IdeaPad Slim 550、Ryzen 5 4500U搭載の14型PCが約52千円で販売も即在庫切れ。再セール時には迷わず「買い」

これまで、中国ブランドのコスパに優れたPCや、国内ではThinkPadにマウスコンピューターの製品を主に紹介してきましたが、コスパ面ではLenovo Idea Padも侮れません。14インチのIdeaPad Slim 550 AMD版では、Ryzen 5 4500UにPCIe SSDを搭載する14インチ FHD ノートが、メモリ 8GBの最小構成 52,668円(税込、送料込、10月21日時点のクーポン価格)と、Xiaomiや中国新興ブランドのPCを凌駕するコスパの高さです(10月22日 22時現在では既にクーポン切れ)。

公式サイト

IdeaPad Slim 5 シリーズ

 

こちらの中央のモデルを紹介する記事ですが、早々にクーポン切れ

スポンサーリンク

IdeaPad Slim 550 AMD版のスペック

メモリはオンボードとなり増設できないのですが、やはり AMD Ryzen 5 4500UとPCIe SSDが大きな魅力。シルバー色もあってか、軽量ノートを想像していたのですが、14インチで1.45kgは一般的、あるいはやや重ため。

CPUAMD Ryzen 5 4500U
GPURadeon Vega 6
メモリ8GB DDR4-3200、オンボード
ストレージ256GB (PCIe NVMe, M.2 SSD)
ディスプレイ14インチ、IPS、解像度 1920 x 1080、非光沢
WiFi11ac/a/b/g/n
Bluetooth5.1
ポート類USB Type-C、USB 3.0 x 2、HDMI
サイズ約 321.6 x 211.6 x 17.9mm、約 1.45kg
OSWindows 10 Home
その他指紋センサー、バックライト付きキーボード

 

Xiaomi RedmiBook 16、Ryzen 7 4700U / Ryzen 5 4500U搭載の16インチノートが最小構成 6万円台とコスパ高
なんと、XiaomiからAMD Ryzen 7 4700U、あるいは Ryzen 5 4500Uを搭載する 16.1インチノート「Xiaomi RedmiBook 16」がリリースされています。配色やデザインは「Xiaomi Mi ...

Ryzen 5 4500Uは上記のXiaomi Redmibook 16にも搭載されていますが、同記事に掲載のRyzen 5 4500UのGeekbench 5のベンチマークスコアは以下です。

▲上から順に、IdeaPad Slim 550のRyzen 5 4500U、一般的なCore i7-10510U、以下の手持ちのミニPCに搭載のCore i7-8565U。

実機レビュー、Core i7-8565U搭載のミニPCベアボーン「NVISEN (EGLOBAL) Y-MU01」。PCIe SSD取付によりさらに快速に
Whiskey Lake Core i7-8565Uを搭載するミニPC ベアボーン「NVISEN Y-MU01 (EGLOBAL MU01)」。第8世代の最新CPUを搭載し、PCIe / SATA 双方のSSDに対応する製品です。中...

 

普段使いのレスポンスに直結するSingle Coreのスコアは、インテル 第10世代のCore i7-10510Uと同水準。メディア系の強いRadeon Vega 6を搭載していることにより、Multi-CoreはCore i7-10510Uの統合型GPUを大きく凌駕しています。

52,668円の価格でこのスコアは頼もしく、16インチの最小構成で6万円代のXiaomi Redmibook 16と同等、もしくはそれ以上のコスパ度です。Redmibook 16のストレージはSATA接続のSSDですが、IdeaPad Slim 550はより高速なPCIe SSDを標準装備していることも大きなポイント。

また、Lenovo ThinkPadの最小構成の場合には、低解像度で視野角の狭いTNパネルとなることも多いのですが、本製品は最小構成でもFHDのIPSパネルを搭載していることも頼もしい。

IdeaPad Slim 550 AMD版の外観と機能

イメージ画像では、ベゼル幅を多少狭く見せているかもしれませんが、左右はほぼベゼルレスと言えるほどに狭いもの。画面占有率は90%とあり、85%あたりでもベゼル幅は十分狭いように感じるのですが、ディスプレイ下の狭さが貢献しているように感じます。

 

▼以下は英語キーボードの画像ですが、タイピング重視のThinkPad派からみると、このキーボードがポイントの一つでしょうか。ストロークがやや浅いように見えます。

▲キーボード左右のスピーカーの配置(ベゼルが太く見える)は好みが別れるところでしょうか。

 

▼私としては、ThinkPadに赤のトラックポイント(赤ポチ)の配色が好みですが、シルバーボディもわるくはありません。なお、公式サイトのレビュー記事を参照すると、IPSパネルの視野角は広いものの発色がよくないとのコメントもあります。

まとめ

記事の編集の期間を1日おいたために、既にクーポンセールは終了と間抜けな記事となってしまいましたが、今後 同価格帯のクーポン配布となれば「買い」で間違いなし。つい最近、連続してThinkPadの中古を数台購入し、合計価格はIdeaPad Slim 550の価格以上となってしまいましたが、このクーポン価格(クーポンセールは終了)を見ると複雑な心境です。

公式サイト

IdeaPad Slim 5 シリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました