iOS 11.4のバッテリー消費は?スリープ3日間のバッテリー消費を確認してみた

2018年5月30日にリリースされたiOS 11.4。バージョンアップされると、まずWebサイトの検索上位にあがってくるのがバッテリー消費。このiOS 11.4でも検索トップには「バッテリーの異常消費」がヒットするのですが、私がiPhone 6を約3日間、スリープ状態のまま放置した結果では、特に異常は感じず。今回はiOS 11.4にアップデートしたiPhone 6のスリープ状態でのバッテリー消費の計測結果の報告です。

スポンサーリンク

計測の前提

まずは計測の前提となるiPhone 6の諸設定です。

 

▼iOS 11.4にアップデートしたiPhone 6。レスポンス悪化などは特に感じず。

 

計測の前提となる主だった条件は以下です。

  • LTE(UQ mobile)、Wi-Fiともにオン
  • Handoffはオン
  • Appのバックグラウンド更新はオフ
  • バッテリーの状態・最大容量は82%
  • Bluetoothはオフ
  • 各種通知は可能な限りオフ

 

古い記事ですが、条件としては以下の記事に記載の事項とほぼ同じです。

iOS10にてバッテリー消費の悪化、改善のために確認した各種設定
先般の記事「iPhone5・iOS 10は、まだまだ現役。iOS 9からレスポンスの悪化はなし 」のとおり、iPhone5そしてiPhone6をiOS10にアップデートしました。レスポンスの悪化はないものの、しばらく運用していて感じ...

 

▼Handoffはオンにしたまま計測。iOS 11.4でのバッテリー消費が異常と感じている方のなかには、このHandoffも影響か?とするコメントもありますが、真偽のほどは未確認。ただし、後述のとおり、全般的にバッテリー消費悪化は感じないため、少なくともスリープ時への影響はない模様。

 

▼Appのバックグラウンド更新は、バッテリー消費とLTE通信の双方に影響するため、私は常にオフにしています。

 

▼「バッテリーの状態」にある最大容量は82%、「標準のピークパフォーマンスに対応」と、バッテリーの大きな劣化はありません。

 

計測結果

バッテリー消費の確認用にスクショを撮る際以外はiPhone 6を放置し、「最後のフル充電後の経過時間」と「バッテリー残量」を確認してみました。

 

▲▼上のバッテリー消費と使用・スタンバイ時間を表にしたのが以下。

ここでは最も時間の長い使用率を適用し、1時間当たり0.6%とします。これがどれほどのものか、過去の計測値と比較すると以下となります(いづれも、今回使用のiPhone 6での計測です)。

私の結論としては、iOS 11.4に更新してもスリープ時の悪化はなし。対iOS 11(iOS 10から更新直後)との比較では誤差の範囲でやや悪化。対iOS 10.3との比較では、こちらも誤差の範囲で改善。

計測時間の相違もあり、この程度のブレは誤差程度で、スリープ時のバッテリー消費の悪化はないと言い切ってよいでしょう。

 

以上、iPhone 6 / iOS 11.4のスリープ時における簡易的なバッテリー消費の報告です。

 

コメント