Lenovo Z6 Pro、スナドラ855・リア 4カメラのハイエンド機のスペック、Google Play対応 Global Rom版が400ドル半ばの価格情報

LenovoよりリリースされたZ6 Pro。Snapdragon 855に48百万画素をメインとした4つのレンズを搭載するハイエンド機ですが、AliExpressでは大々的にキャンペーンを行っており、同じくSnapdragon 855を搭載のXiaomi Mi 9に劣らないコスパの高さとなっています。今回はこのLenovo Z6 Pro(国内未発売)のスペックについて記載します。

スポンサーリンク

Lenovo Z6 Proのスペック

 

  • CPU : Snapdragon 855
  • メモリ : 6GB / 8GB
  • ストレージ : 128GB
  • ディスプレイ : 6.39インチ、AMOLED、解像度 2340 x 1080、しずく型ノッチ
  • リアカメラ : 48百万画素+16百万画素+8百万画素+2百万画素
  • フロントカメラ : 32百万画素
  • WiFi : 11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth : 5.0
  • 4G LTE : B1/B3/B5/B7/B8/B20/B34/B38/B39/B40/B41
  • バッテリー : 4000mAh、USB Type-C
  • OS : Android 9.0
  • サイズ :  157.5 x 74.6 x 8.7mm、185g

 

Lenovo Z6 Proのスペックの大きな特徴は、Snapdragon 855にメモリ 6GB もしくは8GB、ストレージ 128GBの基本スペックの高さはもちろんのこと、リアに4つのレンズを搭載することにあります。また、フロントカメラも32百万画素と高くなっています。

 

▲リアに搭載される4つのレンズについて、上記の英文より確認できることは以下。

  • メインは48百万画素。センサーの記載はありませんが、おそらくは Xiaomi Mi 9と同様にSONY IMX 586だと思われます。
  • 16百万画素は125°の広角。
  • 8百万画素はマクロ撮影向け。
  • 2百万画素は夜間撮影向け。

 

スマホも含めたカメラの評価機関である「DxzOMark」には、2019年6月8日時点ではLenovo Z6 Proは登場していませんが、同機関のレビュー・ランキングが楽しみです。

 

▼リアカメラの実機写真。

 

▼Google Playへの対応状況は、AliExpressの特定の販売店ではGlobal Romを導入し、Google Playに対応しています(2枚目、3枚目の画像と文末のリンク先を参照)

Lenovo Z6 Proの機能

Lenovoのフラッグシップ機らしく、スペックには表れない機能も充実しています。

 

▼詳しい仕様は不明ですが、高負荷時のSnapdragon 855の発熱に備え、PCレベルの空冷システムを備えています。

 

▼ HDR10とDOLBY ATMOSに対応。

HDR10の詳細については、以下のケータイ Watchの記事がわかりやすいのですが、「屋外などの明るい環境でも観やすい、目に優しいというメリット」があります。

HDR10 とは (ケータイ Watch)

 

▼バッテリー容量は4000mAhと特に大容量ではないものの、27Wの急速充電に対応しています。

 

▼ディスプレイ内に組み込まれた指紋認証は、指の湿気にかかわらず 0.13秒と認識とあります。

価格情報

AliExpressでは多くの販売店からLenovo Z6 Proが販売されていますが、Google Playに対応するGlobal Romがインストールされていることを明記しているのは以下の製品。2019年6月8日時点では、「The Original」との記載があり、メモリ 6GB版は439.49ドルで販売されています。なお、389.99ドルでも販売されていますが、こちらはGoogle Play対応との明記がありません。

 

Lenovo Z6 Pro

 

▲▼中国メーカー製スマホのサブ運用には Y!mobileのSIMがおすすめ。私は1年間 Xiaomiのスマホでメイン利用していましたが(現在はソフトバンクのiPhone XS Max)、回線速度と安定性はソフトバンクと同様で、都内の平日昼休みやラッシュ時にも快適です。

Y!mobile

 

コメント