CHUWI HiPad Plus、11型タブが2/22に発売予定。CPUはFire HD 10と同じMT8183を搭載

CHUWI 公式サイトにて、11インチ アスペクト比 4:3のAndroid タブレット「HiPad Plus」が、2月22日にリリースとアナウンスされています。2月7日時点では詳細スペックと価格は公開されていませんが、CPUに8コアのMediatek MT8183を搭載しています。今回はこの「HiPad Plus」の概要を速報ベースで記載します。

引用元

CHUWI 公式サイト、HiPad Plus

スポンサーリンク

HiPad Plus、2/7時点で公開されているスペック

2月7日時点では仕様の多くが公開されていませんが、上記の公式サイト、公式サイト内の動画で公開されている情報を記載しました。

CPUMediatek MT8183、8コア
GPUMali-G72
メモリ未公開
ストレージ未公開
ディスプレイ11インチ、アスペクト比 4:3、解像度 2176 x 1600、画面占有率 90%
WiFi、Bluetooth未公開
LTE未公開(おそらくは未対応)
カメラフロント 5百万画素、リア 13百万画素
バッテリー容量7300mAh
サイズ厚み 6.9mm、重さ 500g
OS未公開
その他アルミ製ボディ

 

CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース。179.99ドルで予約販売中
CHUWIより、10.1インチのAndroid タブレット「CHUWI HiPad X」がリリースされています。2018年夏にリリースの、従来機となるHiPadは CPUに10コアの MT6797X (X27) を搭載するものでした...

上の記事で紹介の「HiPad X」など、従来のCHUWIのAndroid タブレットと同様に、アルミ製ボディでシックな背面となっていますが、ポイントとなるはCPUのMediatek MT8183。なんと、以下の現行販売のFire HD 10 2019モデルと同じCPUを採用しています

Fire HD 10 2019のCPU MT8183のベンチマークスコアを、他のAndorid端末と比較してみた
2019年11月2日現在、レビュー記事やAmazon レビューも出回りはじめた Fire HD 10 2019モデル。レスポンスはよいものの、ディスプレイの黄色みが強いことや周辺減光などのコメントが散見されます。ディスプレイは実機を...

 

Fire HD 10が「Mediatek MT8183」を搭載していることは、こちらのAmazon デベロッパーにて確認できます。上記の私の記事を編集中に調べた範囲では、Geekbench 4のCPUベンチマークスコアは、2万円前後のスマホや「HiPad X」に搭載の「Helio P60」と同水準。

特筆すべきほどサクサク動作ではないものの、普段使いのアプリの場合には、遅さを感じることなく動作する水準です。メモリ搭載量の記載はありませんが 4GB、ストレージは128GBと推測します。

まとめ

おそらく、近日中に詳細スペックと価格が公開されるであろう「CHUWI HiPad Plus」ですが、CPUがFire HD 10と同じ「Mediatek MT8183」とはやや驚きです。Fire HD 10はコスパの高さに重きをおいた端末であり、HiPad Plusもどちらかと言えば価格で勝負の端末のように感じます(2/7時点では価格は未公開)。レスポンスとしては「HiPad X」と同等、もしくは、メモリやストレージも含めると(体感できるほどもなく)僅かに劣る水準と予想します。

「CHUWI HiPad Plus」の用途としては、11インチの画面を活かし、また、負荷を要するアプリをバリバリとこなすCPUではないため、Fire HD 10と同様に動画視聴が適しているように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました