Honor MagicBook X 15、15.6インチノートのスペックと価格情報

Honorからリリースされた、15.6インチの「Honor MagicBook X 15」。2021年6月3日時点では Honor 公式サイトでの掲載はないのですが、Banggoodにて販売されています。

Core  i3-10110Uにメモリ 8GB、PCIe SSD 256GB、FHDのディスプレイと、基本スペックは標準的ですが、15インチクラスとなるとキーボードにテンキーを備える製品が多いなか、テンキーなしと私好み。ディスプレイとキーボードの中心線のズレがないため、タイピング時の違和感がなく、大量タイピングでは重宝します。

スポンサーリンク

Honor MagicBook X 15のスペック

ハード面のスペックではありませんが、プレインストールのWindows  10は中国版であることに注意が必要です。日本語化する場合には、英語化、日本語化のステップが必要だろうと思います。

CPUIntel Core i3-10110U、2コア 4スレッド、最大 4.1GHz
GPUIntel UHD Graphics
メモリ8GB DDR4 2666MHz
ストレージ256GB PCIe SSD (換装可能)
ディスプレイ15.6インチ、IPS、解像度 1920 x 1080  (16 : 9)
WiFi11ac/a/b/g/n
Bluetooth5.0
ポート類USB 3.1、USB 2.0、USB Type-C x 2(フル機能+データ専用)、HDMI
サイズ35.73 x 22.95 x 1.69 cm、1.56kg
OSWindows 10 Home 中国版
その他アルミ製ボディ、バックライト付きキーボード(テンキーなし)、指紋認証

 

Xiaomi RedmiBook Pro 15 2021モデル、Core i5-11300H / i7-11370Hを搭載し、待望の高解像度化。デザイン秀逸の今すぐ欲しいハイエンド機
Xiaomiからリリースの「RedmiBook Pro 15」と「RedmiBook Pro 14」の2021モデル。すっかり情報を見落としていましたが、私としては待望のXiaomiの高解像度ノートです。以前、Xiomi Mi No...

スペック表は、上記リンク先で紹介のXiaomi RedmiBook Pro 15 2021モデルをベースとしたものですが、MagicBook X 15は RedmiBookのスペックを控えめにしたような趣きです。

RedmiBook Pro 15のCPUは 4コア 8スレッドのCore i5-11300H / Core i7-11370H、ディスプレイの解像度は 3200 x 2000とハイスペック。一方のMagicBook X 15は FHDのディスプレイにCPUは Core i3-10110Uと劣りますが、在宅勤務などの用途では十分。

 

▲テンキーなしのキーボードのため、左右のベゼル幅は太いのですが、テンキー付きの場合には ディスプレイとキーボードの中心線がズレるため、どうしても違和感を感じてしまいます。

その点、MagicBook X 15は、以下のMacBook Pro 15インチ(古い製品ですが)と同様に、違和感もなく 大量タイピングの際には重宝します。

MacBook Pro 15 Retina Late 2013、今更ながらの実機レビュー。第8世代 Core i3水準の体感と鮮やかな液晶で、まだまだ現役続行
M1 MacBook Airを購入し、明るくて鮮やかな画面と快適なレスポンスには十分に満足している私ですが、13.3インチの画面では在宅勤務などでは やや辛い。そこで、M1 Macの発売により、値崩れしている15.4インチのMacB...

 

▼英語キーボードとなりますが、「英数・かな切替」は以下のフリーソフト「Alt-IME」により、Macの日本語キーボードと同様に スペースキー両隣の(Alt)キーのワンタッチで対応できます。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

 

▼電源ボタンは指紋認証と兼用。指紋認証を意識することなく、ログインできます。


▲ポート類は、USB 3.0、USB 2.0、映像出力可能なフル機能のUSB Type-C、HDMIと十分。

 

▼アルミ製ボディに重量は1.56kgと、15.6インチとしては軽量です。

価格情報

Banggoodの6月3日時点の販売価格は 699.99ドル。記事を書き始めた当初は安いと思っていた価格ですが、Amazonでは Core i5-10210U、メモリ 8GB、SSD 256GB、15.6インチの「Huawei MateBook D」が 75,082円で販売されています。CPUはCore i3-10110UのMateBook Dがワンランク上のため、MagicBook X15のコスパ度は微妙なところ。納期や、MagicBook X15のWindows 10が中国版であることを考慮すると、二者択一ならば MateBook Dが優位。

Bangood

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました