spacedesk」よりもミラーリング操作は簡単です。

Android,iPhoneをWin 10 PCのサブディスプレイ化できる「spacedesk」を試してみた。課題はあるも楽しさ満載の無料アプリ
Androd端末やiOS機器を簡単にWindows 10のサブディスプレイ化できるアプリ「spacedesk」。Windows 10にサーバー用、Android/iOSにクライアント用アプリをインストールしワイヤレス接続するしくみですが、導入は簡単。試してみたところ、お楽しみ要素としては十分。

 

なお、LetsViewにはSDK版(マルチプラットフォームで使える画面ミラーリング用の専門開発キット)もあり、フリーソフトの利用者層をSDK版の販促に繋げる展開のように思います。確かに、昨今のテレワーク・在宅勤務の状況ではSDK版も需要も大きく、フリーソフトで機能制限もなく提供しているのでしょう。

LetsView 使用の前提、インストール

LetsViewの使用の前提として、スマホ・パソコンなどが同じWiFiの環境下にあること以外に、パソコンには無料のLetsViewをインストールする必要があります

スマホの場合には、Androidでは内蔵のキャスト機能、iPhoneでは AirPlayによりミラーリング機能も使用できますが、共通した操作による利便性では、ミラーリングする全ての機材にLetsViewをインストールするとより簡単です。

 

▼パソコンにインストールするには以下の公式サイト経由にて。スマホの場合には、Google Play、AppStoreで検索しインストールできます。

LetsView 公式サイト(日本語)

 

▼スマホのインストールはこちら

ミラーリング・画面共有 – LetsView

ミラーリング・画面共有 – LetsView
開発元:Wangxu Technology Co., Ltd
無料
posted withアプリーチ

 

▼パソコンへのインストールで留意事項としては、Windows 10の場合には、以下の2番目の画面にて「アクセスを許可する」を押下すること。

ミラーリングの操作方法

パソコン・スマホでのミラーリングの操作方法について記載します。前述のとおり、Androidでは内蔵のキャスト機能、iPhoneでは AirPlayによりミラーリング機能も使用できますが、共通した操作による利便性では、ミラーリングする全ての機材にLetsViewをインストールするとより簡単です。

パソコンでの操作

Macでも試していますが、画面構成はほぼ同じであるため、ここではWindows 10でのミラーリングについて記載します。

 

▼以下がホーム画面となりますが、ポイントになるのは、①のスマホとPCのミラーリングの切替、②のミラーリングコード。②のコードは端末固有の番号となります。

▲▼上の画面の一部を拡大したものがこちら。①は文字通りに、スマホをミラーリングしたい場合には「スマホ画面ミラーリング」を押下、他のPCをミラーリングしたい場合には「PC画面ミラーリング」を押下します。

 

▼PCからPCへのミラーリングでは、他のPCに表示されたミラーリングコードを赤枠に入力し、「接続開始」を押下。すると、右下にミラーリング開始の通知画面が表示されますので、これを押下しミラーリング完了です。

 

▼PCにスマホ画面をミラーリングする場合には、中央上の「スマホ画面ミラーリング」を選択し、右下の「?」を押下すると、以下のガイドが表示されますので、これを参照するとよいでしょう。

 

▼例えばiPhoneの場合には、コントロールパネルの「画面ミラーリング」より「LetsView xxx」を選択するとミラーリング完了です。なお、xxxはご自身のPCの表示名です。

スマホでの操作

スマホ、あるいはタブレットでのミラーリングとなると、AndroidでiPhoneのミラーリングよりも、PCの画面をスマホに表示の需要が多いと思いますので、そちらについて記載します。前提として、PC、スマホともにLetsViewを起動する必要があります。

 

▼以下は iPhoneでの画面ですが、Androidも同様です。

左の画面中ほどの「LetsView」を押下すると右の画面となりますので、下の「PC画面ミラーリング」を押下します。

 

▼PCの画面右下に以下の子画面が表示されますので、「許可」を押下しミラーリング完了です。

ミラーリングの使用感

実際にミラーリングを何パターンか試してみましたので、その使用感などを記載します。他のソフトでのミラーリングと同様に、全般的には遅延が生じますが、想像以上に快適なのが、パソコン画面のiPhoneへのミラーリング。Androidではカクツキを感じますが、私が使用した iPhone XS Maxでは、ポインターの動きも思いのほかスムーズです。

スマホ画面のPCへのミラーリング

こちらはPCのスペックに依存するかもしれませんが、私が使用したのは以下のPC。CPUにはモバイル向けのCore i7-8565Uを搭載し、ノートパソコンの範疇ではハイエンドの製品です。

実機レビュー、Core i7-8565U搭載のミニPCベアボーン「NVISEN (EGLOBAL) Y-MU01」。PCIe SSD取付によりさらに快速に
Whiskey Lake Core i7-8565Uを搭載するミニPC ベアボーン「NVISEN Y-MU01 (EGLOBAL MU01)」。第8世代の最新CPUを搭載し、PCIe / SATA 双方のSSDに対応する製品です。中...

 

▲左はiPhone XS Max、右はAndroid スマホ(Xiaomi Redmi Note 8 Pro)のミラーリングですが、Fire TV Stickでのミラーリングと比較すると、画面遷移などはかなりスムーズです。今回は試していませんが、以下の記事と同様に、Androidスマホにマウスを接続すると、スマホをPC画面で操作しているように見えるかと思います。

フルAndroidのスマートウォッチの設定をPC画面で行う方法。文字入力やアプリ導入が各段に効率的に
先日、スマホの画面をPCにミラーリング可能な無料アプリの「ApowerMirror」を紹介しましたが、このアプリで本領を発揮するのが、Android WatchのPCへのミラーリング。KOSPET PrimeなどのフルAndroid...

PCからPCへのミラーリング

2台のWindows 10 PCにて、上の画像のように、Windows 10にWindows 10をミラーリングし遊んでみました。需要はないかと思いますが、レスポンスは上々とは言えないものの、しっかりと動作します。

なお、MacでのWindows 10のミラーリングですが、私の使用するMac (MacBook Air 11 Mid 2011)が非力なことによるものか、「接続中」の表示のままミラーリングできませんでした。

PC画面のスマホへのミラーリング

スマホの小さな画面にWindows 10を表示することが実用的か否かはさておき、最も遊べそうなのが PC画面のスマホへのミラーリング。上の画像は、iPhone XS Maxでのミラーリング、下の画像はAndorid スマホ(Xiaomi Redmi Note 8 Pro)でのミラーリングです。

 

こちらはiPhoneに表示された操作のヘルプ画面ですが、タップ機能により スマホ画面でWindowsを操作することもできます

 

使用感としては、iPhoneの場合には画面サイズが小さいことを除けば、十分に実用的。12.9インチのiPad Proで試してみたくなります(未所有です)。

一方の以下のAndroid スマホのXiaomi Redmi Note 8 Proの場合、単体のレスポンスとしては、iPhone XS Maxより優位なのですが、Windowsのミラーリングでは遅延が激しく実用的ではありません。

Xiaomi Redmi Note 8 Pro、実機ベンチマークと体感レスポンス。アプリ起動は iPhone XS Maxより速く快適に動作
Xiaomi Redmi Note 8 Proの実機レビュー、ベンチマークスコアと体感レスポンス編。動作は像以上に快適で、簡易的に10種類のアプリの起動をiPhone XS Maxと比較したところ、概ね Note 8 Proが速い結果に

 

▼こちらは iPad mini 3でミラーリングした様子。上の部分に黒い帯があり画面が一回り小さくなっています。8インチのサイズでもポインターを操作しにくいのですが、非力なiPad mini 3でも動作は意外とサクサクと動作し、タイピング時の遅延もありません。

なお、iPadに接続したBluetoothキーボードでは入力できませんでしたが、以下のスタイルで iPad用のキーボードをWindowsに接続すると、当然ながらもタイピングでき、あたかもiPad miniでタイピングしているかのように見えます。

まとめ

これまで複数のミラーリングソフトを操作してきましたが、多くの機器を同一手法でミラーリングできる「LetsView」。直観的に操作でき、ミラーリングの遅延も少ないように感じます。特に、PC画面のiPhone / iPadへのミラーリングは、ミラーリンク先のiPhone / iPadで遅延なく表示できるうえに、画面でマウス操作やタップもできるため、かなり遊べそうです。フリーソフトであり、広告も表示されないため、興味がある方はお試しください。なお、本文中に記載していませんが、ごく稀にフリーズする現象もありますが、これもご愛敬程度のものです。

 

LetsView 公式サイト(日本語)

コメント

Banggood、6月特売セール

Banggoodでは、6/10まで特売セール、6/1までスマホなどのセールを開催中。以下の記事のクーポン価格がより安いケースもあり、あわせて参照ください。
Ryzen 5 2500U搭載のT-Bao MN25、Core i7 8750HのS200など、Banggoodの最新クーポン情報(5/25更新)


▲▼セール会場はこちら
6月特売総合会場
スマホ、デジギア会場
タイトルとURLをコピーしました