KUU K1、Core i5-5257U搭載の15.6型ノートが389.99ドル、金属製ボディも大きな魅力

7月30日まで 2020 MID-YEAR SALEを開催中のGearBestですが、Core i5-5257Uを搭載する15.6インチのWindows 10ノート「KUU K1」が389.99ドルで販売されています。同CPUを搭載するミニPCの事例としては、先日 実機レビューしたCHUWI CoreBoxがありますが、CoreBoxにプラス 120ドル程度で15.6インチのディスプレイとキーボードが付いていることを考慮すると、かなりのコスパの高さのように感じます。

記事投稿直後は「SSDはデュアル構成(一つは空きスロット)」としていましたが、製品仕様の曖昧さ(製品仕様にはデュアルとありますが、256GB / 512GBから選択可能の意味か?)もあり「デュアル構成の可能性あり」に変更しています。

関連記事

CHUWI CoreBox i5 実機レビュー、サクサク動作のCore i5-5257Uに豪華なヒートシンクを装備するミニPC

スポンサーリンク

KUU K1のスペック

最初に懸念事項を記載しますが、上の画像のとおり、キーボードのキーと印字が同色系であり、キーの視認性が気になります。GearBestのレビューにおいても「視認性がよくない」との書き込みがあり、ブラックのキーボードだとよかったのですが。

CPUCore i5-5257U
GPUIntel Iris Graphics 6100
メモリ8GB  DDR3
ストレージ256GB / 512GBより選択。デュアル構成で増設可能か?
ディスプレイ15.6インチ、IPS、解像度 1920 x 1080
WiFi11 a/b/g/n/ac
Bluetooth搭載
ポート類USB 3.0 x 2、Mini HDMI
バッテリー容量2 x 5000mAH ?
サイズ(本体)360 x 240 x 25mm、1.8kg
OSWindows 10 Home
その他メタル製ボディ、バックライト付きキーボード、指紋認証

 

GearBestの製品紹介ページには、ストレージはデュアル構成の可能性もあります。とすると、最近 私がはまりつつある Hackintoshによる macOSとWindows 10のデュアルブートの夢も膨らみます。スペックとしてはHackintoshを実現した以下のCHUWI CoreBoxと同じであるため、macOSの起動まではたどり着けそうですが、ノートPCの場合にはキーボードやTracPadの調整が難航することを覚悟のうえです。

CHUWI CoreBoxをmacOSとWin 10のデュアルブート化、macOSも軽快に動作
Core i5-5267Uを搭載するミニPC「CHUWI CoreBox」にて、HackintoshによりmacOS High Sierraが安定動作し、Windows 10とのデュアルブートが実現しました。macOSは増設した2....

その他のコメントは以下です。

  • 旧世代とはいえ、Core i5-5257Uを搭載しているため、負荷の激しいゲーム以外ならサクサクと動作し、在宅勤務や普段使いのメイン機種としての利用可能です。
  • 厚みは25mmと、他のスリムノートと比較すると厚いのですが、もしかすると、2.5インチ SSD、もしくはM.2 SSD x 2のデュアル構成(一つは空きスロット)の可能性もあります。
  • ボディの素材はマグネシウムとアルミとなり、質感の高さも期待できます。

 

外観と機能性

ディスプレイのベゼル幅の記載はありませんが、画面占有率は89%となり、ブラックのベゼルと相まってスタリッシュに見えるディスプレイ面。また、フロントカメラがヒンジ部分にあることも大きな特徴。

なお、天板のイメージ画像はありませんが、GearBestのユーザーレビューの写真を参照すると、天板中央に小さなロゴがあります。ただし、シルバーにブラックのロゴがあるため、やや目立ちそうです。

 

▼サイドを見ると下側に絞り込まれており、25mmの厚みをスリムに見せています。ボディの素材はマグネシウムとアルミとありますが、他の多くのノートPCと同様に、キーボード面はプラスチック製か?

 

▲▼大きなタッチパッドの左上にある指紋認証。気になるのが、同色系のキーと印字による視認性。GearBestのユーザーレビューの写真を参照すると、やはり見辛いようです。以下の画像のように、キーボードステッカーのサービスがあるため、日本語のステッカーを貼り付けるのもありです(テンキーのステッカーはないと思います)。

 

 

▼USB 3.0 x 2、Mini HDMIと標準的なポート類。

まとめ

マグネシウムとアルミ製ボディで、Core i5-5257Uを搭載するWindows 10 ノートが 389.99ドル(約43,000円)。さらに、ストレージはデュアル構成の可能性ありと、コスパ度は十分なのですが、同色系のキーボードのキーと印字が惜しい。ここさえ許容できれば「買い」の製品です。

 

▼7月22日時点のGearBestの販売価格は389.99ドル

KUU K1 SSD 256GB版(GearBest)

 

▼4K ディスプレイ搭載機種となりますが、私が認識する対抗機種は、 AeroBook Plus 他の2製品。

CHUWI AeroBook Plus、4Kパネル,Core i5-6287U搭載の15.6型ノートが販売開始。動画レビューを観て再燃した物欲
クラウドファンディングで人気を集めた「CHUWI AeroBook Plus」の一般販売が開始となりました。CHUWIの4K 解像度 15.6インチノートとしては、LapBook Plusが販売されていますが、AeroBook Pl...
15.6型 4K液晶に5th Core i5搭載で約5万円のWin 10 ノートの特徴、CHUWI AeroBook Plusに対抗
15.6インチ 4Kパネル、CPUにCore i5-5257Uを搭載するWindows 10 ノートがAliExpressで人気となっています。「BSLAY」なる聞きなれないブランドの「DSK-V9」が製品名となりますが、アルミとマ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました