IIJmioへのMNPで Redmi Note 11が一括 980円、Xiaomi 11T Proが36,900円、iPhone SE 2nd 未使用品が17,900円のセール情報(5/31まで)

3月31日まで開催されていた IIJmioのスマホ一括 110円からのセールが、5月31日まで延長となっています(ギガプランMNP限定特価)。12ヶ月 1GB増量キャンペーンや、3月31日までは一括 税込 4,980円だった「Xiaomi Redmi Note 11」が 980円と値下がりし、「Xiaomi 11T」は一括 税込 25,950円、「Xiaomi 11T Pro」は一括 税込36,900円、iPhone SE 第2世代の未使用品が 一括 税込 17,900円など、セール期間延長に伴い パワーアップしています。

公式サイトはこちら

IIJmio キャンペーン会場

 

当初、期限は4月30日まででしたが、5月31日まで期間延長となっています。「Xiaomi Redmi Note 11」が 一括 980円、「Xiaomi 11T」は一括 税込 25,950円、iPhone SE 第2世代の未使用品が 一括 税込 17,900円の価格も据え置きです。さらに、「Xiaomi 11T Pro」は一括 税込36,900円として追加されています。

iPhone(未使用品、中古美品)

Android スマホをメイン利用の方のサブ回線や、安価な旧型のiPhoneを格安料金で運用したい方向けに、iPhoneも「ギガプランMNP限定特価」となっています。

事例としては、上の画像のとおり、iPhone SE(第2世代)の64GB・未使用品が、一括払 税込 17,900円と通常価格の半額以下です。私は会社で iPhone SE(第2世代)を使用していますが(会社で使用のため、App Store 経由の一般のアプリは利用できず)、現在 メイン利用のiPhone 12 Pro Maxと遜色なく キビキビと動作しています。

なお、iPhoneは「美品」と明記のない中古の場合にも、早期に売り切れとなることが多いことに留意ください。

iPhone SE 第2世代 実機レビュー、iPhone 6と変わらぬデザインも、12シリーズと遜色ない快適レスポンス
2020年4月に発表された、4.7インチで iPhone 11シリーズと同じA13 Bionicを搭載する「iPhone SE 第2世代」。先日 会社での業務用として配布されたのですが、2週間ほど利用しましたので使用感などを記載しま...

 

また、5月3日時点では在庫なしですが、以下の中古品の入荷も要ウォッチです。

  • iPhone 8 64GB 美品、「ギガプランMNP限定特価」一括払 税込 110円、次回入荷未定
  • iPhone SE(第2世代) 64GB 中古美品、「ギガプランMNP限定特価」一括払 税込 5,980円、次回入荷未定(完売ではないため、販売再開の可能性あり)

Android スマホ

 

Android スマホでは、Xiaomi / motorola / SHARP / OPPOなどが「ギガプランMNP限定特価」の対象となっていますが、私としては Xiaomi推し。上の画像は Xiaomiで絞り込んでいますが、Xiaomiの端末は以下がラインナップされています。

 

  • Redmi Note 11、Snapdragon 680、6.43インチ 有機ELパネル、50百万画素カメラ。一括 税込980円
  • Redmi Note 10T、Snapdragon 480、6.5インチ、50百万画素カメラ。一括 税込8,980円
  • Mi 11 Lite 5G、Snapdragon 780G、6.55インチ 有機ELパネル、64百万画素カメラ。一括 税込16,100円
  • Xiaomi 11T、Dimensity 1200-Ultra、6.67インチ 有機ELパネル、108百万画素カメラ。一括 税込25,950円
  • Xiaomi 11T Pro、Snapdragon 888、6.67インチ 有機ELパネル、108百万画素カメラ。一括 税込36,900円

 

iPhoneをメイン利用・Andorid スマホをサブ運用している私としては、一括 980円の「Redmi Note 11」が魅力に感じますが、メイン利用なら「Xiaomi 11T」がおすすめ。Dimensity 1200-UltraのAnTuTu ベンチスコアは約58万と Snapdragon 860と同程度ですが、有機ELパネルに108百万画素のリアカメラ、8GB メモリ、UFS 3.1の高速ストレージ、67Wの急速充電(36分でフル充電可能)とハイエンド。AnTuTu ベンチスコアが同水準スマホの私の使用感では、iPhone 12 Pro Maxと遜色なく サクサクと動作します。

 

▼Xiaomi 11Tの参考価格。最安となる海外通販のAliExpressでは 約44千円。

 

まだ間に合う、IIJmioへのMNPで Xiaomi Redmi Note 11が一括 税込 4,980円(3月31日まで)
「IIJmio」にて 3月31日まで、MNP(音声 SIM)により「スマホが一括 110円から、初期費用半額、1年間 月間のデータ量 1GB増額の3GB」となるキャンペーンを開催しています。 私はOCN モバイル ONE SI...

▲なお、一括 980円の「Redmi Note 11」の概要は以下の記事にて記載しましたが、以下のとおり サブ運用では十分です。

  1. Snapdragon 680のAnTuTu ベンチスコアは約27万となり、サブ運用のみならず、ライトユースでのメインスマホとしても活用できます。
  2. ストレージは64GBと並みの容量ですが、通常のeMMCよりも高速なUFS 2.2
  3. 6.43インチのディスプレイは、解像度 2400 x1080のFHD+ 、AMOLED(有機ELパネル)、90Hzのリフレッシュレートに対応と上位機並み。
  4. 5000mAhの大容量バッテリーは、33Wの急速充電に対応。
  5. リアカメラは 50百万画素をメインとする、AI 4カメラ。ただし、高画素であるため、室内撮影での明るさに懸念あり(私が所有のXiaomiのスマホの傾向です)。

 

2022年5月4日追記。本記事は4月のセール情報を編集したものですが、5月31日まで期間延長となり「Xiaomi 11T Pro」がセール対象になっています。Snapdragon 888に 120Wの急速充電に対応(約17分でフル充電)と、メイン利用ならこちらもおすすめ。

▲「Xiaomi 11T Pro」の価格情報はこちら。以下は国内通販での参考価格。

まとめ

個人的なところでは、OCN モバイル ONE SIMを数年間利用していますが、スリープ時のバッテリー消費が激しく、IIJmioへのMNPを検討中。iPhoneをメイン利用、Androidはサブ回線のため、一括980円の「Redmi Note 11」が狙い目か。メイン利用なら、やはり「Xiaomi 11T」、 「Xiaomi 11T Pro」、iPhone SE(第2世代) 64GB 中古美品」もよさそうです。

公式サイトはこちら

IIJmio キャンペーン会場

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました