CHUWI Hi10 X vs Surface Go、実機のベンチマーク比較。CPUスコアは同水準、価格は半値以下

私は10インチクラスの携帯用PCとしてSurface  Goを利用しているのですが、Gemini Lake N4100を搭載するCHUWI Hi10 Xの体感レスポンスは、Surface Goと同水準のような感覚です。以前、Surface Goのレビュー記事を投稿した際には、Surface GoのCPUである「Pentium Gold 4415Y」は、Gemini Lake N4100と同水準のベンチマークスコアであることを確認したのですが、あらためて、CHUWI Hi10 XとSurface Go 実機のベンチマークスコアを比較してみました。

関連記事

CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善

意外とサクサク、Surface Go 実機のベンチマークスコア、Gemini Lake N4100の比較も

スポンサーリンク

スペック比較

CHUWI Hi10 XとSurface Goのスペックと価格を簡易的に比較してみました。ちなみに、私がAmazon USAで購入した Surface Goは、日本で未発売のメモリ 4GB / 128GB PCIe SSDのモデルです(Officeなし)。

解像度やポート類も異なりますが、大きな相違はCPU。CHUWI Hi10 Xが多くのエントリークラスのPCに搭載されている Gemini Lake N4100であるのに対して、Suface Goは搭載例の少ない Pentium Gold 4415Y。

その他の部分では、以下などが異なります。

  • 解像度は僅かにHi10 Xが優位ですが、僅差のため目視しても違いはわからず。
  • Hi10 XのUSB Type-Cは2.0となり、外部出力には対応していません。
  • 横幅はHi10 Xが約9mm長いのですが、これはベゼル幅の相違によるものでしょう。
  • タブレット単体の重量は、偶然にも 522gと同じ。

 

▼CHUWI Hi10 Xの外観。Atom Z8350を搭載するHi10から変更のない外観であり、ベゼルはやや太め。

 

▼Surface Goの外観。ディスプレイの色合いは、Hi10 Xより自然(Hi10 Xのディスプレイもよいものです)。キーボード・タッチパッドの使い勝手のよさは、さすがにMicrosoft 謹製です。

▲▼関連記事はこちら

Surface Go レビュー、1ヵ月利用の使用感。普段使いではサクサク動作、キーボードも快適で10型では最高の携帯端末
Surface Goを使い始めて1ヵ月。毎日、通勤時に持ち運び、通勤電車内、あるいは昼休みに利用しています。これまで、10インチクラスの端末としては、iPad、Chormebook、他のWindows 10 PCを使ってきましたが、...

価格比較、Hi10 XはSurface Goの半値以下

記載するまでもなく、日本で販売のSurface Goは、正規の価格のOffice 2019が付属しているために割高。以下の記事で記載していますが、私は約1年前の2019年3月に、Amazon USAから、メモリ 4GB / 128GB PCIe SSDのOffice なしモデルを545.75ドルで購入しました。

Surface Goを注文した背景と利用目的。10インチでキーボード込み800g未満の軽さは大きな魅力

上記のUSAモデル(キーボード付き)をベースとした場合にも、Surface Goの545.75ドルに対して、CHUWI Hi10 Xのキーボード・スタイラスペン付きのBanggoodのクーポン価格は 249.99ドル。半値以下となっています。

 

▼Banggoodのキーボード・スタイラスペンのセット販売情報。クーポン「BGa75ce2」の利用により 249.99ドル

CHUWI HI10 X、キーボード・スタイラスペン セット

 

▼タブレットの単体は、クーポン「BG71d31c」の利用により 199.99ドル。

CHUWI Hi10 X 単体

 

▼Amazon 日本サイトのSurface Goは割高であるため、参考表示です。

ベンチマークスコア比較

CHUWI Hi10 XとSurface Goのベンチマークスコア比較です。双方ともに、ゲームなど重たい処理には向きませんので、Geekbench、ドラクエベンチマークの軽めなソフトでの計測です。

結果としては、GPUは明らかにSurface Goが優位ですが、CPUベンチマークスコアはほぼ同水準。オフィスソフトなどの体感レスポンスでも、どちらが優れているとも言えず、CHUWI Hi10 X、Surface Goともにライトユースではサクサクと動作します。

 

▼Geekbench 5のCPUベンチマークスコア。普段使いに影響するシングルコア、メディア関連に影響するマルチコアともに、Hi10 Xがやや優れています。

 

▼Geekbench 4のシングルコアでは、Surface Goが優位な結果に。

 

▼ドラクエベンチマークのスコアは圧倒的にSurface Goが優位。Gemini Lake 搭載機に共通ですが、Gemini LakeのスコアはApollo Lakeよりも劣ります。

 

▼ストレージのCrystalDiskMarkは、eMMCとPCIe SSDの差もあり、スコアの差はかなりあります。体感的にも Surface Goが速いのですが、それほど大きな体感差ではありません。

まとめ

CHUWI Hi10 XとSurface Goの実機でのベンチマークスコアを比較してみました。GPUはSurface Goが大きく優位ですが、CPUベンチマークスコアは同水準と言えるでしょう。ライトユースでの体感レスポンスも同水準。

Surface Goは割高なため、比較対象がよくないのですが、Surface Goの半値以下のCHUWI Hi10 Xのコスパ度は圧倒的。ただし、双方を所有している私としては、重量やキーボード・タッチパッドなども含めた全般的な使い勝手としては、Surface Goが優れています。

コメント

OCN モバイル、決算セール

CHUWI Hi10 X 実機レビュー

Hi10 Pro / Airから大幅スペックアップのHi10 X。レスポンスは良好です。

▼実機レビュー記事
CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善
タイトルとURLをコピーしました