iOS 13でサクサク動作の文字入力も、ブログ記事編集では不便な事例。範囲やカーソル移動で想定外の状況に

iOS 13となり、文字入力が便利になったとの評価が多くなっています。ところが、iPhoneを利用し、ブログ記事編集を行う私としては逆に不便な面もあります。

今回は私がiOS 13の文字入力で不便さを感じる事例を記載します。iPhoneでブログ記事編集を行う方は、iOS 13へのアップデートはしばらく様子見がよいとの判断です。

関連記事

iPhone XS MaxをiOS 13に更新、ダークモードとショートカットの使用感。ルート検索のショートカット化などで利便性向上

スポンサーリンク

不便になった文字入力の事例

iOS 12以前の文字入力時における範囲選択やカーソルの移動と比較すると、iOS 13では確かにサクサク、ヌルヌルと操作できるようになっています。私のブログはWordPressを利用しているのですが、iPhoneでブログ記事編集をする場合、これらの便利な機能が逆に災いし、余計な手間のかかる作業となっています。その事例は以下。

 

▲iOS 13に更新したiPhone XS Maxでの、WordPressの編集画面。iOS 13での範囲指定における不便な事例は以下。

  • 範囲選択やカーソルの移動は、iOS 12以前と比較すると短時間で的確に行うことができ、便利になっています。
  • ただし、左の画像で選択した範囲において、編集画面を上下にスクロールすると、範囲指定の位置(指定の面積)はそのままに、選択した文字は移動となってしまいます。これにより、右の画像のとおり、範囲指定していない箇所が指定されている状態です。
  • この状態のまま、マーカーでの強調や段落付与を行うと、全く意図しないことになり、再度やり直し、あるいはPC画面で編集を行うことに。

 

また、上記の状況は範囲指定のみならず、カーソル移動も同じ。上下のスクロールにより、以下の編集などを行う場合に不都合が生じます。

  • 他記事へのリンクや画像を挿入する場合にも同様。「リンク挿入」「画像挿入」のコマンドは、上方にあるためスクロール必須となるのですが、編集画面がスクロールしないように行わない限りは、カーソルも移動となるために妙な位置でリンク・画像が挿入されることになる。

 

▼WordPressのコマンドメニュー。

「メディアを追加(画像挿入)」、「見出し(段落付与)」、「リンク挿入」などのコマンドは上方にあるため、記事編集において画面スクロールは必須。上下スクロールに伴い、挿入場所のカーソルも移動するため、かなりの確率で想定外の箇所に画像やリンクが挿入されることになります。これは不便極まりない。

まとめ

iOS 13にて便利になったと評価される文字入力。サクサク・ヌルヌルと動作する範囲指定やカーソル移動は、一般的には確かに便利になっています。ところが、通勤電車内でブログ記事編集をiPhoneを利用して行う私としては、この範囲指定やカーソルがスクロールとともに異なる文字や範囲に移動してしまうことにより、不便な状況になっています。このため、ブログ記事編集にiPhoneを多用している方は、iOS 13への更新は様子見がよいとの判断です。

 

▼iOS 13の関連記事はこちら。

iPhone XS MaxをiOS 13に更新、ダークモードとショートカットの使用感。ルート検索のショートカット化などで利便性向上
メインスマホのiPhone XS MaxをiOS 13に更新し、ダークモード、ショートカットなどの機能の一部を試してみましたので、その使用感などをごく簡単に記載します。私はソフトバンクを利用しているのですが、現在のところ、回線やバッ...
iOS 13へ更新後にiPhoneのワイヤレス充電が不可能になるも、ACアダプターの変更で解決
各所のレビューなどを参照することなく、速攻でiPhone XS MaxのOSをiOS 13に更新した私ですが、それまで使用できていたワイヤレス充電が使えなくなる状況となりました。結果的には、ACアダプターを機器に付属していた物以外で...

 

コメント