KUU K2、タッチパッドとテンキーの切替などの付加機能を持つ 14型 Gemini Lake ノートのスペックと特徴

GearBestやAliExpressで展開されているKUUブランドのノートPC。KUUの多くの製品が他ブランドでも販売のものですが、今回紹介の14.1インチのK2は他ブランドでの展開もなく(探せず)、CPUにGemini Lake J4155、メモリ 8GB、SSD 256GBと基本スペックは標準的であるものの、ベゼルレスのキーボード他のデザインがよく、テンキー機能も装備したタッチパッドなど、プラスアルファの機能も盛り込まれています。

Gemini Lake N4100、あるいは同水準のCPUを搭載する13.3インチ~14インチクラスのPCは多数あり、新鮮味に欠けるなか、KUU K2は他のはない魅力を持った製品の一つです。

2020年7月2日追記。KUU K2を購入された方から、「キーボードは米国配列ではなく英国配列だった」「米国配列のキーボードは米国倉庫からの発送となるが、米国倉庫から日本への発送はできない」との情報をいただきました。
スポンサーリンク

KUU K2のスペック

KUU K2のスペックは以下となります。

CPUGemini Lake (Celeron) J4115、4コア4スレッド、最大 2.5GHz
GPUIntel HD Graphics 600
メモリ8GB DDR3
ストレージ256GB M.2 SSD (512GB版もあり)
ディスプレイ14.1インチ、IPS、解像度 1920 x 1080
WiFi Dual WiFi 2.4GHz/5.0GHz
Bluetooth装備
ポート類USB Type-C、USB 3.0、HDMI
バッテリー容量5000mAh
サイズ(本体)32 x 22 x 1.6cm、1.35kg
OSWindows 10
その他バックライト付きキーボード、指紋認証、タッチパッドのテンキー機能、金属製ボディ

 

エントリークラスの多くのPCに搭載されている Gemini Lake N4100よりも僅かに優位なJ4155を搭載していますが、メモリ 8GB、SSD 256GBと一般的なスペックです。

Gemini Lake N4100 / J4155クラスでは、ゲームやWindows 10の更新前後の高負荷のかかる時以外は、オフィスソフトなどのライトユースでは遅さを感じることなく動作します。同CPUの使用事例は以下の記事を参照ください。

BMAX B2 Plus 実機レビュー、Win 10 Pro、PCIe SSD対応、静音でスピーカー内蔵と意外性のあるミニPC。175.99ドルのクーポン情報も
BMAXより販売されているミニPC「B2 Plus」。Gemini Lake N4100相当のCeleron J4115、メモリ 8GBを搭載する製品ですが、このクラスの他のミニPCにない特徴として、PCIe (NVMe対応)のSS...

外観とプラスアルファの機能

基本スペックのみでは個別記事として取り上げることもなかった本製品ですが、デザイン性に優れ、プラスアルファの機能が盛り込まれています。

 

▼14.1インチで重さ 1.35kg、横幅 32cm、厚み 1.6cmと標準的なサイズ感ですが、キーボード面のサイドが丸みを帯びているため、より薄く見えます。

▲仕様には「All Metal」とありますが、他社製品の傾向としては、天板と底板はアルミ製でキーボード面はプラスチック製。本製品も同様かと思われます。

 

▼キーボードは横幅いっぱいに広がり、ほぼベゼルレス。ここまでベゼルが狭い製品も珍しい。ただし、バックライト付きのキーボードであるものの、また、実機を確認しないとわからないのですが、キーの印字の視認性がよくないように感じます。また、キーボードの右から2列目に、Print Screenなどがあり、このあたりも注意が必要です。

▲電源ボタンは指紋認証を兼ねています。私が使用している、以下のCHUWI MiniBookとXIDU Tour Proも同仕様ですが、一般的に指紋認証の精度が高いWindows PCであり、電源ボタンと兼ねていることにより、ログインのステップが少なくなるために便利な機能です。

CHUWI MiniBook 実機レビュー。サクサク動作のCore m3-8100Yに明るい液晶、タイピング感も想像以上。これで5万円台とは満足度高し
7インチのUMPCのキーボードがイマイチだったため、8インチのUMPCにも抵抗があったのですが、CHUWI MiniBookの実機はその懸念を吹き飛ばす出来栄えです。Core m3-8100Yのサクサク動作に明るい液晶、想像以上に快適なキーボード。これで5万円台とは恐るべしコスパ
実機レビュー、2.5K 12.5型 Win 10ノート XIDU Tour Pro 外観編。日本製、中国他ブランド以上の質感に圧倒。SSD 空きスロットも装備
2.5K 解像度のディスプレイを搭載し、質感高めのWindows 10 PCを複数販売する中国のXIDU社。主にアメリカとイギリスにて展開していますが、9月にリリースされた12.5インチのTour Proを、同社よりレビュー用にサン...

 

90万画素のフロントカメラはプライバシーを考慮し、スライドにより開閉できます。私はコロナ禍の影響により、在宅勤務にてSkypeでの会議が増えたのですが、フロントカメラは一切使用していないこともあり、また、まさかのためのプライバシーの確保のためにも、この機能は安心かも。

タッチパッドに薄っすらとテンキーがあるのがわかるでしょうか。左にスライドして通常のタッチパッド、右にスライドしてテンキーに切り替えることができます。上記で、右2列目のキー配置が特殊と記載しましたが、その右の配置も特殊です。まさかの、Page Up / Page Downキーでしょうか、しかも大きすぎます。

 

▼背面にはM.2 SSD スロットにアクセスする扉がなく、SSDを換装可能であるか否かは、製品仕様で確認できず。また、イメージ画像であるためかもしれないないものの、底板を固定するネジも見当たりません。

 

▼キーボード面のサイドは下に向かって丸を帯びているため、よりスリムに見えます。USBポートがギリギリ収まっているかに見えることからも、スリムに見えることをうかがい知れます。

▲「サイドにある複数の穴は何?」と思っていたところ、キーボードが横幅いっぱいに広がり、ほぼベゼルレスのキーボードのため、キー間の溝がそのまま見えているようです。

まとめ

Gemini Lake J4155、メモリ 8GB、ストレージ 256GBとスペックとしては標準的なKUU K2ですが、そのデザインと、テンキー機能付きのタッチパッド・フロントカメラのスライドなどのプラスアルファの機能は充実しています。ただし、キーボードの一部のキー配置が特殊なことに違和感を感じます。

GearBestの2020年6月16日時点の価格は339.99ドル(約37,600円)。同水準のPCとしては、例えばCHUWI LapBook Pro (Amazonサイトはこちら)がありますが、LapBook ProのAmazon 価格が同水準であることを考慮すると、このKUU K2もわるくはない選択肢。ただし、やはり、特殊なキー配置が気になります。

 

KUU K2, GearBest

 

コメント

  1. のん より:

    GearBestを見てみたのですが、キーボードは取替えできるのではないでしょうか。
    別の配列や日本語キーボードがあるのなら、より買いたくなるのですが。
    自作できるようなら面白いですね。

    • kenken より:

      いつの間にか、鮮明な写真が多数追加されていますね。確かに、別の配列のキーボードがあれば、さらに魅力が増しそうです。
      日本の代理店やバイヤーが日本語キーボードを要請し、大量発注するなら日本語キーボードの設定もあり得るかもしれません。
      私はJumperのPCのキーボード単体を購入したことがあるのですが、交換する場合にはパーツ全てを取り外す必要があり、諦めた経緯があります。

  2. 被害者 より:

    ギアベから買いました。

    キーボードが英国配列キーボードでした。
    ギアベ上の画像もほとんど英国配列のものになっており、
    米国配列のものはアメリカ倉庫発送(日本は対象外)のもののみと思われます。

    交換を求めても、
    ・それは米国配列だと嘘の説明をされ、
    ・説明の矛盾を指摘したら米国配列のキーボードシールを送るからそれじゃダメかと提案され、
    ・拒否したら音沙汰なしです。

    現時点では買わない方がいいです。

    • kenken より:

      コメントありがとうございます。GearBestの画像を見ると、米国配列のようにも見受けられますが、英国配列でしたか。記事上に追記します。
      確かに、米国倉庫発送のものは日本対象外になっていますね。

タイトルとURLをコピーしました