Lenovo Yoga Tab 13、スナドラ870搭載で13型、モバイルモニターとしても使用可能な Android タブレット、壁掛け対応も特徴

LenovoからリリースのAndroid タブレット「Yoga Tab 13」。Snapdragon 870を搭載する 13インチのAndroid タブレットというこでも驚きですが、なんと壁掛けもできるうえに、Micro HDMI 入力ポートを備え、ノートパソコンなどのモバイルモニターとしての使用できる優れもの。8月22日時点のLenovo 公式サイトでは価格表示はありませんが、物欲を掻き立てる製品です。

引用元

Lenovo 公式サイト、Yoga Tab 13

 

8月24日追記。情報を見落としていましたが、海外では「Lenovo Yoga Pad Pro」として先行販売されていました。AliExpressの販売価格は 669.80ドルと私の想像よりも低価格です。
スポンサーリンク

Lenovo Yoga Tab 13のスペック

2014年から2015年あたりでしょうか、壁掛けもできる Windows 10 タブレットが「YOGA Tablet 2-10 with Windows」として販売されていましたが(参考までの公式サイトはこちら)、似たコンセプトの製品です。ただし、Yoga Tab 13はノートパソコンやFire TV Stickなどを接続し、モバイルモニターとしての使用できることが新鮮です。願わくは、Micro HDMIではなく、せめて Mini HDMIだとよかったのですが(Micro HDMIでは端子が折れやすいため)。

 

▼スペックはこちら

CPUSnapdragon 870、8コア
GPUAdreno 650
メモリ8GB LPDDR5
ストレージ128GB
ディスプレイ13インチ、解像度 2160 x1350、ドルビー・ビジョン対応、10点 マルチタッチ
WiFi、Bluetooth11a/b/c/g/n/ac、Bluetooth 5.2
LTE未対応
カメラフロント 8百万画素、リア なし
バッテリー容量10000mAh、USB Type-Cポート(OTG機能、DisplayPort1.4出力対応
サイズ(本体)約 293.4 x 204.0 x 6.2 – 24.9 mm
OSAndroid 11
その他JBL 4スピーカー、Micro HDMI to HDMI変換ケーブル付属、GPSは未搭載

 

スペックについてのコメントは以下です。

  • 13インチのAndroid タブレットにして、バッテリー容量は10000mAh。ノートパソコン並みのバッテリー容量です。
  • CPUは、Android タブレットとしてはハイエンド(搭載事例の多くない)のSnapdragon 870を搭載しパワフル。
  • ストレージは通常のeMMCか、あるいは高速なUFSかの記載はありません。全体のバランスから、後者だとよいのですが。
  • 充電のUSB Type-Cは、OTGのフル機能。外部出力機能もあるため、より大きなディスプレイに映して楽しむこともできます。
  • スピーカーは、ドルビーアトモスに対応する JBLの4スピーカー。以下の記事に記載の「Mi Pad 5 Pro」の8スピーカーには敵いませんが(音質は比較していません)、JBLスピーカーに期待。
  • 解像度は2Kですが、13インチクラスとなると 2.5Kあたりが妥当のようにも思います(テキストのジャギーさが目立つほどではありません)。

 

▼こちらは 11インチのAndroid タブレット「Xiaomi Mi Pad 5 Pro」。ディスプレイサイズ・コンセプトは異なりますが、Yoga Tab 13と同じく Snapdragon 870を搭載し、8スピーカーを装備しています。また、専用の別売りキーボードも用意されています。

Snapdragon 870搭載の11型タブレット「Xiaomi Mi Pad 5 Pro」がリリース、専用キーボードも用意
Xiaomiから Snapdragon 870を搭載する 11インチ 2.5K 解像度のAndroid タブレット「Mi Pad 5 Pro」がリリースされました。RAM 6GB / ROM 128GB、RAM 8GB / ROM ...

Lenovo Yoga Tab 13の特徴

13インチ、Snapdragon 870、4スピーカーの基本スペックも充実の「Yoga Tab 13」ですが、それ以上の魅力が壁掛け対応と外部機器を接続し モバイルモニターとしても使用できること。特に後者は新鮮で、Yoga Tab 13とミニPC あるいはStick PC、さらにはFire TV Stickなどの映像端末により、立派な出張パック・帰省時などのモバイルパックの出来上がりです。

 

▼スタンド部分を利用して壁掛けにも対応。

 

▼スタンド部分を下にした場合、ディスプレイは45°から75°の範囲で調整可能。

 

▼スタンドの反対側を接点とした場合、5°から22°の範囲で角度を調整することもできます。この角度でソフトキーボードの使用もありですね。

 

▼①は電源とOTG兼用のUSB Type-C、②は電源ボタン、③は音量調整ボタン、④はモバイルモニターとして使用のMicro HDMI。Micro HDMI to HDMI アダプターも付属しています。

まとめ

13インチ、Snapdragon 870、Android 11と、通常のAndroid タブレットとしても魅力な「Lenovo Yoga Tab 13」ですが、基本スペック以上に惹かれるのが、壁掛け対応とモバイルモニターとしての使用もできること。特に、外部機器を接続しての利用は、大きな特徴。8月22日時点では公式サイトでの価格表示がありませんが、価格しだいではヒット商品になる予感です。

 

▼さらに詳細な情報は、公式サイトを参照ください。

Lenovo 公式サイト、Yoga Tab 13

 

▼海外では「Yoga Pad Pro」として販売されています。日本時間の8月28日午後3時59分までとなりますが、669.80ドルで販売中。

Lenovo Yoga Pad Pro、AliExpress Lenovo オンラインストア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました