iMac 21.5 4K Late 2015、実機のベンチマークスコア。Core i5- 8279U相当となり、2022年現在でも まだまだ現役

フリマで購入した中古の「iMac Retina 4K  21.5インチ  Late 2015」の、今さらながらのベンチマークスコアを掲載します。この機種(4K モデル)の中古漏れなくとも言える 液晶の四辺に赤みを帯びており、また、私の個体では下の左右に曇りが生じていることもあり、安価で購入できました。

ベンチマークスコア・体感レスポンスも良好、液晶の使い方も赤みを帯びている箇所を避ければ 4K 解像度の恩恵を活かせるため、私としては この先 まだまだ使用できそうです。

スポンサーリンク

実機のシステム情報

標準装備の1TB HDDの遅さに耐えかねて 外付けSSDからの起動としています。外付けSSDからの起動と液晶の赤みについては以下の記事を参照ください。

iMac 21.5 4K モデル、実機液晶の赤みの程度と、赤みを避けた表示範囲での使用例
iMac 21.5インチ Retina 4K Late 2015の中古を購入しました。液晶の経年劣化により、四辺に赤みを帯びている中古が多く(2015モデルはほぼ例外なくとも言える)、私は赤みを承知のうえで格安で購入したのですが、上...
iMacの遅いHDDを外付けSSD起動に変更し高速化。高速化の手順とベンチ・体感レスポンスの比較
中古のiMac 2015 4Kモデルを購入し、1TB HDDの遅さを覚悟していたのですが、アプリの起動などが想像以上の遅さで耐えきれず。近々にディスプレイを外し、HDDからSSDに交換する予定でしたが、HDDがあまりにも遅いため、緊...

 

▼「このMacについて」のシステムの概要より。メモリ 8GB、GPUは Intel Iris Pro Graphics 6200、macOSは中古で購入時から macOS Montereyでした。

 

▼ディスプレイはRetina 4K(解像度 4096 x 2304)

 

▼起動ドライブとして使用の外付けSSDと内蔵HDDの情報です。内蔵HDDにも macOSをインストールしたままです。

 

▼こちらはGeekbench 5の情報ですが、CPUは第5世代 BroadwellのCore i5-5675R、4コア 4スレッドです。

iMac Retina 4K 21.5 Late 2015のベンチマークスコア

上記の実機システム情報も含め、今更ながらのベンチマークスコアの掲載となるため、あっさりと記載します。なお、上の写真の右下にUSB接続のSSDケースがありますが、前述のとおり、USB接続の外付けSSDに macOSをインストールし使用しています。

 

▲▼Geekbench 5のCPU ベンチマークのスコアは「シングルコア 916、マルチコア 3113」。

実機レビューした インテル CPUを搭載するPCで近いスコアは、以下の第8世代 Core i5- 8279Uを搭載するPCです(シングルコア 946、マルチコア 3156)。体感としては、以下の製品に僅かに及ばずと言ったところですが、普段使いなら遅さを感じることはありません。

Beelink SEi 8 ミニPCの実機レビュー、Core i5- 8279Uを搭載しサクサク動作、大手ブランド RAM・SSDの安心感、特筆すべき静音性
Amazonや楽天市場などの国内通販においても販売している、ミニPCやTV Boxの老舗的なブランド「Beelink」。エントリークラスからハイエンドまで、多くのミニPCを揃えていますが、今回はCPUに インテル 第8世代のCore...

 

以下の記事に、これまで実機レビューしたPCなどのスコアを掲載していますが、シングルコアのスコアは、インテル 第7世代 Core i5-7300Uを搭載の「富士通 U937/R(レビュー記事は2つめのリンク先を参照)」も ほぼ同水準のスコアです。

PC 実機で計測、Geekbench CPU ベンチマークスコアの一覧、サクサクと動作するスコアの指標
これまで実機レビュー、あるいは紹介したWindows PC / Macのサイト内検索、私自身の参照用の位置づけとなりますが、私がPCのパフォーマンスを確認するうえで指標の一つとしている「Geekbench 5、CPU ベンチマークス...
LIFEBOOK U937/R Core i5-7300U版 実機レビュー、メモリ増設・PCIe SSDに換装で更に快適仕様に。中古ながらも液晶も綺麗
ヤフオクにてジャンクと明記のある「富士通 LIFEBOOK U937/R」を 13,500円で購入したのですが、これが良い意味で大当たり。CPUはCore i5-7300U、メモリ 4GB、SSD 128GB(OSなし)、ACアダプ...

 

▲▼こちらは「MacBook Pro 15インチ Retina Late 2013」のスコア。体感レスポンスとしては、今回のiMacが優位。

MacBook Pro 15 Retina Late 2013、今更ながらの実機レビュー。第8世代 Core i3水準の体感と鮮やかな液晶で、まだまだ現役続行
M1 MacBook Airを購入し、明るくて鮮やかな画面と快適なレスポンスには十分に満足している私ですが、13.3インチの画面では在宅勤務などでは やや辛い。そこで、M1 Macの発売により、値崩れしている15.4インチのMacB...

 

▼CINEBENCH R23のスコアの上位は新しめのCPUが占めていますが、シングルコアのスコアは よい位置です。

 

▼内蔵の1TB HDD、起動ドライブ化した USB接続のPCIe SSDのスコアです。数時間ほど HDDで運用していましたが、アプリの起動やブラウザのタブの切替など、何をするにも遅すぎ、速攻で 外付けSSDの運用に変更しました。速度の出ないPCIe SSDのため、スコア的にはSATA SSDよりも劣りますが、普段使いでは十分です。

体感レスポンス、使用感

今更ながらの詳細な実機レビューは後日としますが、短期間使用後の体感レスポンスと使用感を記載します。なお、液晶の課題ついては以下の記事に記載していますので、これらを除きます。

 

▼液晶の課題以外の使用感など

  • ベンチマークスコアの事前確認していなかったのですが、私の想定外に高いスコアです。
  • スコアとしては、インテル 第8世代のCore i5- 8279U相当となり、体感レスポンスも近いのですが、PCIe SSDのスコアの相違からか、Core i5- 8279Uよりも僅かにキビキビ感に欠けるように思います。
  • 私の普段使いとしての記事編集、画像編集、動画視聴ではサクサクと動く水準。
  • ファン音も静かで、小さく低い音がする程度。高負荷時も気になるほどではありません。
  • 年式から比較対象とするのはおかしいのですが、iMac 27インチ Mid 2010は ファン音もやかましく(経年劣化もありそうです)、ボディにかなりの熱を持つのですが、iMac 21.5 4K Late 2015の背面は 少し温もりを感じる程度。
  • ただし、ディスプレイは少なからず熱を帯びており、この熱が四辺の赤みにつながっているのでは、とも思えます。
  • 液晶の課題は上の記事を参照ですが、やはり4Kは鮮やかで、文字の滑らかさが際立ちます。四辺のみならず、全般的に赤みを帯びているようにも感じますが(Macを2台並べた場合)、私にとっては赤みよりも4Kの鮮やかさが優ります。

 

以上、詳細なレビュー記事は後日としますが、中古で購入の「iMac Retina 4K, 21.5インチ, Late 2015」のベンチマークスコアと、第一印象的な使用感でした。

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました