Jumper EZBook X3、N3350搭載の13.3型ノートはM.2 SSDも増設可能。これで2万円ちょいとコスパ度も高い

JumperからEZBook XシリーズのPCとしては、X1とX4が先行して販売されていますが、Apollo Lake N3350を搭載する13.3インチノートのEZBook X3がリリースとなりました。

私はEZBook 3 ProとEZBook X4を所有していますが、Webサイト閲覧やオフィスソフトの操作では十分に快適で、3 Proは大学生の息子のPCとして、X4は私のサイト記事編集用のPCとして便利に使用しています。はたして、このEZBook X3はいかがなものか。そのスペックと特徴について記載します。

 

追加記事 Jumper EZBook X3 Proがリリースとなりました。

Jumer EZBook X3 Proがリリース。Gemini Lake N4100を搭載し人気のX3をスペックアップ

関連記事

Jumper EZBook 3 Pro、1年使用後の総括レビュー。質感とレスポンスには今なお満足

Jumper EZBook X4 IPS版、実機のベンチマークスコア、使用感のレビュー

スポンサーリンク

Jumper EZBook X3のスペックと特徴

Jumper EZBook X3のスペックは以下となっています。

  • CPU : Apollo Lake N3350
  • GPU : Intel HD Graphics 500
  • メモリ : 6GB
  • ストレージ : 64GB eMMC、M.2 SSDを増設可能
  •  ディスプレイ : 13.3インチ、IPS、解像度 1920 x 1080 (FHD) 
  • WiFi : 11b/g/n/ac
  • Bluetooth : 4.0
  • ポート類 : 2x USB 3.0、Mini HDMI
  • バッテリー : 7.6V / 4500mAh
  • サイズ : 33.00 x 22.00 x 1.30 cm、1.3000 kg

 

Jumperの製品では、CPUにApollo Lake N3450あるいはGemini Lake N4100を搭載するものが多いのですが、X3はそれらよりやや下位のApollo Lake N3350を搭載しています。このため、Jumperのなかでも特に廉価版・エントリークラスとの前提のもとで、特徴となる仕様に黄色網掛しました。これらに対するコメントは以下です。

  • CPUは2コアのCeleron N3350となりますが、同じCPUを搭載するJumper EZBook 3SEの使用感では、Webサイト閲覧などのライトユースでは、N3450とそれほど遅いと感じることはありません。
  • ただし、画像編集などでやや負荷をかけると、N3450と比較した場合には引っかかりを感じることもあり。
  • 国内で流通しているPCのCeleron N3350搭載機の事例では、Lenovo Ideapad 120S、ASUS VivoBook R207NAがあります。
  • エントリークラスのCPUでの体感レスポンスでは、順当にAtom Z8350、Apollo Lake N3350、N3450の順。気になる方は、後段のリンク記事に上記CPUのベンチマーク実測スコアを掲載していますので参照ください。
  • 廉価版のPCとの前提ですが、N3350にしてメモリ 6GB搭載、IPSディスプレイは立派。同CPUを搭載するLenovo Ideapad 120Sはメモリ 4GBどまりです。
  • デフォルトのストレージは64GBのeMMCですが、おそらくSSDの増設・換装は無理だろうと思います。増設可能なら抜かりなく仕様に明記あるのですが、その記載はありません。 以下の画像のとおり、M.2 SSDを増設可能であるのは嬉しい誤算。Windows 10の起動ドライブのSSD可も可能です。

 

▲▼SSDを増設可能であることは、背面にSSDスロットへアクセスする扉があることからも明らか。ただし、そのサイズ感から 2280サイズのM.2 SSDではなく、選択肢の少ない 2242サイズ。

 

▲▼2242サイズのM.2 SSDでは、こちらのSSDがおすすめ。240GBで約5,000円と安く、ベンチマークスコアもわるくありません。

M.2 SSD 240GBが3,899円、Amazonで購入のTCSunBow製 SSDのベンチマーク
SATA接続のM.2 SSD 240GBが、Amazonにて約4,000円(※)と安価で販売しており衝動買い。現在、受領待ちのノートPCのメインドライブとして使用する予定ですが、取り急ぎ 手持ちのPCに接続し、ベンチマークスコアを計...

 

▼こちらはX3と同じくCeleron N3350をXIDU PhilPadのレビュー記事。N3350のベンチマークスコアも掲載しています。PhilPadは液晶が2.5Kの高解像度であることが大きな特徴。液晶のきめ細やかの描写と鮮やかさは抜群です。

13.3型 Suface風 2in1「XIDU PhilPad」の実機ベンチマーク。2.5Kの綺麗な画面と入力しやすいキーボードに好感
13.3インチ Surface風 2 in 1のXIDU PhilPad。CPUはApollo Lake N3350とエントリークラスですが、解像度は2560 x 1440と、一般的なクラムシェル型の13インチノートよりも高解像度で...
13.3型 Surface風 2in1「XIDU PhiPad」の外観レビュー、2.5K液晶とアルミ製ボディは特筆すべき質感の高さに
13.3インチ 2.5K液晶のSurface風 2 in 1であるXIDU PhilBook。前回のシステム情報とベンチマークの実機レビューに続き、外観について記載します。多くのデジギアの場合、製品紹介のイメージ画像は実機以上に見せ...

イメージ画像に基づく、スペックの補足

以下、イメージ画像に基づき補足します。

 

▼Jumperの製品は明るめのシルバーが多いのですが、X3はややダークなシルバー。

 

▼Apollo Lake N3350クラスのディスプレイはTNパネルとなり価格を抑えることもあるのですが、IPSパネルを採用し、視野角も178度と広くなっています。

 

▼USB 3.0 × 2、Mini HDMIと、ポート類は上位機のEZBook 3 Pro / X4と同じ構成です。

▲上の天板の画像・サイドと両端の処理から、アルミ製ではなくプラスチック製と思われます。

 

▲▼EZBook X4のキーボードの場合、シルバーのキーに透かし文字とキーの視認性がよくないのですが、X3は問題なさそうです。

AliExpressにEZBook X4のブラックキーボードを注文。パーツ適合の確認など、AliExpressの神対応に感心
私はサイト記事を編集する際に、Jumper EZBook X4を利用することも多いのですが、サクサクと動作し、タイピングも軽快である一方、デメリットがキーボードの印字の視認性がわるいこと。 このため、AliExpressにてブ...

▼なお、Amazonのレビューを参照すると「英語キーボードのため、英数・かな変換の切り替えを行いにくい」とのコメントもありますが、以下のフリーソフト「Alt-IME」を利用すると、スペースキー左右のAltキーのワンタッチで英数・かな変換の切り替えを行うことができます。これにより、むしろ日本語キーボードよりも簡単に切り替えできます。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

まとめ

先日紹介のTeclast F6もそうですが、Teclast / Jumperと中国新興メーカーのなかでも元気な2社による、まさかのApollo Lake機の新規リリース。しかも、同メーカー内での他製品とスペックは競合するため(Jumper EZBook X3は、派生モデルではないノーマルのEZBook 3。Teclast F6はF7と競合)、13.3インチノートをお探しなら、競合他製品との価格との見合いしだいで(セール期間中かいなか)、Jumper EZBook 3の購入も大いにありとの認識です

Apollo LakeのなかでもエントリーなN3350を搭載することから、当初は魅力薄に感じていたX3ですが、M.2 SSDを増設可能であることにより、また、そのシックな外観により、魅力度が増したように感じるX3。以下のとおり、213.99ドルであることを踏まえるとコスパも高そうです。

 

▼2019年7月29日、海外通販サイトの安値更新。GearBestでは、送料無料の199.99ドルで販売しています。販売元のGearBestでの7/29の換算レートでは 21,939 円となり、Amazonよりもかなり安くなっています。

Gearbest Jumper EZBook X3 (GearBest)
Jumper EZBook X3 (GearBest)

 

▼Amazonでも販売されていますが、2019年4月26日現在では 25,080円。AliExpresssとそれほど変わらないのですが、Amazonでのレビューコメントはサクラと思われ、妙な日本語が多くなっています。

 

▼Jumper EZBook X3 Proがリリースに。CPUはApollo Lake N3350からGemini Lake N4100にスペックアップしています。

Jumer EZBook X3 Proがリリース。Gemini Lake N4100を搭載し人気のX3をスペックアップ
Jumperより13.3インチの EZBook X3 Pro、および14インチの EZBook A5がリリースされています。EZBook A5はAtom Z8350を搭載し詳細は別記事としますが、EZBook X3 ProはGemi...

 

さらには、EZBook X3と同ボディでCPUをApollo Lake N3450に変更した、EZBook X7も販売されています

Jumper EZBook X7、Apollo Lake N3450搭載 13.3型PCのスペックと特徴。X3の同型でCPUの進化版として販売中
Amazonで販売中のJumper EZBook X7。13.3インチのApollo Lake N3450を搭載するWindows 10 ノートですが、2020年1月3日時点では、Jumper公式サイトや海外通販サイトでは掲載のない...

 

コメント

OCN、TCL PLEの発売特価セール

スナドラ 675、48百万画素カメラ搭載の6.53型スマホが、音声SIMセットで税込 9,900円の発売特価に(3/25まで)

▼詳細記事はこちら
TCL PLE、スナドラ 675の6.53型スマホ、48MPカメラ・パンチホールとスペックも抜かりなし
タイトルとURLをコピーしました