約27,000円でCore i3 7100U,RAM 8GB 256GB SSDのミニPC。HYSTOU H2のスペックと特徴

第7世代のCore i3を搭載する Windows 10 ミニPCが相変わらず安く販売されています。先日紹介のEGLOBAL M3と同スペックで、ほぼ同ボディとなる「HYSTOU H2」ですが、Core i3 7100U、メモリ 8GB、SSD 128GBのモデルが26,498円、SSD 256GBのモデルが27,928円と、限界と思える価格設定です。

関連記事

約25,000円の第7世代 Core i3-7100U搭載 ファンレスミニPC「EGLOBAL M3」のスペックと特徴

スポンサーリンク

HYSTOU H2のスペック

EGLOBAL M3とHYSTOU H2は同モデルと言い切ってよいほどですが、HYSTOU H2のスペックは以下となります。

  • CPU : 第7世代 Core i3-7100U
  • GPU : Intel HD Graphics 620
  • メモリ :  4GB / 8GB
  • ストレージ : 128GB / 256GB、2.5インチ SATA HDD / SSDを増設可能
  • WiFi : デュアルバンド対応
  • Bluetooth : 4.0
  • ポート類 : 4 x USB 3.0、2 x USB 2.0、HDMI、VGA、有線LAN
  • サイズ : 17.20 x 12.50 x 3.80 cm、1.5kg
  • ファンレス、ボディはアルミ製
  • OS : Windows 10 プレインストール (Proの可能性もあり)

 

2万円台後半の価格ではCore i3-5005Uとすることも多いのですが、Core i7-7100Uを搭載することが大きな特徴。

約25,000円の第7世代 Core i3-7100U搭載 ファンレスミニPC「EGLOBAL M3」のスペックと特徴」からの引用ですが、以下はGeekbench 4のCPUベンチマーク。上から順にCore i3-7100U / Core m3 7Y30 / Core i3-5005Uとなりますが、ミドルレンジのノートPCで搭載されることの多い Core m3 7Y30のスコアを僅かに上回っています。

Core m3 7Y30搭載のWindows 10 PCは、安価な中国製のノートパソコンでも5万円台となることも多いのですが、普段使いとしては十分なレスポンスです。

HYSTOU H2の外観と機能

▲▼アルミ製のボディとヒートシンク状の天板の全体で冷却効果を高め、ファンレスを実現しています。低電力とは言え、第7世代のCore i3-7100Uのため、ボディはある程度の熱を持つと思われます。

 

▼メモリはオンボードでなく、スロット形式。デフォルトのSSDは、M.2ではなくmSATA。M.2、mSATAはパフォーマンス的には変わりません。

 

▲▼同じくCore i3-7100Uを搭載し、価格もほぼ同じEGLOBAL M3(下)との比較。天板の端の形状とアンテナ部分が僅かに異なります。

 

▼USB 3.0 x 4、USB 2.0 x 2と拡張性も十分。

 

留意事項ですが、製品説明に以下の記載があります。EGLOBALのミニPCでも、Windows 10 cracked versionとの表現が多くあります。「保証はできない」ことを意味していると思われ、他の同種のミニPCの海外のレビューをみても、Windows 10を課題としているものはないのですが、念のため要注意です。

The product has pre-installed win10 cracked version,including multi-lingual (Please do not upgrade and reinstall without authorization, it will lead to the product can not be used normally.)

HYSTOU H2の価格

メモリ・SSDの組み合わせによる4モデルとベアボーンがありますが、メモリ 8GB、SSD 256GBの場合は27,928円となっています(2019年9月19日時点の価格であり、換算レートやセールにより流動的)

HYSTOU H2

 

▼こちらは同スペックで、ほぼ同型のEGLOBAL M3

EGLOBAL M3

 

コメント