第7世代のCore i5、SSDポートを3つ備えるミニPCが約3万円。HYSTOU FMP03Bのスペックと特徴

ファンレスのミニPCの場合、ボディがヒートシンク状になっている、同じような構成となる製品が多いのですが、今回紹介のミニ「HYSTOU FMP03B」ミニPCは、ストレージがトリプル仕様。M.2 SSDにmSATA、2.5インチ SSDと3つのポートを備えているのが特徴。デフォルトのメモリ 4GB、ストレージ 128GBと控えめですが、CPUは第7世代のCore i5-7260Uを搭載しています。価格は文末のクーポン利用により約3万円と、ワンランク下のミニPCの価格帯です。

スポンサーリンク

スペック

冒頭のとおり、マザーボードに、ストレージを接続できるポートを3種類装備していることを大きな特徴とする本製品。そのスペックは以下となっています。

 

  • CPU : Kaby Lake Core i5-7260U 最大 3.4GHz
  • GPU : Intel HD Graphics 640
  • メモリ : 4GB DDR4
  • ストレージ : 128GB。M.2 SSD、mSATA、2.5インチ SSDの3種類のポートを装備
  • WiFi : 11b/g/n/ac
  • ポート類 : USB 3.0 x 4、USB 2.0 x 4、HDMI、ディスプレイポート、有線LAN x 2
  • OS : Windows 10 プレインストール (Home or Proの別は不明)
  • サイズ : 20.3 x 18 x 4.5cm、2.0kg
  • アルミ製ボディ、ファンレス

 

HYSTOUの場合には特にそうなのですが、Banggoodで販売のミニPCはスペックの一部が明確ではありません。本製品の場合には、以下の記載が不明瞭です。

  • デフォルトのSSDはmSATAとも読み取れるのですが、M.2 SSDの可能性もあります。両者に速度の差はないため、大きな課題ではありません。
  • Windows 10がプレインストール済であることは、製品ページのQ&Aにて確認できるのですが、HYSTOUやEgobalの場合には Windows 10 Proである可能性大です。
  • ボディの形状とマザーボードの写真からファンレスのはずですが、こちらも明記なし。

 

▼本製品で最もアピールすべき仕様は、2280サイズのM.2 SSD、mSATA、2.5インチ SATAと3種類のSSDを取付可能なこと。製品仕様にテキストでの説明はなく、デフォルトのSSD接続はmSATAと読み取れるのですが、プレインストールのWindows 10に、Chrome OS、Linuxのトリプルブートもできそうです。

▲デフォルトのメモリは4GBと少ないのですが、オンボードでないため、ユーザーでの追加も可能です。

 

▼横幅 約20cmとミニPCとしては大柄。USB x 8、HDMIにディスプレイポート、有線LAN x 2とポート類は充実。

まとめ、価格情報

HYSTOU、Eglobalによくある形態のミニPCですが、Core i5-7260Uと旧世代ながらも上位のCPUに、M.2 SSD、mSATA、2.5 インチ SATAと3種類のストレージを接続できることが大きな特徴。メモリは4GBと控えめですが、ユーザーにて増設することも可能です。

 

▼Banggoodの価格は、クーポン「BGHYFP3」の利用により 279.99ドル。12/17まで

HYSTOU FMP03B, Core i5 7260U 4GB+128GB

 

コメント

OCN モバイル、決算セール

CHUWI Hi10 X 実機レビュー

Hi10 Pro / Airから大幅スペックアップのHi10 X。レスポンスは良好です。

▼実機レビュー記事
CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善
タイトルとURLをコピーしました