Core i3 5005U,RAM 8GB搭載の高コスパなミニPC Jumper EZbox i3が新登場

Jumperより、旧世代のCore i3 5005Uを搭載するミニPC EZbox i3がリリースされました。同CPUを搭載するJumperのPCとしては、14インチのEZBook X4 Proがリリースされた直後ですが、コスパを高めるうえでは、このように旧世代のCPUの採用もありですね。

 

2019年6月21日 追記

GearBestの当初価格は269.99ドルだったのですが、219.99ドルで販売しています。

関連記事

Jumper EZBook X4 Pro、Core i3 5005Uを搭載し新登場。メモリ 8GB/SSD 256GBの本機によりJumperの巻き返しなるか

スポンサーリンク

EZbox i3のスペック

まずは留意事項、GearBestの担当さんに確認中ですが、Windows 10 プレインストールとの記載ではなく、サポートとの表記となっているため、Windows 10のライセンスを別途購入してのインストール、あるいはLinuxをインストールが必要となる可能性もあります。

手持ちのミニPCては、Windows 10 サポートとしながらも、ライセンス認証されたWindows 10 がプレインストールされていた事例(Gemini Lake, SSD増設可のファンレス ミニPC Alfawise T1、1週間使用後のまとめレビュー)もあり、断定はできないのですが留意ください。

GearBestの担当さんに、Windows 10はプレインストールされていることを確認しました。

 

さて、EZbox i3のスペックは以下となります。

  • CPU: Core-i3-5005U
  • GPU: Intel HD Graphic 5500
  • RAM: 8GB DDR3
  • ストレージ : 128GB M.2 SSD、1TBまでサポート
  • WIFI: 11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth: 4.0
  • ポート類 : USB Type-C、USB2.0 x 2、USB3.0 x 2、HDMI x 2
  • サイズ : 12.40 x 11.16 x 4.25 cm、320g

 

CPUは、Core m3-6Y30とほぼ同パフォーマンスの、第5世代のCore i3 5005U。EZbox i3のみならず、現行販売のミニPCでも搭載されることの多いものです。

2.5インチ HDD搭載可との記載がないのですが、高さが4.25cmあれば十分に対応可能(※)ですので、記載がないものの HDD増設に対応している可能性もあります。その他、USBポートがType-C含めて5個搭載と多いことは、他のミニPCと同様です。

 

※ 以下のBeelink X45は、高さ4.3cmで2.5インチ HDDを増設可能。

Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45にHDDを増設、取付簡単で内部構造に感心
Gemini LakeのミニPC「Beelink Gemini X45 Premium」が、そのコンパクトなボディにGemini Lakeを搭載しほどよいレスポンス、さらにはファン付ながら静音と実に快適です。このためより有効利用すべ...

外観と機能性

コンパクトさと機能性を求めた場合、また、対応するマザーボードの関係から、概ねどのメーカー・ブランドともに同じようなスクエアタイプのミニPCとなってしまいがち。このEZbox i3もBeelink、他のミニPCと差別化しにくいスタイルとなるものの、上の画像をみると、グレイとブラックのツートンで、上面の端のカットがよいアクセントになっています。

 

▼珍しい事例としてあるのが、冷却のためのスリットがサイドと底面に集中していること。掲載していない別の画像を見ると、CPUファンは底面に向けられているようであり、暖気を下とブラックの側面から逃がす構成となっています。上の画像や以降の画像でもわかるとおり、ブラックの側面にも多数のスリットがあります。

また、想像となりますが、上部と下部で配色が異なることから、上部はプラスチック製、マザーボードを固定する下部はスチール製かもしれません。

 

▼ 細かいことですが、電源ボタンの位置が私が目にする多くのミニPCとは左右逆のようです。

▲▼背面には、HDMIや有線LANなど、常時接続となるポート類が集中しています。HDMIポートが2つ、2つのディスプレイへ出力可能であることも、多くのミニPCと同様。

まとめ、価格情報

Core i3 5005U、メモリ 8GB、SSD 128GBを搭載するJumper EZbox i3ですが、他社製の多くのミニPCがほぼ同一のスペックと形状に収束しがちなため、差別化しにくい状況もあります。ただし、Jumperの場合、中国新興メーカーのなかではメジャーであるため、他のミニPCよりも注目度は高くなると思われます。

さて、2019年5月8日時点のGearBestの価格は 269.99ドル。ズバリ 競合機は多くのミニPCをリリースしているBeelinkのU55。EZbox i3が2.5インチ HDDを増設できるか否かは未確認(U55は増設可)であり、これを考慮しない場合、同価格ですのでどちらを選択してもコスパの高さは同等です。

 

EZbox i3の2019年5月8日の価格は269.99ドル。 なんと、2019年6月21日現在では219.99ドルで販売しています。以下の画像は旧価格のままです。

Gearbest Jumper EZbox I3 Mini PC
Jumper EZbox I3 Mini PC

 

コスパ度ではさらに優れている EGLOBAL M3。EZbox i3の第5世代のCore i3-5005Uより上位の第7世代 Core i3 7100Uを搭載するファンレス機。メモリ 8GB / SSD 128GBを搭載し、2019年7月13日時点のBanggoodでの販売価格は228.99ドル(25,235円)とコスパ度は圧倒的。

EGLOBAL m3, RAM 8GB / SSD 128GB

約25,000円の第7世代 Core i3-7100U搭載 ファンレスミニPC「EGLOBAL M3」のスペックと特徴
Chuwi GT BoxやJumper EZBox i3など、旧世代のCore iシリーズを搭載するミニPCが200ドル台半ばで販売されていますが、より安さを求めるなら中国直販系のEGOLOBAL。安いのみならず、もちろん造りもしっ...

 

▼こちらはEZbox i3と競合するBeelink U55。メモリ 8GB / SSD 128GBの場合、2019年5月8日の価格はEZbox i3と同じく269.99ドル

Gearbest Beelink U55
Beelink U55

 

ミニPC
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント