Jumper EZbook X5、Core i3-6157U / メモリ 16GB搭載 14インチノートの詳細スペックと価格情報

Jumperから、CPUにインテル 第6世代の Core i3-6157U、メモリ 16GBを搭載する 14インチノート「EZbook X5」が販売されています。CHUWIやTeclastなどの中国新興ブランドと比較すると、この数年間は新製品の発売が少ない Jumperですが、キーボード面のダイヤモンドカット状のデザインなど、なかなかの意欲作です。

スポンサーリンク

Jumper EZbook X5のスペック

発売年月が明確でなく、発売から半年から1年程度経過している可能性もありますが、hekka サイトとAlibaba サイトに情報が掲載されています(更新の遅い Jumper 公式サイトや、多くの製品が揃う AliExpressでは未掲載)。なお、ディスプレイ(TN or IPS パネル)、SSDの接続(SATA or PCIe)は製品情報に未掲載です。

CPUCore i3-6157U、2コア4スレッド
GPUIntel HD Graphics 550
メモリ16GB DDR4
ストレージ256GB M.2 SSD
ディスプレイ14インチ、FHD
WiFiDual Band
Bluetooth対応
ポート類USB 3.0 x 2、USB Type-C、HDMI
バッテリー容量41.3Wh
サイズ322.6 x 209.2 x 20.35mm、1.46kg
OSWindows 10 Home

 

CHUWI CoreBook Pro、Core i3-6157U,NVMe SSD搭載の13型ノートが クーポン価格 349.99ドルの販売情報
先日、速報ベースでお知らせした「CHUWI CoreBook Pro」。アスペクト比 3:2の13インチディスプレイに、第6世代のCore i3-6157U、NVMe対応の256GB SSDを搭載していますが、その価格は私の想像より...

▲同CPUを搭載する中国ブランドのPCとしては、上記の「CHUWI CoreBook Pro」があります。

 

一般的なCore i3-6157UのGeekbench 5 CPU ベンチマークスコアは以下となり、2つめのJasper Lake (Celeron) N5095 実機のスコアよりも低くなっています。Jasper Lakeのリリース前、前世代 Gemini Lake の頃までは、インテル 第5 / 6の旧世代のCPUを搭載し、コスト、販売価格を下げることは パフォーマンス面では有効でしたが、今となってはそれも希薄なように感じます。

また、Jasper LakeはWindows 11は更新のシステム要件を満たしていますが、Core i3-6157Uは満たしていません。

▲▼Jasper Lake N5095を搭載するミニPCの実機レビュー記事はこちら。

TRIGKEY Green G2、Jasper Lake N5095搭載 ミニPC 実機レビュー。ベンチスコアはCore i5-5200U相当、かなりおすすめの200ドルPC
2021年11月26日時点では、CPUにJasper Lakeを搭載する製品は多くないなか、Banggoodから販売の「TRIGKEY Green G2」は Jasper Lake N5095を搭載し、メモリスロットを2つ装備してい...

 

▼キーボードのキーサイズは 22mm幅となり、先ほど実測した 13.3インチのM1 MacBook Airのキーサイズ 17mmよりも大きなもの。また、タッチパッドの横幅 119mmは、M1 MacBook Airとほぼ同サイズです。

 

▼2280サイズのM.2 SSD ポートには背面からアクセスできますが、SATA or 高速なPCIe 接続の明記はありません。

Jumper EZbook X5の外観

シルバーの天板と底板に、ブラックのキーボード面のコントラストには好感が持てます。

 

▼ディスプレイの狭縁ベゼルをアピールする製品は 5mmのベゼル幅が多いなか、本製品は4mmとさらに狭くなっています。

ディスプレイにTNパネルか、IPSパネルの別は明記がなく、まさか TNパネルではないと思いますが、断定できません。また、光沢・非光沢の記載もありません。

 

▼14インチの中国ブランドのPCは、Mini HDMIを搭載することが多いのですが、フルサイズのHDMIを搭載しています。

 

▼デザインの特徴となるキーボード面のダイヤモンドカット状の紋様。立体的なものか、あるいはフラットなものかは読み取れず。キーボード左右のベゼル幅も狭いです。

 

▼シルバーとブラックのツートンもよいものです。なお、天板のエッジのデザインから樹脂製と思われます。

まとめ

ディスプレイ(TN or IPS パネル)、SSD (SATA or PCIe)の情報が明確ではないのですが、Core i3-6157Uにメモリ 16GB、シルバーとブラックのツートンカラー、ダイヤモンドカットの紋様のキーボード面など、見所の多い製品です。

一方、Core i3-6157Uの搭載については、今となっては概ね同パフォーマンスのJasper Lake (Celeron) N5100などのコスパ度が高いため、約52千円の価格をどう捉えるかが大きなポイント。上記のディスプレイやSSD(増設の可否も含む)情報しだいとの認識です。

 

▼シンガポールを拠点する新設の海外通販サイト「hekka」での販売情報。USD 449.99ドル、日本円換算では約52千円

Jumper EZbook X5、hekka

Hekka 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました