Let’s note CF-LX3,LX4,LX5、液晶やメモリなど、中古購入の悩みどころ

中古のLet’s noteを12インチのCF-SZ5、10インチのCF-RZ5と続けて購入した私ですが、先日まで購入を検討していたのが 14インチのCF-LX。LX3 / LX4 / LX5のどの製品がベストか、悩ましい選択となり、結果的には購入を見送りです。今回は、中古のCF-LX 購入において、悩ましい事項について記載します。

スポンサーリンク

中古のCF-LX 購入において、悩ましい事項

2022年6月現在、1万円前後から2万円で購入できるCF-LXは、LX3、LX4、LX5となりますが、いづれも、14インチ アスペクト比 16 : 9の通常のワイドモニターとなります。CF-SZ / RXの縦長画面の情報量の多さからすると物足りないのですが、この世代の14インチでは 16 : 9が主流であるために止むを得ず。

なお、CF-LX3のCPUは インテル 第4世代、LX4は第4世代、LX5は第5世代のCore iとなりますが、当記事においてはCPUを考慮していません。

CF-LX3 / 4はTNパネルのHD画質

CF-LX3とLX4が解像度 1600 x 900のHD画質であることはともかく(できれば FHDがよいですが)、視野角の狭いTNパネルであることは厳しい。TNパネルの場合、一般的は正面の特定の角度から見た場合にはよいのですが、角度がずれると色合いや鮮やかさが残念なことになります。

これまで、Lenovo ThinkPadのTNパネルの中古を5台購入しましたが、あまりにも視野角が狭く 鮮やかさに欠けるため、うち 2台はIPSパネルに交換しています。

ワールドワイドで販売のThinkPadの場合には、海外通販のAliExpressや国内のAmazonで互換品の液晶が販売されていますが、let’s noteの場合にはそれもなく、DIYでの交換に難ありです。

 

▼ThinkPadのTNパネルをIPSパネルの交換した事例。IPSに変更したのみで、PC自体がワンランクアップしたように感じます。

ThinkPad X280の液晶をFHD・IPSパネルに交換。明るさ・発色・視野角ともに効果は期待以上
中古のThinkPad X280を購入したのですが、価格面から Core i3-8130U / メモリ 4GBで妥協。ディスプレイは解像度1366 x 768のTNパネルですが、やはりテキストなどのギザギザ感と視野角の狭さ、寒色系(...
ThinkPad T550の15.6インチ TNパネルをIPS・3Kパネル化。目の疲れも大きく軽減
2020年9月に1万円ほどでヤフオクにて落札した、15.6インチのThinkPad T550。Core i5-5300Uを搭載していますが、購入直後にメモリを4GBから8GBに増設、HDDをSSDに換装、M.2 SSDを増設したもの...

CF-LX5はメモリを増設できない

CF-LX3とLX4はメモリスロットを備えており、メモリを増設できるのに対して、CF-LX5はメモリがオンボードとなり、増設できないことが大きなデメリット。中古で流通しているLX5の多くはメモリ 4GBとなり、メモリ 8GB版は少なく価格も高くなります。

Web サイトのブラウジングや記事の編集程度なら、メモリ 4GBでも何とかなりますが、安心材料としてもメモリ 8GBは欲しいところ。

まとめ

中古で購入した Let’s note 12インチのCF-SZ5、10インチのCF-RZ5の使い勝手がよいために、14インチのCF-LXを物色していましたが、視野角の狭い TNパネルのLX3 / LX4、メモリの増設できない LX5(中古で流通しているのは4GBがメイン)と、マイナスポイントにより決め手がなく、購入見送りです。あえて どちらかを選ぶとすると、メモリ 4GBでも FHDでIPSパネルのLX5となります。

 

▼私が購入する場合には ストレージなしの安価な中古ですが、ストレージ・OSセットのLX5の販売事例です。

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました