CHUWI HeroBook Pro 日本語キーボード版もスペックと特徴

Amazonでの展開など、最近 日本市場にも力を入れているCHUWIですが、いつの間にかHeroBook Proの日本語キーボード版が販売されています。スペックは英語キーボード版と同じく、Gemini Lake N4000、メモリ 8GB、SSD 256GB、14.1インチのIPSパネルですが、英語キーボードに不慣れな方には吉報です。

スポンサーリンク

CHUWI HeroBook Proのスペック

現行販売のCHUWIのWindows 10 ノートとしては最安となる(2 in 1のHi10 Xを除く)HeroBook Pro。エントリーノートとしてはスペックは充実しています。

CPUGemini Lake (Celeron) N4000
GPU Intel UHD Graphics 600
メモリ8GB DDR4L
ストレージ256GB SATA M.2 SSD
ディスプレイ14.1インチ、IPS、グレアパネル、解像度 1920 x 1080 (FHD)
WiFi11b/g/n
Bluetooth4.0
ポート類USB 3.0、USB 2.0、Micro HDMI
バッテリー容量5000mAh / 7.6V
サイズ332 x 214 x 21.3mm、1.39kg
OSWindows 10 Home
その他プラスチック製、日本語キーボード

 

上の画像はGemini Lake N400相当のN4020、下はN4100相当のJ4155のGeekBench 5のCPUベンチマークスコア。

▲普段使いで普通に動作するPCの、私の基準はGemini Lake N4100(もしくは Apollo Lake N3450)以上ですが、N4000のベンチマークスコアはN4100と同等もしくは僅かに劣ります。以下のN4020を搭載する ASUS E210MAの使用感では、ライトユースでは遅さを感じることなく動作します。ただし、上位機と比較すると、Windows 10の更新前後で負荷がかかる場合のモッサリ感は際立ちます。

 

▼CHUWIのエントリー機ながらも、ディスプレイはIPSパネルのFHD。Pro版ではない無印版は、発売直後は視野角の狭いTNパネルでした。TNパネルとIPSパネルは視野角が大きく異なり、製品によりますが、TNパネルの場合には目の疲労にも影響します(私の場合)。HeroBookは、IPSパネルで安心。

CHUWI HeroBook Proの外観と機能

LapBook ProやAeroBookなどと同一製造元である「HeroBook Pro」ですが、上位機が金属製であるのに対して、HeroBook Proはプラスチック製であること。ただし、プラスチック製ながらもデザインは上位機と同等です。

 

▼Gemini Lakeクラスでは、こちらのGemiBookもよい選択肢です。Gemini Lakeでは珍しく、メモリ 12GB搭載し、より高速なNVMe SSDも搭載可能です。

CHUWI GemiBook、Gemini LakeでRAM 12GB, PCIe SSDも増設可能な13型ノート。セール価格は299.99ドル(9/15開始)で人気製品となる予感
CHUWIより、2K 解像度 / アスペクト比 3:2の13インチノート「GemiBook」がリリースされています。先行販売のCoreBook ProのGemni Lake版の位置付けですが、名称のとおりにGemini Lake J...

 

▲▼特にベゼル幅が狭いなど際立つものはありませんが、CHUWIの製品に共通するシックな外観と、下に向かって絞り込まれたサイドのデザインなど、質感の高さを上位機譲り。現行販売品ではありませんが、デザインなどは以下のLapBook SEの記事が参考になると思います。

Chuwi LapBook SE レビュー、外観編。3万円とは思えない質感に大きなキーボードは格別な使いやすさ
9月19日に注文したChuwi LapBook SEですが、一時的な在庫不足のあおりを受けて11月1日にようやく受領。納期の関係から注文を他の製品にしようかと迷いもあったのですが、待っていて正解でした。大きめのキーボードは入力しやす...

 

▼こちらのサイドのデザインが秀逸。Mini HDMIとありますが、Micro HDMIですね。

 

▲日本語キーボード。

最下段のスペースキーや、右のEnterキーの大きさなどから、英語キーボードに日本語の印字としたキーボードのようであり、右Altがないなど一部のキーを犠牲にしているようです。私は英語キーボードの場合にも、以下のAlt-IMEでワンタッチで英数・かな切替を行えるよう設定していますが、英語キーボードに抵抗のある方には、日本語キーボードの搭載は吉報です。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

価格情報

Banggoodの英語サイトのなかで、一部は妙ですが日本語で表記していることに好感(私は英語表記に慣れているために違和感がありますが)。クーポン「BGJPCWHG2」の利用により 229.99ドル、9/30まで。

CHUWI HeroBook Pro 日本語キーボード版
▼一方、Amazonでの9/26時点の価格は、10%オフクーポンの利用により 30,600円。Banggoodとの価格差は約6,000円。CHUWI直営店での販売のため、Amazonも良心価格です。

コメント

CHUWI HiPad X

Helio P60、eMMCより3倍高速なUFSを搭載の10型タブレット「CHUWI HiPad X」。Banggoodでは 179.99ドルで予約販売中(キーボードは別売り)

Banggood 販売ページ

▼詳細記事はこちら
CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース
タイトルとURLをコピーしました