Jumper EZBook X3、N3350搭載の13.3型ノートはM.2 SSDも増設可能。これで2万円ちょいとコスパ度も高い

JumperからEZBook XシリーズのPCとしては、X1とX4が先行して販売されていますが、Apollo Lake N3350を搭載する13.3インチノートのEZBook X3がリリースとなりました。

私はEZBook 3 ProとEZBook X4を所有していますが、Webサイト閲覧やオフィスソフトの操作では十分に快適で、3 Proは大学生の息子のPCとして、X4は私のサイト記事編集用のPCとして便利に使用しています。

はたして、このEZBook X4はいかがなものか。そのスペックと特徴について記載します。

 

関連記事

Jumper EZBook 3 Pro、1年使用後の総括レビュー。質感とレスポンスには今なお満足

Jumper EZBook X4 IPS版、実機のベンチマークスコア、使用感のレビュー

スポンサーリンク

Jumper EZBook X3のスペックと特徴

Jumper EZBook X3のスペックは以下となっています。

  • CPU : Apollo Lake N3350
  • GPU : Intel HD Graphics 500
  • メモリ : 6GB
  • ストレージ : 64GB eMMC、M.2 SSDを増設可能
  •  ディスプレイ : 13.3インチ、IPS、解像度 1920 x 1080 (FHD) 
  • WiFi : 11b/g/n/ac
  • Bluetooth : 4.0
  • ポート類 : 2x USB 3.0、Mini HDMI
  • バッテリー : 7.6V / 4500mAh
  • サイズ : 33.00 x 22.00 x 1.30 cm、1.3000 kg

 

Jumperの製品では、CPUにApollo Lake N3450あるいはGemini Lake N4100を搭載するものが多いのですが、X3はそれらよりやや下位のApollo Lake N3350を搭載しています。このため、Jumperのなかでも特に廉価版・エントリークラスとの前提のもとで、特徴となる仕様に黄色網掛しました。これらに対するコメントは以下です。

  • CPUは2コアのCeleron N3350となりますが、同じCPUを搭載するJumper EZBook 3SEの使用感では、Webサイト閲覧などのライトユースでは、N3450とそれほど遅いと感じることはありません。
  • ただし、画像編集などでやや負荷をかけると、N3450と比較した場合には引っかかりを感じることもあり。
  • 国内で流通しているPCのCeleron N3350搭載機の事例では、Lenovo Ideapad 120S、ASUS VivoBook R207NAがあります。
  • エントリークラスのCPUでの体感レスポンスでは、順当にAtom Z8350、Apollo Lake N3350、N3450の順。気になる方は、後段のリンク記事に上記CPUのベンチマーク実測スコアを掲載していますので参照ください。
  • 廉価版のPCとの前提ですが、N3350にしてメモリ 6GB搭載、IPSディスプレイは立派。同CPUを搭載するLenovo Ideapad 120Sはメモリ 4GBどまりです。
  • デフォルトのストレージは64GBのeMMCですが、おそらくSSDの増設・換装は無理だろうと思います。増設可能なら抜かりなく仕様に明記あるのですが、その記載はありません。 以下の画像のとおり、M.2 SSDを増設可能であるのは嬉しい誤算。Windows 10の起動ドライブのSSD可も可能です。

 

▲▼SSDを増設可能であることは、背面にSSDスロットへアクセスする扉があることからも明らか。ただし、そのサイズ感から 2280サイズのM.2 SSDではなく、選択肢の少ない 2242サイズ。

 

▲▼2242サイズのM.2 SSDでは、こちらのSSDがおすすめ。240GBで約5,000円と安く、ベンチマークスコアもわるくありません。

M.2 SSD 240GBが4,969円、Amazonで購入のTCSunBow製 SSDのベンチマーク
SATA接続のM.2 SSD 240GBが、Amazonにて約5,000円と安価で販売しており衝動買い。現在、受領待ちのノートPCのメインドライブとして使用する予定ですが、取り急ぎ 手持ちのPCに接続し、ベンチマークスコアを計測して...

 

▼こちらはX3と同じくCeleron N3350を搭載したJumper EZBook 3SEのレビュー記事

Jumper EZBook 3SE、Celeron N3350搭載機のベンチマークを実測。Z8350、N3450搭載機との比較
13.3インチのIPSパネルを搭載しながらも2万円を切る価格のJumper EZBook 3 SE。国内外ともに評価が高く、私も購入したJumper EZBookよりもスペック・価格を下げた製品ですが、そのレスポンス・ベンチマークス...

イメージ画像に基づく、スペックの補足

以下、イメージ画像に基づき補足します。

 

▼Jumperの製品は明るめのシルバーが多いのですが、X3はややダークなシルバー。

 

▼Apollo Lake N3350クラスのディスプレイはTNパネルとなり価格を抑えることもあるのですが、IPSパネルを採用し、視野角も178度と広くなっています。

 

▼USB 3.0 × 2、Mini HDMIと、ポート類は上位機のEZBook 3 Pro / X4と同じ構成です。

▲上の天板の画像・サイドと両端の処理から、アルミ製ではなくプラスチック製と思われます。

 

▲▼EZBook X4のキーボードの場合、シルバーのキーに透かし文字とキーの視認性がよくないのですが、X3は問題なさそうです。

AliExpressにEZBook X4のブラックキーボードを注文。パーツ適合の確認など、AliExpressの神対応に感心
私はサイト記事を編集する際に、Jumper EZBook X4を利用することも多いのですが、サクサクと動作し、タイピングも軽快である一方、デメリットがキーボードの印字の視認性がわるいこと。 このため、AliExpressにてブ...

▼なお、Amazonのレビューを参照すると「英語キーボードのため、英数・かな変換の切り替えを行いにくい」とのコメントもありますが、以下のフリーソフト「Alt-IME」を利用すると、スペースキー左右のAltキーのワンタッチで英数・かな変換の切り替えを行うことができます。これにより、むしろ日本語キーボードよりも簡単に切り替えできます。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

まとめ

先日紹介のTeclast F6もそうですが、Teclast / Jumperと中国新興メーカーのなかでも元気な2社による、まさかのApollo Lake機の新規リリース。しかも、同メーカー内での他製品とスペックは競合するため(Jumper EZBook X3は、派生モデルではないノーマルのEZBook 3。Teclast F6はF7と競合)、13.3インチノートをお探しなら、競合他製品との価格との見合いしだいで(セール期間中かいなか)、Jumper EZBook 3の購入も大いにありとの認識です

Apollo LakeのなかでもエントリーなN3350を搭載することから、当初は魅力薄に感じていたX3ですが、M.2 SSDを増設可能であることにより、また、そのシックな外観により、魅力度が増したように感じるX3。以下のとおり、213.99ドルであることを踏まえるとコスパも高そうです。

 

▼2019年4月26日現在のAliEpressの最安価格は送料無料の213.99ドル(同日のAliExpress 為替レート換算では 24,260円)。

Jumper EZBook X3 (AliExpress)

 

▼Amazonでも販売されていますが、2019年4月26日現在では 25,080円。AliExpresssとそれほど変わらないのですが、Amazonでのレビューコメントはサクラと思われ、妙な日本語が多くなっています。

コメント

スポンサーリンク

Chuwi AeroBook

クラウドファンディングで出資を募っていたChuwi AeroBookがついにリリース。Core m3、メモリ 8GB搭載の13.3インチノート。LapBook SEと同一製造元の製品です。


AliExpress, Chwui AeroBook

▼個別記事はこちら
待望のChuwi AeroBook、スリムなCore m3搭載機が正式販売に。魅力の4万円台でセール中