GPD Win 2、Core M3搭載のWin 10 GamepadがGeekbuyingでセール中

先日の記事「 Chwui CoreBook、Teclast F6 Proなど、500ドル未満のCore M3機を比較してみたにて、パフォーマンス重視ならおすすめのCore M3搭載機のうち、500ドル未満の機種を紹介しましたが、500ドル超となるとさらに魅力的な機種がラインナップに加わります。今回はこのうち、2018年8月21日現在 Geekbuyingにてセールを行っている「GPD Win 2 」について、以下の過去記事からポイントのみの再掲です。

 

関連記事

出荷間近のGPD Win 2がプレセール中。高スペックと豊富な拡張性など、その魅力を再度確認してみた

GPD Win 2、海外レビュー動画にみる特徴。スペック以外にも魅力満載

GPD Win 2のスペックと特徴のおさらい

GPD Win 2のスペック表の再掲です。参考までにGPD Win 1、私が実機レビューしたGPD Pocket 7のスペックを参考までに併載しています。

GPD Win 2のスペックは、Core M3 7Y30の機種としては標準的なものですが、ポータブルゲーム以外の用途としても、以下などの魅力が満載です。

GPD Pocket 1週間使用後の総括レビュー。高品質なボディにサクサクなレスポンス、つい弄りたくなるUMPC
GPD Pocketのレビュー3回目となる今回は、1週間使用後の総括レビューとなります。質感はかなり高め、レスポンスもライトユースには十分すぎるほどのGPD Pocketです。 Geekbuyingさんからお借りした製品でのレ...

 

小さなボディに高い基本性能

「Core M3 7Y30の機種としては標準的なスペック」と記載しましたが、通常のPCとしても十分すぎるほどのスペックを小さなボディに詰め込んだGPD Win 2は、それだけでもかなり魅力的。

以下は過去記事(源泉はIndiegogoサイト(日本語))の再掲ですが、GPD Win 2のゲームとしての特徴以外をピックアップしたものです(基本スペックを除く)。

  1. 洗練された外観デザインは、ドイツのレッドドット賞(注)受賞チームと共同で開発
  2. シャープ製LCD 6インチパネルを搭載
  3. 温度制御機能のある、2000〜10000rpmの可変式ファンを装備
  4. アルプス電気製3Dジョイスティックを採用
  5. 底面には、M.2 SSDカードを簡単に交換できるようにカバー付きスロットを搭載
  6. 排気口は背面に。これは排気口が側面にあったGPD Winへのユーザーの意見(手で持った際に妨げになる)を反映してのこと
  7. 2×4900mAhの大容量かつ高密度のポリマーリチウムバッテリーを使用

 

▼Core M3 7Y30のレスポンスは以下の記事を参照ください。ベンチマークスコアもさることながら、Apollo Lake / Gemini Lake搭載の機種と比べると、体感レスポンスもワンランク違います。

Teclast F6 Pro、ベンチマーク,レスポンスの体感レビュー。Webサイトの表示で即感じた心地よさ
先の記事「13.3型,Core M3,SSD搭載のTeclast F6 Pro、実機の外観レビュー」に続き、ベンチマーク結果、レスポンスの体感レビューです。 CPUにCore M3、メモリ8GBを搭載するTeclast F6 ...

 

小さいながらも高い拡張性

さすがに小さなボディのためミニPCほどの拡張性とはいきませんが、USB 3.0、Type-C、Micro HDMIと一通りのポート類を備えています。さらに、SSDを交換できるようカバー付きのスロットもあります。

さらに、海外レビュー動画で確認した以下の事項は、私のようにPCを弄るのが大好きな方にとってはかなり魅力的。

  • カバー付きのスロットから簡単にSSDを交換可能。
  • バッテリーは二段重ねであり、交換可能としています。ただし、バッテリーが容易に手に入ればとなりますが。
  • 天板の黒い部分はABS製ですが、これを金属製に交換可能。内部にスペースがあり、このスペースを利用してパーツの増設可能としています。

 

詳細は以下の記事を参照ください。

出荷間近のGPD Win 2がプレセール中。高スペックと豊富な拡張性など、その魅力を再度確認してみた
先の記事「GPD Win 2、海外レビュー動画にみる特徴。スペック以外にも魅力満載」でお伝えした、ポータブルWindowsゲーム機「GPD Win」の後継となる「GPD Win 2」。2018年5月に出荷予定となっていましたが、海外...
GPD Win 2、海外レビュー動画にみる特徴。スペック以外にも魅力満載
2018年5月に出荷予定となっている、ポータブルWindowsゲーム機の「GPD Win」の後継となる「GPD Win 2」。海外のレビュー動画(GPDの動画でしょうか?)やIndiegogoサイトをみると、ゲームをしない私にとって...

 

まとめ

Gamepadの位置づけとなるため、6インチの小さなボディサイズでテキスト入力を大量に行うような使い方には不向きですが、ゲームを行わない私にとってもかなり魅力のGPD Win 2。基本スペックの高い機種だけに、普段はPCモニターに接続してのメインPCとして、さらには出張時のホテル内での端末(HDMI経由でホテルのテレビへ接続)としての利用価値は大いにあります。

 

▼Geekbuyingでの2018年8月21日のセール価格は699.99ドル(79,216円)

GPD Win 2 (Geekbuying)

 

▼同じくGeekbuyingにてセールを行っているCore M3機が、こちらのXiaomi Mi Notebook Air 12.5

都内のスタバでも見かけたことのある製品ですが、その質感はMacBook Airに負けていません。

Xiaomi Mi Notebook Air 12.5 (Geekbuying)

 

セール情報
kenkenをフォローする
コスパの高いノートPC
Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・Gemini Lake ノートの定番となりそうな予感

Win And I net

コメント