Jumper EZBook X3 Premium、Apollo Lake N3450を搭載、2万円台の13.3型ノートの特徴。ライトユース、サブ運用目的なら実用的

Amazonにて 久しぶりに Jumperのパソコンを参照していると、2021年2月27日現在 「EZBook X3 Premium」が Amazon’s Choiceとなっています。CPUにApollo Lake (Celeron) N3450、メモリ 8GBを搭載する 13.3インチノートであり、エントリークラスのPCですが、かつての人気製品「EZBook 3 Pro」と概ね同スペックとなり、ライトユースの2万円台(28,799円)の安価なパソコンとして、あるいはサブ運用のPCとしては、わるくはない選択肢です。今回は今更ながらに「Jumper EZBook X3 Premium」のスペックと特徴を確認してみました。

スポンサーリンク

Jumper EZBook X3 Premiumのスペック

Amazon 製品紹介のテキストでは明記されていませんが、上の画像のとおりモデル名は「EZBook X3 Premium」。AliExpressなどの海外通販でも同名で販売されています。

CPUApollo Lake (Celeron) N3450
GPUIntel HD Graphics 500
メモリ8GB  DDR3
ストレージ128GB eMMC、2242サイズ M.2 SSDを増設可能
ディスプレイ13.3インチ、1920×1080、IPSパネル
WiFi11b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
ポート類USB 3.0 x 2、Mini HDMI
サイズ31.5 x 20.8 x 1.8 cm、1.23 Kg
OSWindows 10 Home 64bit
その他日本語キーボードカバー付属

 

  • 無印の「X3」はCPUがApollo Lake N3350であるのに対し、「X3 Premium」はApollo Lake N3450。型番は近く、双方ともにエントリークラスのCPUですが、私の両CPUの使用感では N3450がキビキビと動作します。
  • N3350では、ある程度の高速タイピング時やWebサイトの表示でもモタつきを感じることもありますが、N3450は軽減されています。
  • ただし、N3450も2017年のエントリー機に多く搭載されたCPUであり、利用範囲はWebブラウジングやWordなどのライトユースに限定されます。
  • ストレージはSSDではなく eMMC。eMMCとSSDでは大きく体感できるほどの相違がないため、このクラスのPCでは eMMCで十分。
  • このクラスの国産ノートでは、メモリ 4GB、液晶は視野角の狭いTNパネルとすることも多いのですが、メモリ 8GB、視野角の広いIPSパネルを搭載しています。

 

▼Apollo Lake N3350 / N3450のベンチマーク・体感レスポンスの相違は以下の記事を参照。

Apollo Lake N3350 vs N3450、ベンチマークスコアと体感レスポンスの比較
CPUにApollo Lake N3350を搭載するWindows 10 PCとしては、ASUS  X207NA、マウスコンピューター MB11ESV、Jumper EZBook X3、そして手元にあるXIDU PhilPadなど複...

 

▲▼CHUWI / Teclast / BMAXなどの中国新興ブランドの製品と同様に、英語キーボードとなります。日本語キーボードカバーが付属しているようですが、私の判断としてはカバーを利用するよりも、以下のフリーソフト「Alt IME」を使用すべき。

このソフトにより、スペースキー両隣のAltキーのワンタッチで「英数・かなの切替」を行うことができ、慣れると日本語キーボードよりも快適にタイピング可能です。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

Jumper EZBook X3 Premiumの外観

スペック・外観ともに、古くは2017年に発売の以下の「Jumper EZBook 3 Pro」と大きく変わらず。EZBook 3 Proは全面がアルミ製で(EZBook X3 Premiumの製品紹介には金属の表現がないため、樹脂製でしょう)、MacBook Airクローンのスタイルは当時としては衝撃でしたが、このスタイルのPCもすっかり見慣れてしまいました。

Jumper EZBook 3 Pro、1年使用後の総括レビュー。質感とレスポンスには今なお満足
2017年8月に、Apollo Lakeの13.3インチ ファンレスノートPCであるJumper EZBook 3 Proを購入して1年が経過。最近ではGemini LakeのミニPを使用することが多くなったのですが、この1年間で最...

 

▼JumperのPCのデザイン上のさりげないメリットは、天板のロゴが小さく目立たないこと。従来のJumperのロゴから変更となりましたが、シンプルで好感が持てます。

 

▼USB Type-Cはありませんが、両サイドのUSB 3.0と、Mini HDMIを装備し拡張性は十分です。

 

▲他の多くのPCと同様に、背面から簡単にM.2 SSDポートにアクセスできます。EZBook X3 Premiumにマッチする 2242サイズのM.2 SSD 240GBの場合、5,000円弱で購入できます。

▲▼より安価なSSDも多く販売されていますが、OSクローンを行い起動ドライブとして利用する場合には、以下の記事で記載の大手ブランド(2242サイズのSSDの販売はTranscend)が、無料のOSクローンソフトを配布しており、TranscendのSSDを選択するのが無難です。

無料OSクローンソフト、大手SSDブランド4社のダウンロードサイトを確認しインストールしてみた
Windows 10 PCのSSDをより大容量のものに換装した際に必須となる「OSクローンソフト」。ところが、2020年4月あたりから、それまでOSクローンが可能だったEaseUS Todo Backup Freeなどのフリーソフト...

まとめ

今更ながらに「Jumper EZBook X3 Premium」のスペックなどを確認してみました。13.3インチのIPSパネル、CPUのApollo Lake N3450を搭載することについては、2017〜2018年にかけての人気製品「EZBook 3 Pro」と変わらず目新しさはありませんが、ライトユース目的・サブ運用のPCとしての購入はありです。

Apollo Lake N3350を搭載の無印の「EZBook X3」は、レスポンスの遅延をより感じるためにおすすめはしませんが、「EZBook X3 Premium」は普通に使える許容範囲のレスポンスです。

 

▼Amazonのモデルは128GBのeMMC、2021年2月27日時点のクーポン適用後の価格は 28,799円。AliExpressではほぼ同価格でSSD 128GBとなります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました