KOSPET Prime SE、人気のPrimeのライト版が約100ドルで新登場。4コアCPU、LTE対応、1260mAhのバッテリーを維持し、メモリは1GBに

4コアのCPUにLTE対応でAndroid 7.1.1を搭載し、顔認証に8百万画素のサイドカメラ、決め手は1260mAhの大容量バッテリーを搭載するスマートウォッチ「 KOSPET Prime」のlite バージョン 「Prime SE」が登場です。Primeのメモリ 3GB / ストレージ 64GBに対して、Prime SEはメモリ 1GB / ストレージ 16GBとスペックを控えめとし、1260mAhのバッテリー容量やその他のスペックは維持。GearBestの価格はPrimeよりも約46ドル安い 99.99ドル。

スポンサーリンク

KOSPET Prime SEのスペック

冒頭のとおり、Primeとの比較では、メモリを3GBから1GBに、ストレージを32GBから16GBとしたものが Prime SE。

スペックについては、GearBestの製品ページに程よい比較表があるため、そのまま掲載です。主に、KOSPET Primeと比較したものですが、メモリ・ストレージ以外は同仕様です。

▲CPUや大容量バッテリー、1.6インチ 400 x 400のディスプレイを維持していることが大いに魅力。さらに、テキストで上の画像の補足です。

  • OS : Android 7.1.1
  • サポートデバイス : iOS 9.0以上、Android 5.1以上
  • タッチモード : フルタッチスクリーン
  • CPU : MTK6739 1.25GHz
  • RAM: 1GB
  • ROM: 16GB
  • カメラ : フロント 2百万画素、サイド 8百万画素
  • バッテリー : 1260mAh
  • Waterproof : IP67
  • ディスプレイ : 1.6インチ、TFT、IPS、解像度 400 x 400354PPI
  • LTE 対応バンド : TDD LTE: B38, B39, B40, B41,   FDD LTE:B1, B2, B3, B5, B7, B8, B12), B17, B20
  • 対応 SIM : nano SIM
  • WiFi : 11 a/b/g/n
  • Bluetooth : 4.0

 

メモリ、ストレージ以外のスペックはPrimeと同じであるため、以下の記事も参照ください。

KOSPET Prime、1260mAh 大容量バッテリー、顔認証対応のスマートウォッチがリリース。4コア、RAM 3GBでスマホ並みのスペックも魅力
ピュアなAndroid OSで稼働する複数のスマートウォッチを製品化しているKOSPETより、フェイスアンロックと1260mAhの大容量バッテリーを備えた「KOSPET Prime」がリリースされています。CPUは4コアのMTK67...

 

スペックと99.99ドルの価格について、以下のとおり補足します。

  • CPUのMTK6739のスマホでのAnTuTu ベンチマーク v7のスコアは 46000ほど。スマホの場合には快適動作はやや厳しくなりますが、それほど重たいアプリを多用しないスマートウォッチであれば十分。
  • ポイントとなるのは、メモリが1GBであること。スマホの場合には、メモリ 1GBではアウトですが、SNS系などの軽いアプリの使用がメインとなるスマートウォッチでは、1GB搭載機も多くあることから、それほどレスポンスに影響するものではないかも。
  • ちなみに、私はPrime SEのリリース・99.99ドルの価格を知りつつも、Primeを注文・受領待ちです。Primeとの価格差 約46ドルをどうみるか。私は価格よりも、メモリ 3GBに惹かれました。

 

なお、スマートウォッチの場合、連携するアプリも重要なポイントとなりますが、KOSPET Primeでは以下の「WiiWatch 2」です。

WiiWatch 2

WiiWatch 2
開発元:Nenghui Huang
無料
posted withアプリーチ

外観と機能性

▼Prime / Prime SEに共通する特徴の一つが、2百万画素のフロントカメラによる顔認証。以下の画像はクロームのベゼルを強調するものですが、右側にあるフロントカメラ、サイドにある8百万画素のカメラも見逃せません。

 

▼ピュアなAndroid 7.1.1を搭載しているため、Google Playからアプリをダウンロード・インストールすることも可能であり、スマホと同様に日本語化することもできます。ただし、小さな丸い画面のため、アプリに操作性を犠牲にする局面もあります。

 

▲▼さすがに Amazfit GTRほどのバッテリー持ちではありませんが、Android搭載のスマートウォッチの通常利用でまる2日 バッテリーが持続すれば十分です。

Amazfit GTR 実機レビュー、GPSオフで約60日の持続時間と視認性抜群の液晶で、 魅力満載のスマートウォッチ。ついに日本語対応も
明るく綺麗なスクリーンと驚異的なバッテリー持続時間が大きな特徴のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47MM」。Xiaomi関連企業の製品であるため、質感の高さと140ドル前後のコスパの高さも大きなメリット。 このAma...

まとめ

KOSPET Prime SE / Primeとの選択では、SEのメモリ 1GBがポイント。私はメモリ 3GBのPrimeを注文したのですが(12/26時点では受領待ち)、よりキビキビとした動作を望む場合にはPrime、少しでも出費を抑える場合には Prime SE。Primeは、99.99ドルのPrime SEの1.5倍であると思うと高いのですが、約6,000円の差であるために差額は大きくないとの判断もできます。

 

▼2019年12月26日時点のGearBestでの予約販売価格は99.99ドル

KOSPET Prime SE

 

▼一方のPrime SEのGearBest 価格は145.99ドル。私はメモリ 3GBに惹かれてこちらを購入しました。

KOSPET Prime

 

コメント

Banggood、6月特売セール

Banggoodでは、6/10まで特売セール、6/1までスマホなどのセールを開催中。以下の記事のクーポン価格がより安いケースもあり、あわせて参照ください。
Ryzen 5 2500U搭載のT-Bao MN25、Core i7 8750HのS200など、Banggoodの最新クーポン情報(5/25更新)


▲▼セール会場はこちら
6月特売総合会場
スマホ、デジギア会場
タイトルとURLをコピーしました