iOS 13へ更新後にiPhoneのワイヤレス充電が不可能になるも、ACアダプターの変更で解決

各所のレビューなどを参照することなく、速攻でiPhone XS MaxのOSをiOS 13に更新した私ですが、それまで使用できていたワイヤレス充電が使えなくなる状況となりました。結果的には、ACアダプターを機器に付属していた物以外で充電できたために、大きな問題にならずに済んだのですが、参考までに今回の事例と対応したことについて記載します。

関連記事

iPhone XS MaxをiOS 13に更新、ダークモードとショートカットの使用感。ルート検索のショートカット化などで利便性向上

スポンサーリンク

iOS 13へ更新後にワイヤレス充電が使用できない状況

このような状況になった背景はつかめていないのですが、iOS 12では何の問題もなく充電できていた以下のワイヤレス充電が、iOS 13に更新直後に使用できない状況となりました。

ワイヤレス充電器 NANAMI Quick Charge 2.0,iPhone XS Maxでの使用感
iPhone XS Max用に購入したワイヤレス充電器「NANAMI Quick Charge 2.0」。これまワイヤレス充電器には全く興味がなかった私ですが、使用してみると想像以上に便利です。今回は製品の性質上、短いコメントとなり...

 

具体的に充電できない状況とは以下となります。

  • 1,2秒で充電と放電を繰り返す状況。iOS 12ではしっかりと充電できていたのですが、iOS 13では一晩置いても充電できていない。
  • ケースの問題かと思いきや、ケースを外しても充電できず。
  • ケーブルをAmazonで評価の高い、以下の物に替えても状況は変わらず。
  • この状況は、使用していたワイヤレス充電器に限らず、安物のケーブルでも同様(下記以外の物)に、これまで充電できていたものが、充電できなくなる現象あり。ちなみにACアダプターは高出力可能なもの。

 

ACアダプターの変更で充電可能に

ワイヤレス充電については、ワイヤレス充電に付属していた上の画像のACアダプターを別の製品(Apple純正ではなく、中国製のAndroidタブレットに付属していたACアダプターに変更したところ、無事に充電可能となり安定動作しています。

原因・背景の深追いはしていませんが、iOS 13となり、Apple純正以外のACアダプターやケーブル以外の使用においては、電流や電圧など、よりシビアな選択・取り扱いが要求されているのかもしれません。

我が家では、家族3人ともにiPhone XS Maxを利用し、私以外はこれまでもiPhoneを使用しており、純正のケーブルやアダプターは多数あるはずなのですが、整理整頓が苦手な息子のこと、ケーブル・アダプターの多くが行方不明になっており、収拾つかいないことになっています。

今回の充電問題は私固有のことではないかと思いますので、家族に対しては「iOS 13への更新は保留とすべし」と進言しますが、一般的には純正のACアダプターとケーブルを利用している限りは問題になるものではありません。

なお、私の場合、今回のiPhoneの充電においては、ワイヤレス充電のみならず、ケーブル利用でも従来は充電できていたものが不可になる現象もあります。iPhoneに限ったことではないのですが、このような場合には「入力電圧や出力電流が変化しても常に一定の電圧を出力する、電圧レギュレータが有効かと。

電圧レギュレータをオンラインで購入する場合はアールエスコンポーネンツが便利です。規格ごとに検索ソートがかけられ商品選択がしやすく、業者価格での部品購入が可能です

 

▼こちらのAnker PowerPor 6 Liteでも、上記のワイヤレス充電が安定動作することを確認済です。

6ポートUSB急速充電器が2,099円、Anker PowerPort 6 Lite レビュー
スマホ・タブレットと数えたくないほどの端末が転がっている私の部屋。その端末数に応じて電源アダプタがあり、また、複数台を併用しているために、私の部屋の電源アダプタは究極のタコ足配線状態。 見た目もかなり汚いもののため、Anker...

 

コメント