Let’s note CF-SZ5とCF-RZ5、PDトリガーケーブル経由でUSB Type-C PDアダプターから充電してみた

一般的な充電・給電方法ではないため「取扱注意・自己責任」となりますが、USB PDに未対応のLet’s note「CF-SZ5」と「CF-RZ5」に、USB PD対応のACアダプターから PD トリガーケーブル経由よる、USB Type-Cでの充電・給電を確認しましたのでレポートします。

関連記事

USB PDに非対応のLIFEBOOKを PDトリガーケーブル経由で充電してみた。一般的には取扱注意

スポンサーリンク

使用したAC アダプター、PD トリガーケーブルの組み合わせ

USB Type-CのAC アダプターがPDに対応している場合(65Wなどの出力数も重要)、ACアダプターに接続のUSB Type-CをLet’s noteの電源端子に変換して充電・給電が可能です。組み合わせるアダプター・ケーブルを誤った場合、不具合にも繋がる可能性があるため、取扱注意・自己責任での対応となります。

 

UGREEN GaN PD 充電器 実機レビュー、コンパクト・130gの軽量ながらも65W出力、M1 MacBook Air 他の高出力PCでの充電を確認済
今回レビューするのは UGREENが販売するコンパクトなPD 充電器。USB Type-C ポートを2つとUSB-A ポートを装備し、合計65Wの出力が可能、窒化ガリウム(GaN)を採用することによりコンパクト、130gと軽量なこと...
USB PDに非対応のLIFEBOOKを PDトリガーケーブル経由で充電してみた。一般的には取扱注意
先日、中古で購入の「富士通 LIFEBOOK U937/R」ですが、法人用はUSB Type-C ポートがなく、充電は専用端子となります。ACアダプターは他の製品のものを流用していますが、USB Type-Cから充電できないとなると...

▲組み合わせた製品は、上の記事で紹介・富士通 LIFEBOOK U937/Rで使用の65W対応のPD対応 ACアダプターと、PD トリガーケーブル(変換アダプター)。ただし、富士通の電源は19V、Let’s note  「CF-SZ5」「CF-RZ5」は16Vと異なり、PD トリガーケーブルは19Vと合わないのですが(本来は使用すべきではない)、数日間。一日の使用 連続数時間でも普通に動作しています。

また、ACアダプターは他の高出力のアダプター、モニターに付属のPD 対応 USB Type-C ポートにおいても動作しています。

 

▼一つめのUGREENのACアダプターは実際に使用しているものですが、2つめのPD トリガーケーブルは、私が利用の19Vの製品ではなく、Let’s noteでの使用事例の多い 15Vの製品。Let’s noteでの製品選択のポイントは「外径5.5mm / 内径2.1mm(2.5mm)、16V」です。

CF-SZ5、CF-RZ5での使用感

上の写真は「CF-RZ5」、その他の写真は「CF-SZ5」で使用しているものですが、19VのPD トリガーアダプターであり、Let’s noteの16Vとマッチしないものの、特に課題もなく使用できています。なお、繰り返しとなりますが、自己責任で試す場合、Let’s noteでは上記の15Vのケーブルの使用事例が多いです(私はたまたま 富士通のLIFEBOOK U937/Rで使用の、19Vのアダプターを流用。本来は使用しないほうがよい)。

  • かれこれ、1週間ほど使用していますが、アダプターや本体が通常以上の熱を帯びることもなく、普通に動作しています。
  • 複数のPD対応アダプターを利用しても通常どおり動作。
  • PCで作業時の充電速度は通常よりも遅く、極端に言えば バッテリーの残量が減らない程度に踏ん張っているイメージ。
  • 私が使用のPD トリガーアダプターは L字型で回転するため、ケーブルの取り回しなどが便利です。

 

▼もちろん、指定以外のACアダプターを使用しているため、起動時などは以下のメッセージが表示されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました