iPad mini 3をiOS 12に更新するも、ジェスチャー機能に違和感が。iPad mini 3もそろそろ限界か

9月18日に配信となったiOS 12ですが、iPhone 6をiOS 11からアップデートし、そのレスポンスが少なからずよくなっていたために、迷わずiPad mini 3もiOS 12に更新しました。がしかし、そのジェスチャー機能に何とも微妙な違和感があります。レスポンスは大きく変わるものではないのですが、私が感じるiPad mini・iOS 12の違和感について記載します。

 

関連記事

iPhone 6をiOS 12に更新、レスポンスを体感・ベンチマークで確認してみた

スポンサーリンク

iPad mini 3をiOS 12にアップデート

▼iPad mini 3での、iOS 11.4からiOS 12へのアップデートファイルの容量は1.31GB。iPhone 6が1.37GBでしたので、ほぼ同じと言ってよいでしょう。

 

Apple公式に、iOS 12のレスポンスにかかわる記載として以下があります。「旧モデルに至るまで、より良いパフォーマンスを発揮できるように細部まで改良」とあり、iPhone 6では全般的になめらかになったような感覚ですが、iPad mini 3では微妙なところ。レスポンスがわるくなってはいないのですが、iOS 11.4と同様との認識です。

  • 旧モデルに至るまで、より良いパフォーマンスを発揮できるように細部まで改良。
  • iOSデバイスの性能を限界まで引き出している時でも、最大2倍の速さでアプリケーションを起動できます。
  • アプリケーション上でスクロールすると、より流れるような、より反応の良い体験ができます。

 

▲▼参考までにGeekbench 4のiPad mini 3・iOS 12のベンチマークスコアです。順当に下のiPhone 6・iOS 12のスコアが上回っています。

違和感のある画面構成・操作

以下のGIZMODOでは、iPad・iOS 12でのジェスチャーコントロールを絶賛しているのですが、iPad mini 3においては、私は逆の見解。非力なiPad mini 3を使用している影響も大きいと思いますが、「反応がよくない」「コントロールセンターも画面が小さくなり(?)見にくい」ようなイメージです。

 

iOS 12で、iPadが流れるように動く。iPhone Xと同じジェスチャーコントロール搭載

 

▲こちらは、iPad mini 3・iOS 12でのコントロールセンター(画像上)とAPP スイッチャー(画像下)。ここでの微妙な操作感などは以下です。先に掲載のGIZMODOには簡易的な操作動画もアップされていますが、これとは全く異なる動きでスムーズさを感じないものとなっています。

 

  • コントロールセンターは右上からスワイプダウンとなったのですが、反応がやや鈍く、1回の操作でコントロールセンターが出ないことも多くあります。ただし、非力なiPad mini 3あるいは安物の保護フィルムをつけている影響もあるかもしれません。
  • コントロールセンターは、iOS 11と比較すると小さめ。スペースがかなりあるため、もう少し大きいと操作性がよくなると思うのですが。
  • APP スイッチャーの呼び出しはほどほどに反応します。呼び出した後のスライドは従来どおり心地よいです。
  • 画面下をスライドで「アプリをスイッチ」については、ほぼ反応せず。稀に反応することもある程度。

 

▼こちらは、iOS 11.4からアップデートしていいないiPadのコントロールセンターとAPP スイッチャー。スペースの有効利用と利便性では、このスタイルがよいと思うのですが。

まとめ

全般的なレスポンスはさておき、コントロールセンター・APP スイッチャーの操作感とレイアウトでは疑問に思ってしまう、iPad mini 3とiOS 12の組み合わせ。非力なiPad mini 3のアップデートがそろそろ限界なのか、あるいはiOS 12自体の問題なのか、私の場合、iPad 2017のiOS 12へのアップデートはしばし見送りです。

 

コメント