ついにきた、Jumper EZBook X4のIPSパネル版が販売予定

Jumper EZBook 3 Pro、あるいは3Lの後継としての、Gemini Lakeを搭載するJumper EZBook X4。課題はTNパネルとメモリ 4GB搭載でしたが、やはりきましたIPSパネル搭載版。現時点では情報が少ないのですが、取り急ぎの報告です。

 

2018年10月13日追記。既に実機レビュー記事を投稿しています。詳細は以下の記事を参照ください。

Jumper EZBook X4 IPS版、実機のベンチマークスコア、使用感のレビュー
Gemini Lake N4100を搭載する、ファンレスの14インチノートのJumper EZBook X4。前回の記事「Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い...

 

進化のポイント

現時点では冒頭の情報が全てなのですが、進化のポイントは以下の2点。

  • Gemini Lake N4100、ボディの構成はそのままに、14インチディスプレイはTNパネルから待望のIPSパネルに。
  • デフォルトのメモリ 4GBに変更はないものの、スロットが2つあり合計8GBまで増設可能。

 

参考までに、GearBestサイトにあるスペック情報を貼付けさせていただきました。

2番目の項目にIPSパネル、5番目にメモリは8GBに増設可能とあります。より詳細なスペックではメモリスロットは2つとあります。 冒頭のとおり、既に実機レビュー記事を投稿していますが、ユーザーによるメモリ増設は不可能です。

 

 

▼実機レビュー記事はこちら。

Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い質感に
いよいよ出荷開始となったJumper EZBook X4 IPSパネル版。TNパネル版が先行販売されていましたが、IPSパネル版の販売を待っていた方も多いのではないでしょうか。 このJumper EZBook X4 IPSパネ...
Jumper EZBook X4 IPS版、実機のベンチマークスコア、使用感のレビュー
Gemini Lake N4100を搭載する、ファンレスの14インチノートのJumper EZBook X4。前回の記事「Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い...
EZBook X4、使用5日間で再認識の上質で打鍵感のよいキーボード
Jumper EZBook X4 IPS版を使い始めて5日ほどになりますが、当初以上に良い出来に感じているのがキーボードのタイピング感。角度・照明の当たり具合によってはキーの文字の視認性がよくないのですが、それを補って余りあるタイピ...

 

▼Jumper EZBook X4 IPSパネル版の価格情報(2018年9月19日時点)。TNパネル版とIPSパネル版の双方が流通していますが、おすすめはIPSパネル版です。
Gearbest JUMPER EZbook X4 (IPSパネル版)
JUMPER EZbook X4 (IPSパネル版)

Win 10 製品情報
kenkenをフォローする
コスパの高いノートPC
Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・13.3インチとしては大きめのキーボードのタイピング感が快適

Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Win And I net

コメント