M1 iMacの発売で期待したい、旧型 iMac 中古相場の下落。5月の価格と活用事例

4月にリリーズされた M1チップのiMac。レスポンス、刷新されたデザインと7色展開のポップなカラー、Touch IDを装備したMagic Keyboardなどの見どころ満載。一方、私が注目しているのが、旧モデルのiMacの中古価格の動向。13.3インチのM1 MacBook Air / Proが発売されて以降、インテル MacBookの中古価格の値下がりが大きいように感じます。このため、旧モデルのiMacの中古価格相場の下落にも期待。

スポンサーリンク

インテル iMac 中古価格の値下がりに期待

2017年12月と古い話ですが、起動しない(たまに起動することもある)MacBook Air 11 Mid 2011を購入し、ヒートガンでのリフロー・マザーボードの交換と、4万円弱と費用と多くの時間を費やした私。

私がジャンクなMacBook Air 11の購入時から年数が経過したこともありますが、M1 MacBookの販売以降、特に 13インチ・15インチのMacBookの中古相場が大きく下落し、MacBook Air 13.3インチの2011 / 2012年モデルは、フリマで1万円台後半で販売の事例もあります。

以下のMacBook Pro 15 Retina Late 2013は、フリマにて2万円台後半で購入したものですが、大きな傷もなく、バッテリー・ディスプレイともに良好。記事の編集程度のライトユースでは、M1 MacBook Airと遜色なく快適に動作します。このため、M1 MacBook Airと概ね同じ時間、MacBook Pro 15を使用しています。

MacBook Pro 15 Retina Late 2013、今更ながらの実機レビュー。第8世代 Core i3水準の体感と鮮やかな液晶で、まだまだ現役続行
M1 MacBook Airを購入し、明るくて鮮やかな画面と快適なレスポンスには十分に満足している私ですが、13.3インチの画面では在宅勤務などでは やや辛い。そこで、M1 Macの発売により、値崩れしている15.4インチのMacB...

 

インテル iMacの中古価格も 今後 短期間で下落するのは間違いないとみており、年式の古い安価な iMacは特に SSD換装などのお遊び端末、ライトユースのサブ端末として面白そうです。

中古 iMac、フリマでの価格事例(5/8現在)

この1ヶ月ほど、ヤフオク・メルカリ・PayPay フリマ・ラクマにて、中古 iMacの価格をウォッチしていました。かなり割安感のある 2011年以前の製品のうち、私が「いいね」に登録しているものを、相場の事例として記載します。古い年式のため、Core 2 Duoを搭載する製品もありますが、HDDからSSDに換装すると(ややハードルは高いですが)、Webサイトの参照メインなら何とかなります。

Mid 2011 21.5インチ、メモリ 20GB搭載で2万円

2.5GHzのCore i5、メモリは20GBと大容量、HDD 1TB、High Sierraを搭載で2万円(メルカリ)。5月8日時点では売れずに残っているため、割安さに乏しいかもしれませんが、メモリ 20GBは魅力的。ディスプレイの大きな傷もありません。

スペック的には以下で掲載の、Hackintoshにより High Sierraを導入した ThinkPad T420sと同程度。Webサイト閲覧や画像編集程度なら、それほど遅さを感じません。HDD 1TBをSSD 256GBあたりに換装すると、格安で現在のGemini Lake N4100程度のマシンの出来上がり。

ThinkPad T420sのHackintosh、macOSとWin 10のデュアル化完了。7列キーボードの快適環境で X220のMac化よりも安定動作
2021年1月に、HackintoshによるmacOSの導入を目的として、中古のLenovo ThinkPad T420s(2011年製)を購入しました。しばらく、Windows 10で使用、そしてHackintoshの試行錯誤の後...

Mid 2010 27インチ、メモリ 12GB搭載で2万円台半ば

インテル iMac 27インチ 直近版の5K 解像度と比較すると さすがに貧相ですが、2.5K 解像度ですので、現在 私が利用している 24インチのFHDよりも高解像度。

高解像度を活かすべく、ターゲットディスプレイモードにより、iMacを外部ディスプレイ化し、有効利用したいもの。以下の動画では、M1 MacBook Airのクラムシェルモードでも利用可能とあります。大きく重たい Mid 2010 27インチのiMacですが、このターゲットディスプレイモードの活用が、私が旧 iMacを物色している最大の理由。ただし、ターゲットディスプレイモードが利用できる iMacは、27インチ Late 2009、27インチ Mid 2010、Mid 2011〜Mid 2014に限定され、macOSもHigh Sierra以前の製品となります。

 

話がターゲットディスプレイモードになってしまいましたが、メルカリでの価格事例は、Core i3 3.2GHz、メモリ 12GB、HDD 1TB、Sierra搭載で 26,600円(付属品なし、小傷あり)。

Mid 2010 27インチ ジャンク品、1万円前後

2021年5月14日現在、ヤフオクでは、27インチのLate 2009、Mid 2010、あるいは2011モデルのジャンク品が1万円前後で多数販売されています(送料別、別途 消費税加算)。

ジャンクと言っても、電源が入らないなどの致命的なものではなく、ディスプレイに黄ばみあり、ガラスに埃混入・曇りあり、本体に小傷・スタンドに僅かな歪みありなどの、私としてはジャンクの程度の軽いもの。

うち、私は以下の製品を送料・消費税の合計で約13,000円で落札、5/14現在 受領待ちです。

  • 27インチ Mid 2010、メモリ 12GB。HDD 1TBだがエラーあり(SSDに換装するので影響なし)
  • ケーブル、Apple ワイヤレスキーボード付き。
  • ディスプレイに黄ばみあり(程度は不明)、ガラスに埃混入・曇りあり

2009モデル 24インチ、メモリ 6GB搭載で約1万円

こちらは、Core  2 Duo 3.06GHzと特に非力ですが、メモリ 6GB、HDD 1TB搭載で 9,560円。DVD再生端末、Webサイト閲覧の専用端末としての利用などに限定したほうが無難。初めてのMacの場合には、そのレスポンスにがっかりする可能性もあるため、Macのお試し版との位置付けです。

まとめ

M1チップのiMacがリリースとなり、今後の中古価格相場の下落に期待のインテル iMac。私としては、M1 MacBook Airのターゲットディスプレイモードでの利用に興味津々。また、できる・できないと様々な見解がありますが、Thunderbolt、あるいはMini DisplayPortを持つ Windows 10 PCとの接続も、今更ながらに確認したいものです。

 

▼こちらは M1 iMacの詳細情報。

M1チップのiMac、4.5Kパネル、Touch ID付キーボードなど、M1 MacBookユーザーから見ても魅力満載の逸品
Appleより発表された M1チップを搭載する「iMac」。そのレスポンスは、M1 MacBook Air / ProとMac miniで立証済ですが、デザインも刷新されています。7種類のポップなカラーに、24インチ 4.5K 解像度の...
M1 Mac
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

タイトルとURLをコピーしました