Kirin710,6.3インチで約300ドルのHuawei nova 3i、P20 liteとの比較

国内のSIMフリースマホではダントツの人気のHuawei P20 lite (nova 3e)ですが、Huaweiの製品のなかで私が惹かれているのは、海外で出荷待ちのnova 3i 。Kirin710を搭載し、ディスプレイはP20 lite よりも大きな6.3インチながらも、価格は大きく変わらない製品(2018年8月9日時点の、 RAM 4GB / ROM 128GBのGearBest価格は約34,000円)です。

今回は、このHuawei nova 3iをP20 liteと比較しつつ、その特徴を整理してみます。

スポンサーリンク

Huawei nova 3iのスペック、P20 liteとの相違

 

 

▼主要項目のみですが、nova 3i、P20 liteを比較してみました。なお、現時点、nova 3iは国内展開されるとのアナウンスはありません。

上記以外に、接続はnova 3iはmicro USB、P20 liteはUSB Type-Cとなりますが、大きく異なるのは、CPU、ディスプレイ、カメラの3点。これらを個別にみていきます。

なお、nova 3iのLTE 対応バンドは以下となり、多くの中国販売の端末と同様にドコモのプラチナバンドには対応していません。

  • WCDMA: B1 / 5 / 8
  • FDD-LTE: B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 28, TDD-LTE: B38 / 40 / 41

nova 3iのCPUはKirin 710

私がhonor 6 Plusをメイン機種として使用していた3年前あたりは、このKirinシリーズによい印象を持っていなかった(ベンチマークスコアの割にはレスポンスがよくない)のですが、それもかつての話。

動作もサクサクと評価の高いP20 lite (Kirin 659)のAnTuTu ベンチマークスコア (v7)が8万台後半なのに対し、nova 3iのKirin 710は14万弱(Easy Read! Kirin 710 Vs Snapdragon 710 Vs Kirin 659)。

ベンチマークスコアで必ずしもレスポンスを推し量ることはできませんが、私の使用感ではAnTuTuベンチマークスコアが8万強ともなれば、負荷の大きいゲームなどはさておき、普段使いでのストレスはありません。10万超では、数MBクラスの画像編集ではAtom Z8350を搭載するWindows PCよりも快適に思えるほどです。

 

Kirin 710の詳細については上記のリンク先記事が詳しいのですが、一部引用(オリジナルはHuawei公式からの引用)では以下とあります。

Kirin 659との比較では

  • CPUパフォーマンスでは single-coreが75%アップ、multi-coreが68%アップ。
  • GPUのMali-G51 MP4 GPUは、Kirin 659のMali-T830より、130%パワフル。

上記数値どおりに体感できることはないのですが、12nmの製造プロセスとあわせ、高効率かつ省電力化となっているようです。

6.3インチのディスプレイ

nova 3iは6.3インチ・解像度 2340 x 1080のノッチディスプレイ。私は6インチクラスのスマホでは、以下を所有しているのですが、6インチのアスペクト比 18:9の縦長ディスプレイの横幅は5.5インチクラス。P20 liteの5.84インチでは、老眼の私にはやや辛いサイズとなります。

 

 

カメラ

Huaweiには、Mate / honor / P / novaなどのシリーズがありますが、Pシリーズとnovaシリーズの相違をざっくり整理すると以下となるのでしょうか。

  • Pシリーズは、スペック・デザインともにバランスのとれ、スタイリッシュなデザインの端末
  • noavシリーズは、海外ではP liteシリーズとnovaシリーズを同一として併記されることも多く(P20 lite = nova 3e)、Huaweiのなかでは低価格路線。特にnova 3iのカメラはセルフィ(自撮り)機能を強化。

 

「特にnova 3iのカメラはセルフィ(自撮り)機能を強化」については、リア・フロントカメラの機能詳細は割愛しますが、以下の画素数の相違で明らかです。

  • nova 3iは、フロント 2400万画素+200万画素、リア 1600万画素+200万画素
  • P20 liteは、フロント 1600万画素、リア 1600万画素+200万画素

 

単純に画素数のみで比較できるものではないのですが、カメラは4つのAIカメラを備えたnova 3iが魅力的。

まとめ

国内で人気のHuawei P20 liteとほぼ同価格帯となるnova 3i。充電はMicro USB、国内版ではないため技適の関係やドコモのプラチナバンドに未対応ではあるものの、Kirin 710、6.3インチディスプレイのnova 3iは、私にとってはP20 liteより惹かれるものがあります。

nova 3iは9月の出荷となりますが、今後出てくる海外のレビューが楽しみな端末です。

 

▼GearBestの価格情報。2018年8月11日時点では、299.99ドル(33,935円)となります。
Gearbest Huawei nova 3i
Huawei nova 3i

Gearbest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

GearBest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

 

▼こちらはAmazonでのP20 liteの単体価格

コメント