Honor X10 Max、Dimensity 800搭載の7インチスマホのスペックと特徴

Huaweiからリリースされた「Honor X10 Max」。Maxとのモデル名のとおり、ディスプレイは7.09インチと大きなもの。以前、同じく7インチクラスのHonor 8X Maxの購入を検討していた私としては、また、老眼のために大きなスマホが好みの私としては巨大なHonor X10 Maxに惹かれます。今回はこのHonor X10 Maxのスペックを確認してみました。

なお、米国との関係でGoogle Play経由でのアプリインストールはできず、Huaweiの「AppGallery」経由でのアプリインストールとなります

Honor X10 Maxのスペック

CPUはMT6873とあり、海外通販サイトの製品紹介にそれ以上の情報のないのですが、5G対応の「Dimensity 800 MT6873」。ベンチマークとしては、Snapdragon 765Gにわずかに劣る水準。Snapdragon 765Gは、Xiaomi Mi 10 Lite、Moto Edge、LG Velvetなどに搭載されています。

CPUDimensity 800 MT6873、8コア
メモリ6GB / 8GB
ストレージ64GB / 128GB
ディスプレイ7.09インチ、解像度 2280 x 1080、しずく型ノッチ
リアカメラ48百万画素 + 2百万画素
フロントカメラ8百万画素
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.1
SIMNano SIM x 2
バッテリー5000mAh、USB Type-C
サイズ174.46 x 84.91 x 8.9mm、227g
OSAndroid 10
その他指紋認証はサイドにあり

5G対応ですが対応バンドの記載は割愛しています。詳細はAliExpressサイトを参照ください。

 

海外通販サイトではサイズの記載がないため、海外サイト(Honor X10 Max officially arriving on July 2, specs revealed)を参照しています。

7インチのために重量は227gとなり、私のメインスマホのiPhone XS Maxの208gよりも重いのですが、大型ディスプレイでもあり重量はやむを得ないところ。

リアカメラは今では珍しい2カメラ。48百万画素のメインカメラはよいのですが、ワイドカメラを未搭載であることが気になります。

 

▼7インチのために大柄のボディですが、8.9mmと厚みは抑えられています。

▲指紋認証はサイドにあることが確認できます。

 

▼パンチホールではなく、しずく型ノッチですが画面占有率は91%越え。

 

▼バッテリー容量は5,000mAh。6インチクラスでも大容量バッテリーを搭載するUMIDIGIのスマホに比べると、このクラスとしてはそれほど大容量ではありません。

まとめ

大画面のスマホが好きな私としては注目の「Honor X10 Max」。5G対応の「Dimensity 800 MT6873」を搭載し、ミドルレンジあるいはミドルハイのスマホとなりますが、7インチクラスのスマホをお探しなら候補となる製品です。比較対象となるのは、古い機種ですが以下で紹介の「Honor 8X Max」。記事投稿時よりも価格が下がっているため、私としては8X Maxにも惹かれます。

200ドル前後の7.12インチ スナドラ 660搭載スマホ、Huawei honor 8x Max、Enjoy Maxのスペックと特徴
一時期、安価なコンパクトなAndroidスマホを求めていた私。手元には、UMIDIGI A3 Pro、Xiaomi Redmi Go、Huawei P30 liteと6.3インチ未満の端末があるのですが、大きなiPhone XS M...

 

▼AliExpressでの、6GB RAM / 64GB ROMの販売事例

Honor X10 Max (AliExpress)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました