やはりポチった「Huawei Watch GT 2e」、私が購入を決めた5つの理由

家族が使用するスマートウォッチを物色していた私ですが、Amazfit GTR Lite、Honor Watch Magic 2などと迷った結果、Huawei Watch GT 2eを購入し受領待ちです。私がAmazfit GTRを使用しているためにGTR Liteは除外し、安価で日本語にも対応のHuawei Watch GT 2eに行き着いた要因が大きいのですが、今回は私がWatch GT 2eの購入を決めた理由などを記載します。

関連記事

Huawei Watch GT 2e、AMOLEDパネルのデザインに優れたスマートウォッチ。日本語対応で海外通販では約14千円で販売中

スポンサーリンク

Huawei Watch GT 2eのスペックのおさらい

スペックは上記リンク先記事に掲載していますが、あらためての再掲載です。

スクリーン1.39インチ、タッチパネル、AMOLEDパネル、解像度  454 x 454
ダイヤルサイズ46mm
バンドサイズ22mm
対応OSAndroid 4.4以上、iOS 9.0以上
Bluetooth未確認
GPS装備
バッテリー455mAh (通常利用で2週間のバッテリー持ち)
サイズ53 x 46.8 x 10.8 mm
アプリHuawei Health
その他日本語対応、5ATMの防水機能、素材は316L ステンレス + プラスチック

 

Huawei Watch GT 2eを利用するのは家族(家内)となりますが、当初 5,000円前後の安価な製品を物色していたところ、以前に購入して不評なスマートリストに懲りていたため(スクリーンの視認性がよくない、バッテリーが持たない)、メジャーどころで物色。上記のスペックで、日本語対応なら家族も満足することでしょう。

Huawei Watch GT 2eの購入を決めた理由

初めてのスマートウォッチなら、より確実なところで Amazfit GTR / GTR Liteとなりますが、私はAmazfit GTRを常用しているため(同製品では面白くないため)、以下を背景にHuawei Watch GT 2eの購入を決定です。

Amazfit GTR 実機レビュー、GPSオフで約60日の持続時間と視認性抜群の液晶で、 魅力満載のスマートウォッチ。ついに日本語対応も
明るく綺麗なスクリーンと驚異的なバッテリー持続時間が大きな特徴のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47MM」。Xiaomi関連企業の製品であるため、質感の高さと140ドル前後のコスパの高さも大きなメリット。 このAma...
Amazfit GTR Lite、GTR 47mmの基本スペックを維持、109.99ドルで新登場。待望の日本語にも対応
Xiaomi関連のXiaomi Ecosystem Productが手掛け、海外で大人気のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47mm」。このライトバージョンとなる「Amazfit GTR Lite 47mm」がリリースです。...

Amazfit GTRと同じくAMOLEDパネルを搭載、解像度も同じ

以前、以下の安価なスマートリストを家族が使用していたのですが、解像度が低いうえに太陽光のもとでのスクリーンの視認性がわるく、ほとんど使えない状況。これに懲りて、私はAmazfit GTRを購入した背景もあるのですが、高解像度で綺麗な表示なうえに、太陽光での視認性も抜群。同仕様のHuawei Watch GT 2eにも期待できます。

人気のitDEAL スマートウォッチのレビュー。屋外での視認性は課題だが、SNS通知は遅延なく便利
Amazonや楽天市場で人気のitDEALのスマートウォッチ。家族が購入したのですが、セッティングがてらに1週間ほど使用してみましたので、その使用感を記載します。全般的には屋外での視認性はよくないものの、TwitterやGmailな...

通常利用で約2週間のバッテリー持ち

どうしても手元にあるAmazfit GTRと比較してしまうのですが、Amazfit GTR / GTR Liteは通常利用(GPSを利用せず、歩数計やSNSの通知、時計としての機能)でのバッテリー持ちが1ヶ月以上であるのに対して、Huawei Watch GT 2eは約2週間。比べてしまうと約半分ですが、2週間も持続すると十分です。このバッテリー持ちも、5,000円前後のスマートウォッチよりも優位な事項です。

文字盤、アフターパーツも含めて、カスタマイズを行いやすい

メジャーなHuaweiのスマートウォッチのこと。多くを確認していませんが、以下のAmazfitのように海外の有志が文字盤をある程度のカスタマイズができるようにツールなどを用意していることでしょう。

Amazfit GTRのウォッチフェイスをTAG HeuerやOMEGA風などに変更する方法(AmazFaces アプリを利用)
驚異のバッテリー持ちと太陽光のもとでも視認性のよいスクリーン、しかも待望の日本語対応となり、便利に利用しているAmazfit GTR。デフォルトの文字盤の種類も豊富ですが、やはりデザインでは海外有志の作成による文字盤が優れており、T...

また、国内外の通販で、ガラスフィルムやバンドなどを入手しやすいのは大きなメリット。ただし、Amazon、海外通販ともに、アフターパーツ単体での購入は特に受領までに時間を要することがあるため注意が必要(納期を短縮する場合、バンドなどの本体の数倍の送料となることがあります)。

 

▼AliExpressでのバンドの販売事例。高くても2.05ドルと異様に安いのですが、送料 0.79ドルの標準の輸送方法の場合、納期は30〜50日もかかってしまいます。ある程度のまとめ買いで、数ドルを追加負担し納期を圧縮するのがよいかも。

Huawei Healthアプリにも期待できる

スマートウォッチのスマホとの連携や、睡眠計などの管理においてはアプリの出来も重要な要素となります。ピュアなAndoridのスマートウォッチ「KOSPET Prime」の場合(事例としてよくないですが)、本体の出来はよいのですが、アプリがダメダメでBluetoothでの接続がすぐに切れ、SNSの通知がほとんど連携されません。この点、Huawei謹製のアプリなら安心。不具合が生じた場合にも早期に修正となることでしょう。

 

▼ソフトの不具合が多すぎ、ほとんど利用していないKOSPET Prime。レビュー記事も本体編のみにとどまっています。

KOSPET Prime 実機レビュー、外観・ハード編。4コアで快適動作だが、ソフト側の調整が必要
4コアのCPUにメモリ 3GB、Android 7.1に1260mAhの大容量バッテリーを搭載するスマートウォッチ 「KOSPET Prime」。スペックの魅力に惹かれて購入しましたので、外観・ハードについて簡易的にレビューします。...

Honor Magic Watch 2との比較では?

以前に購入を検討したこともある「Honor Magic Watch 2」との比較では、「Huawei Watch GT 2eがより安い」としたかったのですが、気が付いてみると以下の記事の投稿当時(4月)よりもHonor Magic Watch 2は値下がりし、Huawei Watch GT 2eと大差がありません。デザイン的にはHuawei Watch GT 2eがよいように思いますが、Honor Magic Watch 2の選択肢もあったかも。

Honor Watch Magic 2、ビルトインスピーカー装備・日本語対応のスマートウォッチは Amazfit GTRと同じくおすすめ
家族用のスマートウォッチを物色していたところ、HuaweiのHonor Watch Magic 2が日本語対応しているのを確認し興味津々。初代のWatch Magicはコスパに優れており、Amazfit GTRを購入する際に比較検討...

 

AliExpressでのHonor Magic Watch 2の販売事例

まとめ

私がHuawei Watch GT 2eの購入を決めた理由をつらつらと記載しました。機能面は記載しませんでしたが、酸素濃度を計測できる「SpO2」に対応しているメリットもあります。

記事編集中の気づきで、値下がりとなったHonor Magic Watch 2も魅力に感じます。こちらはビルトインスピーカーを搭載のメリットもあります。

7月半ばあたりには製品を受領していると思いますが、(家族の利用ではあるものの)文字盤などをどのようにカスタマイズ可能かなどを確認する楽しみもあります。

 

▼私はAliExpressにてブラック版を購入

関連記事

Huawei Watch GT 2e、AMOLEDパネルのデザインに優れたスマートウォッチ。日本語対応で海外通販では約14千円で販売中

コメント

タイトルとURLをコピーしました