Windows 10、英語・日本語キーボードレイアウトの変更設定する手順

中国製(英語キーボード)の2 in 1 PC「Chuwi Hi10 Pro」にWindows 10をクリーンインストールしたのはよいものの、その過程で英語キーボードを選択することをすっかり失念。日本語・英語キーボードレイアウトの変更を行うことがないために、その切替設定の確認に多少時間を要しましたが、設定画面にて簡単に切り替え可能でした。

今後も切り替える頻度が少ないと思われるため、備忘替わりにメモします。

 

スポンサーリンク

日本語・英語キーボードレイアウトの変更設定

英語キーボードの海外製端末で、日本語キーボードのレイアウトとしてしまったために、@マークのタイピングに多少戸惑うことに。

この日本語・英語キーボードレイアウトの変更設定は思わぬところにありました。

 

▼「時刻と言語」を選択

 

▼「地域と言語」を選択

 

▼「日本語」の「オプション」を選択。以前、同箇所にあることをみた記憶があるのですが、私は英語の言語パックをインストールしてしまいました。

 

▼ここで日本語・英語キーボードのレイアウトを変更できます。

▲英語キーボードを選択し「サインアウト」をすると再ログインとなるのですが、ログイン後には英語キーボードのレイアウトに変更されています。

設定箇所がわかってしまうと「確かにここしかないかも」と思えるところに設定画面があるのですが、「オプション」にあるとはやはり意外です。

 

▼私としては、英語キーボードでの操作に必須なソフトがこちらのAlt-ime。Altキーのワンタッチで英数・かなを切り替えることができます。また、英語キーボードのみならず、日本語キーボードでも同様に機能することも便利です。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

▼Chromebookでは、Altキーでのワンタッチ切替とならず、やや非効率なタイピングとなります。

Chromebookの英数かな切替をCtrlとAltキーの機能入替で効率化してみた
Chromebook ASUS C101PAを購入し、ブログ記事編集機として利用していますが、そのタイピングで慣れずにいるのが英数かな変換。MACならデフォルト、Windowsならキーの割当変更、あるいはフリーソフトの導入でワンタッ...

コメント