iPhone 12 Pro Max vs XS Max、実機 ベンチマークスコアと体感レスポンスの比較。劇的な向上ではないが、より快適に

iPhone XS Maxから機種変更した iPhon 12 Pro Max。機種変更した背景としては、XS Maxのバッテリーのヘタりと、ソフトバンクの月額料金が大きく変わらないこと、ソフトバンク内でも機種変更でもキャッシュバックがあったこと(以下の記事で記載のWebサイト経由の機種変更にて)ですが、さすがに2世代前のXS Maxと比較するとサクサクと動作します。今回は、iPhone 12 Pro MaxとXS Maxとのベンチマークスコア、体感レスポンスの相違について記載します。

関連記事

ソフトバンク iPhone 12 Pro Maxへの機種変、CB有の手続き完了。Web経由での照会・契約の経緯を概説

スポンサーリンク

iPhone 12 Pro Max vs XS Max、 ベンチマークスコアの比較

私はAndroidのベンチマークと異なり、iPhoneのベンチマークは感覚がつかめないのですが、以下の画像のとおり、CPU、メモリなどの全項目において、iPhone 12 Pro Maxが大きく上回っています。

 

▼AnTuTu ベンチマーク v8のスコア。

iPhone XS Max (iOS 14.2.1)のスコア 464,031に対し、iPhone 12 Pro Max (iOS 14.2)スコアは 656,606。2世代前のiPhoneとの比較のために当然となるものの、約20万スコアもの差は強烈です。

 

▼Geekbench 5のCPU ベンチマークのスコア。

Single-Coreよりも Multi-Coreの差が大きくなっています。

 

▼Geekbench 5 アプリに掲載のランキングでは、Single-CoreではトップのiPhone 12 Pro Maxですが、GPU系のMilte-Coreでは iPad Proにやや及ばず。

 

▼私の行動範囲(通勤時の千葉から都内渋谷区)での、ソフトバンク 5G対応地域はごく狭いもの。以下は電波が強くない自宅近辺(千葉市内)での iPhone 12 Pro Max 4Gの速度。69Mbpsと一般的には十分。

iPhone 12 Pro Max、XS Maxとの体感レスポンスの相違

Android スマホのミドルクラス以上と比較すると、iPhone 12 Pro Maxにおいても劇的な速さは感じないのですが、それでも iPhone XS Maxと比較すると快適です。その快適さの具体事項は以下です。

  • Xiaomi Redmi Note 8 Pro、実機ベンチマークと体感レスポンス。アプリ起動は iPhone XS Maxより速く快適に動作」に記載のとおり、iPhone XS Maxでのアプリの起動は、約2万円のXiaomi Redmi Note 8 Proよりも遅い事例が多かったのですが、iPhone 12 Pro Maxでは Note 8 Proとほぼ同じレスポンス。
  • アプリの切替、アプリ内の画面遷移などの様々な状況で、12 Pro Maxは XS Maxよりも 機敏であることを体感できます。
  • ホーム画面やAppライブラリの動きも、12 Pro Maxはよりスムーズで快適。僅かな速度の積み重ねで効果が大きく表れるイメージ。
  • WordPressアプリにおいて、XS Maxではフリーズ・モッサリすることが多かったのですが、12 Pro Maxでは普通に動作します。
  • 私が使用するアプリのなかでは負荷の大きいFXアプリも 12 Pro Maxは軽やかに動作し、レートの反映の間隔もより高速に。
  • Face IDは、XS Maxと同様に速く、画面オフからの復帰時には顔認識しているのか否かもわからないほど。

まとめ

私がiPhone XS MaxからiPhone 12 Pro Maxに機種変更した主な背景は、XS Maxのバッテリーのヘタり対応、12 Pro Maxのカメラに期待してのこと。体感レスポンスは、それほど重視していなかったのですが、短時間操作したなかでも感じる向上があります。体感レスポンスの向上目当てに機種変更するほどに劇的な変化ではありませんが、確実に快適になっています。

関連記事

iPhone 12 Pro Max用、厚み 0.5mm、約20gの薄型軽量ケースの外観と使用感

iPhone 12 Pro Max ガラスフィルムのレビュー、程よいサイズで周囲の浮きやケース装着時の剥がれもなし

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました