GPD Pocket 2 Max,One Mix 3,Falcon,Minibook、8インチ級 Win 10 PCのスペック比較

GPD Pocket 2 MaxにOne Mix 3、そして FalconにChuwi Minibookと8インチクラスの本家 GPD Pocketとそのクローンがほぼ同時期にスペックが明らかに。4月29日時点ではスペックの詳細が読み取れない部分もあるのですが、現時点で判明・推定可能なスペックを比較してみました。

スポンサーリンク

スペック比較

トップ画像はFalcon、上の画像はChuwi Minibookですが、タッチパッドのあるGPD Pocket 2 Max以外(One Mix 3 / Falcon / Chuwi Minibook)については、ぱっと見では区別しにくい状況に陥っています。

さて、現在判明しているスペックの比較表は以下となります。なお、Falcon以外は正式販売前となり、他の製品はリリース前ですが、この時期の製品は通販サイトでも情報が錯そうしており、私も含めて誤植の可能性があることをお含みおきください。

上表で明らかなように、スペック的には以下の2つに分類されます。

  1. GPD Pocket 2 Max / One Mix 3は、Core m3-8100Y、メモリ 8GB超、PCIe SSD搭載とスペック追求型。ディスプレイの解像度も高くなっています。
  2. Topjoy Falcon / Chuwi Minibookは、CPUにPentium Silver N5000 あるいはGemini Lake N4000/N4100 (いづれもほぼ同水準のCPU)、ストレージはSATA接続と、コスパ追求型。

 

上記1のGPD Pocket 2 Max / One Mix 3は、そのスペックの高さから、デスクトップ代替として今後数年間は十分に使用できるものです。

一方の上記2のTopjoy Falcon / Chuwi Minibookもライトユースでは十分なもの。私はサイト記事編集をメインとしてPCを使用していますが、Gemini Lake N4100のPCをメイン利用しており、レスポンスは十分。

 

Falcon、Chuwi MiniBookともに仕様変更となり、Core m3-8100Y搭載となっています

Falcon 2、8型UMPCがCore m3 8100Yにスペックアップしリリース予定。GPD Pocket 2 Max、One Mix 3に対抗
クラウドファンディングを経て、4月に発売となったばかりのFalcon。GPD Pocket 初代、One Mixの8インチ クローンとなりますが、今度はCPUにCore m3 8100Yを搭載するFalcon 2がリリース予定です。...
Chuwi MiniBook 詳細が公式サイトで明らかに。GPD Pocke 2 Max対抗でCPUはCore m3 8100Yに仕様変更
4月に速報ベースでお伝えしたChuwi MiniBookですが、Chuwi Officialサイトに正式にアップされています。驚きなのが、CPUは当初 Gemini Lake N4000/N4100としていたのですが、GPD Poc...

機能性の比較

通常のラップトップであれば、4製品の機能性に大きな相違はないと言えるかもしれませんが、いづれも変則的なキーボードのため、その機能性はキーボードによるところが大きいのではないでしょうか。

また、GPD Pocket 2 Max以外は、360度回転機構のディスプレイを備えており、スタイラスペンを多用する方にとっては、大きなメリット。ちなみに、私について言えば、Windows 10のタッチパネルは、iPadやAndroidタブレットに比べると細やかなタッチがしにくいため、360度回転機構に大きな魅力を感じていません。

 

上の画像は、One Mix 2Sのキーボードですが(「One Mix 2S 実機の外観レビュー。精巧・精緻な造りも、キーボードはサイズ的に難あり」、7インチの小さなサイズなうえに、右側のキー配置や中央の分割されたスペースキーなど、変則的なキーのために、快適なタイピングとは言い難いものです。

One Mix 2Sのキーボードをそのまま大きくしたような、Falcon / Chuwi Minibookのタイピング感はいかがなものか。8インチと大型化したために、タイピングしやすくなっていると思いますが、購入前に実機レビューを参照したいもの。

 

▼Falconの実機レビューは以下のGIGAZINEの記事が参考になります。「キーボードには慣れが必要」とありますが、打鍵音はほぼ無音とあり、電車内や公共施設での使用には問題なさそうです。

6万6000円でゲットできる超高コスパ&超コンパクトの8インチ2in1ノートPC「Falcon」実機レビュー

 

▼一方のGPD Pocket 2 Maxは、変則的なキーの程度とタッチパッドの出来が大きなポイント。やはり、L/Pの右あたりのキーが変則的なうえに、小さなタッチパッドの使い勝手はいかがなものか。

 

なお、Chuwi Minibookは、背面からM.2 SSDスロットにアクセス可能なことと、USBポートが左右の両サイドにあることが、さりげないメリット。

 

▼こちらはFalconの外観とポート類の配置ですが、現時点では Chuwi Minibookはほぼ同じで、USBポートが左右に存在することが相違と思っていただいてよいかと思います。

 

▼参考までに、Chuwi Minibook (上)とFalcon (下)の動画です。明らかにパーツを流用あるいはクローンですが、個人的には両サイドにUSBポートのあるMinibookの使い勝手が優位とみています。それにしても、Chuwiまでもがクローン販売とは驚きです。

 

まとめ

GPD Pocket 2 MaxにOne Mix 3、そして FalconにChuwi Minibookとこれほどまでに、クローン的な端末が乱立してよいものかと妙に心配してしまいますが、ユーザーにとっては選択肢が増えるので喜ばしいこと。

4製品のスペックを比較しましたが、どれが最もよいかなどを言い表せないのですが、8インチ超となると、10インチクラスも選択の範囲内(用途的にみた場合)となる可能性が高いために、コスパに優れたFalcon、Chuwi Minibookで十分なような感覚です。

 

▼4製品のうち、2019年4月29日時点で販売中の製品はFalconのみ。

Geekbuyingでの画像の価格は569.99ドルとなっていますが、クーポンコード「OJCQVTJQ」の利用により559.99ドル。SSD 256GBのバージョンでスタイラスペン付き。

Falcon

One Mix, GPD
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント