Huawei Mediapad M6 8.4、Kirin 980搭載 / AnTuTu スコア 35万越えの8.4型タブレット、最小構成で約35,000円とコスパ高

海外で展開されている 8.4インチのAndroid タブレット「Huawei Mediapad M6 8.4インチ」。CPUにはKirin 980を搭載し、解像度は 2.5Kとハイエンドの製品です。2020年5月3日時点のAliExpressの最小構成(RAM 4GB、ROM 64GB、WiFi版)は約35,000円。他の中国 新興ブランドのHelio X27あたりを搭載するタブレットと比較すると高価ですが、このスペックでは納得の価格です。

なお、発売から一定期間経過していますが、今になって掲載した理由は価格に値ごろ感がでてきたことによるものです。

スポンサーリンク

Mediapad M6 8.4インチのスペック

Kirin 980に2.5K 解像度のディスプレイとなる Huawei Mediapad M6 8.4インチ。そのスペックは以下となっています。バリエーションとしては、LTE版・WiFi版があります。

CPUKirin 980 Octa Core
GPUMali G76 720MHz
メモリ4GB / 6GB
ストレージ64GB / 128GB
ディスプレイ8.4インチ、IPS、解像度 2560 × 1600
リアカメラ13百万画素 , F1.8
フロントカメラ8百万画素 , F2.0
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
SIMNano SIM
LTE対応バンドTD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41
LTE FDD: B1/ B2/ B3/ B4/ B5/ B7/ B8/ B18/B19/B20/B26
バッテリー6100mAh、USB Type-C
サイズ206.4mm×125.2mm×8.2mm、340g
OSAndroid 9.0

 

Kirin 980は、Huawei Mate 20 Proに搭載されるCPUですが、Mate 20 ProのAnTuTu ベンチマークスコア Ver 8のスコアは約36万。スコア 約29万のXiaomi Redmi Note 8 Proでも、アプリの起動やら iPhone XS Maxより速いと感じることもあるのですが、約36万のスコアは強烈です。

 

▼こちらは引用した Xiaomi Redmi Note 8 Proの実機レビュー

Xiaomi Redmi Note 8 Pro、実機ベンチマークと体感レスポンス。アプリ起動は iPhone XS Maxより速く快適に動作
Xiaomi Redmi Note 8 Proの実機レビュー、ベンチマークスコアと体感レスポンス編。動作は像以上に快適で、簡易的に10種類のアプリの起動をiPhone XS Maxと比較したところ、概ね Note 8 Proが速い結果に

 

CPU以外の特徴としては、8.4インチのディスプレイの解像度が2560 × 1600の高解像度であること。ただし、2万円未満の同サイズの端末でも同解像度の端末は多数あるため、大きな特徴とはならず。

なお、Google Play Store アプリの導入について懸念される方が多いと思います。AliExpressでは多くの販売店から販売されていますが、以下の事例のように、Google Play対応であることを確認する必要があります。

 

▼14のGoogle Playの項目に「Yes support」とあります。販売店毎に記載方法が異なるため、個別に確認が必要です。

Mediapad M6 8.4インチの外観と機能性

ゴールド、ブルー、レッドの3色展開。ブルーとレッドの場合、イメージ画像では派手な色に見えますが、以下の実機(?)では好感のもてる色合いです。

 

 

▼冷却対応も万全。パソコンと同水準の冷却対応を行っており、銅製のヒートシンクに、9層構造の12cmにわたる水冷のチューブをメインとした放熱とあります。

 

▲Kirin 980を搭載することを活かすべく、ゲームの快適操作を目的とした機能も多数備わっています。GPU、CPU、ネットワークのゲームに合わせたチューニングや、下の画像ではゲームに合わせた画面レイアウトのことを言及しているようです。

まとめ

Android タブレットでは 1万円台の安価で、ほどほどのレスポンスの製品でも十分と思っていた私ですが、ハイエンド寄りのスマホを操作した後に 安価なHelio X27を搭載するタブレットを操作すると、モッサリした動作を感じます。

そのためにスペック高めのタブレットに惹かれ始めているのですが、このHuawei M6 8.4インチは、AnTuTu ベンチマークスコア Ver 8のスコア 約36万の実力を考慮すると、最小構成 約35,000円の価格はお買い得のように感じます。

 

▼メモリ 4GB、ストレージ 64GB、WiFi版の最小構成での AliExpressの価格は約35,000円

AliExpress

 

コメント

Banggood、6月特売セール

Banggoodでは、6/10まで特売セール、6/1までスマホなどのセールを開催中。以下の記事のクーポン価格がより安いケースもあり、あわせて参照ください。
Ryzen 5 2500U搭載のT-Bao MN25、Core i7 8750HのS200など、Banggoodの最新クーポン情報(5/25更新)


▲▼セール会場はこちら
6月特売総合会場
スマホ、デジギア会場
タイトルとURLをコピーしました