Honor Watch Magic 2、ビルトインスピーカー装備・日本語対応のスマートウォッチは Amazfit GTRと同じくおすすめ

家族用のスマートウォッチを物色していたところ、HuaweiのHonor Watch Magic 2が日本語対応しているのを確認し興味津々。初代のWatch Magicはコスパに優れており、Amazfit GTRを購入する際に比較検討していたのですが、日本語対応していないことで断念。

1万円台前半のスマートウォッチでは、デザイン、使い勝手、バッテリー持ちともに優れた Amazfitがおすすめですが、Honor Watch Magic 2も侮れない製品です。

関連記事

スポンサーリンク

Honor Watch Magic 2の基本スペック

実機を操作していないため、スペックで確認する範囲ですが、バッテリー待ち以外は、Amazfit GTRとHonor Watch  Magic 2は、同水準によい製品であるように感じます。なお、Watch Magic 2は、ビルトインスピーカーを装備することが大きな特徴(後述の46mmのみ。42mmは未装備)。

 

▼Honor Watch Magic 2には、ダイヤルサイズが46mm / 42mmの2種類がありますが、下表は46mmのスペックです。

スクリーン1.36インチ、タッチパネル、AMOLEDパネル、解像度  454 x 454
ダイヤルサイズ45.9mm
バンドサイズ22mm
対応OSAndroid 4.4以上、iOS 9.0以上
Bluetooth5.1
GPS装備
バッテリー455mAh
サイズ45.9 x 45.9 x 10.7 mm、41g(バンドを除く)
アプリHuawei Health
その他日本語対応、ビルトインスピーカー搭載(46mmのみ)

 

▲▼Amazfit GTRは、しばらくの間、日本語対応なしでしたが、Watch Magic 2は右の画像のとおり、当初から?日本語対応しています。なお、現在でも販売の初代 Watch Magicは日本語未対応です。

ついにきた、Amazfit GTRが日本語対応に。ファームウェアの更新で即日本語化
2019年12月28日現在、ついに、Amazfit GTR 47mmが日本語対応となりました。Amazfitの他のスマートウォッチにおいても、Amazfit アプリと本体のファームウェアのアップデートにより、日本語表示可能と思います...

 

▲Amazfit GTRのバッテリー容量 410mAhに対して、Watch Magic 2は455mAh。Amazfit GTRの通常利用のバッテリー持ちは24日とあるのに対し、Watch Magic 2は14日。

使用条件の前提の相違もあるかと思いますが、かなりの差があります。ただし、一般的には14日持てば十分。なお、Watch Magic 2 42mmのバッテリー容量は215mAh、通常利用のバッテリー持ちは7日となっています。

 

▼SNSなどの通知など、使い勝手に大きく影響するアプリは「Huawei Health」を利用します。アプリのできしだいでは、Bluetoothの接続・スマホとの各種連携に難ありなものとなりますが、利用者の多いHuawei Healthなら今後の保守も含めて安心(だと思います)。

Huawei Health

Huawei Health
開発元:Huawei Device Co,. LTD
無料
posted withアプリーチ

Honor Watch Magic 2の機能

他の多くのスマートウォッチと同様、SNSの通知、スポーツモード、歩数計などの多くの機能を備えています。製品紹介で強調されている事項として、以下があります。

  • 「Oxygen Blood Test」とあり、血中酸素濃度の計測が可能のようです。
  • 「Stores and plays up to 500 songs」とあり、500曲までの音楽の保存、再生が可能。
  • その他、基本的な機能として、歩数計、心拍計、睡眠計、アラーム、スマホを探す、SNSなどのメッセージ表示などを備えています。

 

▼スポーツモード(フィットネスモード)は15種類。これほど多くの機能を使いこなせる方は稀かと思いますが、十分ですね。

 

▼Bluetooth 5.1、マイク・ビルトインスピーカーの恩恵、スマホとのBluetooth連携により、Watch Magic 2での電話の応答が可能。「Bluetooth 5.1により 150mの距離でも」とありますが、さすがにこれほどの距離は無理?

Honor Watch Magic 2の外観

今回の記事は 2種類あるHonor Watch Magic 2のうち 46mmをメインとしていますが、上の画像のとおり、42mmはスッキリとしたベゼルなど女性向けのデザインとなっています。

 

▼46mmは、シルバーに淡いブラウンのバンドとブラックの2種類が用意されています。初代のWatch Magicではブルーもありましたが、シックな配色に。私としてはブラックが好み。

 

▼外観のコメントではないですが、視野角としては、この角度でも問題ないでしょう。

 

▼ブラックのバンドはシリコン製かと思いますが(仕様に明記なし)、全体の雰囲気・デザインともによいものです。

まとめ

記事を書き始めた時には、Amazfit GTRが全般的に優れているように感じていたのですが、製品情報を確認しているうちに高い水準で互角の製品のように思います。バッテリー消費としてはAmazfit GTRですが、ビルトインスピーカーの装備や機能性は Honor Watch Magic 2が優れているのではないでしょうか。気になる価格は 130.07ドルであり、Amazfit GTRより約30ドル安、GTR Liteよりも30ドル高。このクラスのスマートウォッチをお探しの方には悩ましい選択です。

 

▼AliExpressのHonor Official Storeでの、46mmの最安構成(フィルムなどのオプションなし)の価格は 130.07ドル(即発行の5ドルオフ クーポンを利用、4月23日時点)。

AliExpress

 

2020年6月2日追記。デザインとしては、こちらのHuawei Watch GT 2eがよいかも

Huawei Watch GT 2e、AMOLEDパネルのデザインに優れたスマートウォッチ。日本語対応で海外通販では約14千円で販売中
家族用のスマートウォッチを物色していた私ですが、Huawei Watch GT 2eのイメージ画像を見て最有力候補に。Amazfit GTRを所有している私としては、GTR LiteとHuawei Watch Magic 2を候補と...

 

関連記事

Amazfit GTR 実機レビュー、GPSオフで約60日の持続時間と視認性抜群の液晶で、 魅力満載のスマートウォッチ。ついに日本語対応も
明るく綺麗なスクリーンと驚異的なバッテリー持続時間が大きな特徴のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47MM」。Xiaomi関連企業の製品であるため、質感の高さと140ドル前後のコスパの高さも大きなメリット。 このAma...
GearBestにて、Amazfit GTR Liteが99.99ドルの安値更新。Amazfit T-Rexの販売情報も
GearBestにて Amazfit GTR Liteがさらに値下がりし 99.99ドルで販売されています。ただし、販売情報をよく見ると、送料が別途 7.79ドル要するため、合計ベースでは当初価格から僅か2ドルほどの値下がりですが、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました