Gemini Lake ノート、Chuwi LapBook SE vs Jumper EZBook X4 IPSパネル版。スペック・外観比較

13~14インチクラスの中国メーカーのGemini Lake ノートにおいて、比較検討することが多くなると思われるのが「Chuwi LapBook SE」と「Jumper EZBook X4」。2017年度のApollo Lake ノートでは、ChuwiよりもJumperの製品群が勢いがあったように思いますが、Gemini Lake機ではいかがなものか。今回はこの2機種を比較検討してみました。

 

関連記事

Chuwi LapBook SE、Gemini Lakeノートの本命がついにリリース。クーポン適用で期間・個数限定 279.99ドル

ついにきた、Jumper EZBook X4のIPSパネル版が販売予定

スポンサーリンク

スペック比較

※ バッテリー容量については、サイトにより記載が異なっていたため未掲載です。

※ Jumper EZBook X4は既に出荷が始まっているTNパネル版ではなく、2018年8月4日時点では出荷待ちのIPSパネル版の情報です。

 

さて、ここではChuwi LapBook SEとJumper EZBook X4 IPSパネル版の、ディスプレイサイズ以外の大きな相違事項についてみていきます。なお、2018年8月4日時点では双方とも出荷前であり、通販サイトあるいは海外一般サイトにて読み取れる内容に基づいています。

 

  • LapBook SEはメモリ 4GB固定なのに対し、EZBook X4 IPSパネル版は8GBに増設可能(TNパネル版は4GB固定)。
  • LapBook SEのストレージは、32GB eMMCと128GB SSDのデュアル構成。eMMCがWindowsの起動ディスクだと思われますが、少しでも速くということであればSSDを起動ディスク化したほうがよいでしょう。
  • EZBook X4は背面からM.2 SSDスロットに簡単にアクセスできますが(LapBook SEは未確認)、2242サイズのSSDのみならず、2260サイズ・2280サイズのSSDも増設できます。ただし、これはTNパネル版と同じ構成であるとの前提です(同じ構成だと思いますが、IPSパネル版は異なる可能性もあります)。
  • これまでの両社のパターン・イメージ画像から類推すると、LapBook SEはグレアパネル、EZBook X4 IPSパネル版はノングレアパネル。

 

スペックのみをみた場合、拡張目的であればJumper EZBook X4 IPSパネル版が優位となるでしょう。Chuwi LapBook SEも大容量のSSDに換装可能と思われますが、Jumper EZBook X4 IPSパネル版はメモリを増設できることが大きなメリット。

 

▼Jumper EZBook X4のTNパネル版のレビュー動画ですが、5分37秒あたりで2280サイズのM.2 SSDの増設ができることを確認できます。

デザインの比較

Chuwi LapBook SEの実機写真を見ていないために説得力に欠けるのですが(Jumper EZBook X4はTNパネル版から判断)、2017年度の主力機種であるChuwi Laptop Air、Jumper EZBook 3 Proのデザインが概ね踏襲されているような感覚です。

 

▼シックな外観でキーボード・タッチパッドともに造りのよいChuwi Laptop Air

質感はMac超え? Chuwi Lapbook Air 実機の外観レビュー
高品質でコスパの高い中国製のノートPCとして、発売前から注目していたChuwi Lapbook Air。私が頻繁に参照している、中国製のPCなどをメインとする海外レビューサイト「TechTablets」では、 「2017年に販売され...

 

▼キーボード・タッチパネルでやや質感を落としているものの、MacBook Airと比較しても遜色ない質感のJumper EZBook 3 Pro。

Jumper EZBook 3 Pro 外観レビュー、アルミ製ボディで家族も唖然、評判どおりの質感の高さ
Jumper EZBook 3 Proの注文から8日後に、ようやく我が家にやってきました。現在は諸設定がほぼ完了し、レスポンス等の確認をしている状況ですが、取り急ぎ、今回はその外観レビューです。普段は、パソコンに興味もない家族も、こ...

 

▲▼Chuwi LapBook SE (上)とJumper EZBook X4 (下)。

双方ともにアルミ製のボディながらも(注)、黒のベゼルにシックな色調のChuwi LapBook SEに対して、明るめのシルバーのJumper EZBook X4と、雰囲気は大きく異なります。

(注)Jumper EZBook X4 TNパネル版の天板はプラスチック製(上の動画リンクで確認できます)。IPSパネル版も天板はプラスチック製である可能性が高いと思われます。

外観・デザインの好みは人それぞれですが、私的にはChuwi LapBook SEのシックな色調が好み。Jumper EZBook X4 IPSパネル版がTNパネル版を踏襲している場合には、天板がプラスチック製であることが、EZBook X4のマイナスポイントか。

まとめ

中国メーカーのGemini Lake ノートの購入を検討する場合、比較することが多いであろう Chuwi LapBook SEとJumper EZBook X4 IPSパネル版。

2018年8月4日時点では双方とも出荷前であるため明確に判断できないのですが、SSD・メモリの拡張を求めるならJumper EZBook X4 IPSパネル版、デザイン・スペックを総合的にみた場合にはChuwi LapBook SEとの認識であり、私が今購入する場合にはChuwi LapBook SE。Laptop Airの造り込みを踏襲している場合には、その質感のよさは捨てがたいものがあります。

 

▼Chuwi LapBook SE、GearBestの販売情報。8月6日までの100個限定となりますが、売れ行き好調なため、8月31日まで200個限定の期間延長となりましたが、クーポンコード「GB&TACWlapbookse」の適用で279.99ドル(31,673 円)となります。なお、出荷は9月17日以降となります。

Gearbest Chuwi Lapbook SE
Chuwi Lapbook SE

 

▼Jumper EZBook X4 IPSパネル版の価格情報。9月3日以降の出荷となります。
Gearbest Jumper EZbook X4 IPS Screen
Jumper EZbook X4 IPS Screen

 

Gearbest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

GearBest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・9月半ばの出荷待ちですが、クーポン適用で279.99ドルで販売中(8/7日現在)
・全面アルミ製ボディにシックな色調で質感高い
・Gemini Lake ノートの定番となりそうな予感

Jumper EZBook X4

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・価格は300ドル前後。セール時には280ドルほどになることも
・リンク先はTNパネル版ですが、IPSパネル版も販売中(8月末に出荷)

Win And I net

コメント