日本語キーボードでも使えた、かな・英数をAltキーで切り替えるalt-ime-ahk

私はWindowsで英語キーボードを使用することが多いのですが、デフォルト設定で困るのが「英数・かな変換」。そこで、Altキーの空打ちで英数・かな変換が可能なソフト「alt-ime-ahk」を利用してみると快適に英数・かな変換ができ、複数あるPCで欠かせないソフトとなっています。

先日、この「alt-ime-ahk」を日本語キーボードで試してみると、同様にしっかりと機能しました。以前、英語キーボードでの同ソフトの使用を紹介済ですが、日本語キーボードでの使用に合わせて再度の紹介です。

スポンサーリンク

日本語キーボードでも機能したalt-ime

前回の記事「英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境」と同様に、作者の方に敬意を表し、ソフトのダウンロード先・詳細は以下の作者さんの記事を参照くださいませ。

 

WindowsのAlt空打ちで日本語入力(IME)を切り替えるツールを作った

 

作者さんの記事では日本語キーボードでも利用可能との記載はないのですが、私が試した2つのキーボードで機能したため、特に問題はないもの(英語・日本語キーボードともにデフォルトでのaltキーへの機能割当は同じであるため、alt-imeは普通に機能するものと思われます)。

なお、先の記事の再掲ですが、以下のみの簡単設定で快適な入力環境となります。

  • 作者さんサイト経由で、alt-ime-ahk.exeファイルをダウンロードしインストール。
  • alt-ime-ahk.exeは常駐するため、オンオフを意識する必要はありません。
  • Windows起動時から機能させるには、スタートアップに登録することで対応できます。

 

スタートアップへの登録方法については、以下の記事を参照ください。

Win 10 スタートアップに任意のアプリを登録する手順。Win 10起動時のアプリ自動起動もバッチリ
Windowsパソコンにアプリをインストールする際に、「スタートアップへの登録」を促してくることがありますが、例えばOneDriveがスタートアップに登録されていると、Windows起動時にファイルの同期が始まり便利なものです。 ...

 

▼こちらは英語キーボード。左Altの空打ちで「英数」、右Altで「かな」と瞬時に切替可能。

 

▼日本語キーボードでは、Altキーの扱いは英語キーボードと同じですが、後段の無変換・変換キーを「英数・かな変換」に割り当てることにより、「英数」は右2つのキー、「かな」は右3つのキーで切り替えできることとなりました。

なお、キーボードによっては右のAltキーがないものもあります。

 

▼「無変換」「変換」キーの割当の変更について。

「IMEの設定」「詳細設定」「全般タブ」「簡単操作、ユーザ定義、変更」の以下の画面にて、「無変換」をIMEオフに、「変換」をIMEオンにする。

 

これにより、日本語キーボードの「英数・かな変換」は、スペースキー左右の複数キーにより切替可能となったため、まず変換キーを押し間違えることはありません。

 

コメント