iPhone XS Maxは大きくない。Android 6インチと実機比較で確認したサイズ感

Y!mobileからソフトバンクにMNPし、本日受領したばかりのiPhone XS Max。ネットにてiPhone XS Maxのサイズ感が頻繁に取り上げられるいるとおり、気になるのはその大きさ。そこで、手持ちの6インチのAndroidスマホ 2製品とそのサイズを比較してみました。

結果、アスペクト比 18:9の6インチ AndroidスマホとiPhone XS Maxはほぼ同サイズ。6インチの縦長ディスプレイのAndroidスマホを使用している方なら、iPhone XS Maxは何の違和感もなく使用できることでしょう。

スポンサーリンク

比較対象機種とスペック上のサイズ

iPhone XS Maxとサイズを比較したAndorid スマホは以下の2製品。いづれも中国メーカーのスマホです。

 

▼中国メーカーのなかでは特に安定度抜群のXiaomiの製品である Redmi 5 Plus。6インチ、アスペクト比 18:9の縦長ディスプレイ

Xiaomi Redmi 5 Plus メイン端末として2カ月使用後の再レビュー。169.99ドルの販売情報も
2018年4月半ばに、メインスマホとしてXiaomi Redmi 5 Plusの利用を始めて2カ月半が経過しました。レスポンス、カメラなどの機能の使い勝手も含め、特段の不都合もなく快適に使用しています。今回はあらためて、Xiaomi...

▼現在は流通量が減っているのですが、Helio P25搭載のMAZE Alpha。縦長ではなく通常アスペクト比の6インチスマホ

MAZE Alphaの常用レビュー、サクサクなレスポンスと視認性よく鮮やかな液晶でメイン利用も十分可能
6インチクラスのAndroidスマホは縦長ディスプレイが多くなっていますが、視認性の良さでは通常のアスペクト比のスマホも魅力的。この範疇のスマホでは、先日 MAZE Alphaをお借りしレビューしたのですが、さらにじっくりと操作して...

 

では比較対象機のスペック上のサイズです。参考情報として、Huawei Mate 10 liteも掲載しています。

▲比較してみると、iPhone XS Maxのサイズ感はAndroidの6インチ 縦長ディスプレイ機とほぼ同じことがわかります。

Androidの6インチ 縦長ディスプレイ機は、5.5インチの通常アスペクト比を持つ端末と横幅はほぼ同じであるため、iPhone XS Maxと言えども、Androidの5.5インチクラスの横幅となります。

また、以降の写真では掲載していませんが、家族所有のiPhone 7 Plusとの比較でも、iPhone XS MaxとiPhone 7 Plusはほぼ同じサイズ感です。

写真でみるAndroid 6インチ端末とのサイズ比較

では、上記3製品の実機写真での比較です。

 

▲左より、MAZE Alpha、Xiaomi Redmi 5 Plus、iPhone XS Max。6インチ 縦長ディスプレイのXiaomi Redmi 5 Plusは、iPhone Xs Maxとほぼ同サイズであることを感じ取れるかと思います

 

▲よりわかりやすいよう、私が映り込まない程度にやや上方から。縦のサイズは3製品ともほぼ同じ。なお、MAZE Alpha、Xiaomi Redmi 5 Plusの背面処理も質感は高いのですが(前者はガラス製、後者はアルミ製)、やはり質感のよさと指紋のつきにくさではiPhone Xs Maxがリード。

 

▲重ねて撮影。スペック上ではMAZE Alphaの縦幅がやや大きめですが、重ねてみると3製品とも誤差の範囲でほぼ同じ。

 

▲縦のサイズ感がわかりやすいよう、位置をずらしての撮影。コメントしようがないほどに、縦のサイズは誤差の範囲で同じ。

 

▲横幅比較。iPhone XS MaxとRedme 5 Plus(中央)のスペック上の差は約2mm(iPhone XS Maxが大きい)ですが、手にした感覚では同じサイズ感です

 

▲Yahoo Japanのトップページを表示。中央のRedmi 5 PlusとiPhone Xs Maxでは、サイズはほぼ同じながらも縦の表示領域が異なっています。この縦の表示領域の差が、6インチ vs 6.5インチの相違。

なお、左2つのAndroidでは、フォントサイズを大きくしているために、Yahooサイトの記事タイトルが太く大きくなっています。

さて今回の記事の主旨からずれのですが、同じ6インチ超のディスプレイサイズでも認性などの相違は以下です。

 

  • 今回比較したAndoridの2製品ともにFHDのディスプレイは十分に鮮やかで視認性はよい。
  • がしかし、やはり映像・テキストともに鮮やかさではiPhone Xs Maxが、一目でわかるほどに優位。
  • 映像のメリハリ、コントラスト、ナチュラルな色合いともに、さすがにiPhone Xs Max。Apple公式にある「iPhone XSのOLEDパネルは、HDRディスプレイに業界で最も正確な色、真の黒、驚くような輝度とコントラストをもたらします」との表現も納得の綺麗さです。

 

まとめ

本日受領したばかりのiPhone XS Maxのサイズを、6インチの通常アスペクト比・18:9のアスペクト比のAndroid スマホ2製品を比較してみました。

結果、iPhone XS Maxのサイズは、18:9のアスペクト比の6インチ Androidスマホとほぼ同じ大きさ。iPhone XS Maxは、その表示領域が縦に長いことのみとなります。これなら、6インチの縦長ディスプレイのAndroidスマホをお使いの方なら、iPhone XS Maxに乗り換えても何の違和感もありません。

 

▼私はこちらの「おとくケータイ.net」経由でY!mobileからソフトバンクにMNPしました。私の事例(iPhone XS Max 256GB)でのキャッシュバックは43,200円。iPhone XS / XS Maxへの機種変を検討中なら問い合わせてみる価値ありです。

おとくケータイ.netお問い合わせフォーム

Y!mobileからソフトバンクへのMNP完了。iPhone Xs Max、ギガモン50GBでの運用が月額4,738円に
Y!mobileをメイン、UQ mobileをサブのSIMとして昨年の夏から運用していましたが、Y!mobileのワンキュッパ割も解消となったことによりMNPを検討。そして、昨日、ソフトバンク・iPhone Xs MaxでのMNPを...

 

▼iPhone Xs Maxの購入に合わせ注文したガラスフィルム。3枚セット・TPUケースもセットでこの価格はお買い得

iPhone Xs Max、ガラスフィルム3枚とTPUケースも付属し899円。品質・機能性も十分な製品のレビュー
iPhone Xs Maxへの機種変にあわせて、取り急ぎAmazonで899円で購入したガラスフィルムがコスパが高くよい感じ。ガラスフィルム3枚に取付のガイド枠、TPUケースまで付いて899円とは恐るべし。これまでAndroidをメ...

 

コメント