GPD Pocket 2の廉価版、Celeron 3965Y・RAM 4GB搭載で新登場。Geekbuyingにて435.99ドルで販売中

Celeron 3965Y・メモリ4GBを搭載するGPD Pocket 2の廉価版が、1月25日の国内販売を前に海外通販サイトで販売されています。ボディ色は専用となるアンバーブラック。ブラックとしつつも、Appleのスペースグレイに近い色のようです。今回はこのGPD Pocket 2の廉価版のスペックと特徴をお伝えします。

スポンサーリンク

GPD Pocket 2 廉価版のスペックと特徴

当サイトでは初代 GPD Pocketの実機レビューを記事は掲載していましたが、すっかりPocket 2の紹介が漏れていました。

GPD Pocket 1週間使用後の総括レビュー。高品質なボディにサクサクなレスポンス、つい弄りたくなるUMPC
GPD Pocketのレビュー3回目となる今回は、1週間使用後の総括レビューとなります。質感はかなり高め、レスポンスもライトユースには十分すぎるほどのGPD Pocketです。 Geekbuyingさんからお借りした製品でのレ...

 

今回の廉価版では、CPUにCore m3-7Y30、メモリ 8GBを搭載するPocket 2から、CPUはCeleron 3965Y、メモリを4GBとすることで価格を抑えています(CPU、メモリ、ボディ色以外はPocket 2の仕様を据え置きです)。

 

以下のスペックは、Geekbuyingサイトより引用したものです。

  • CPU : Intel Celeron 3965Y
  • GPU :Intel HD Graphice 615
  • メモリ : 4GB、DDR3
  • ストレージ : 128GB eMMC
  • ディスプレイ :7インチ タッチパネル、解像度 1920 × 1200 (16:10)
  • WiFi : 11a/ac/b/g/n
  • Bluetooth : 4.1
  • ポート類 : USB Type-C、USB 3.0、HDMI
  • サイズ : 181 × 113 ×14(最厚)mm
  • 重さ : 465g
  • OS : Windows 10 Home

 

さて、GPD Pocket 2の記事は巷にあふれていますので、今回はCPUとメモリのみに焦点をあてます。

 

Celeron 3965Yのパフォーマンス

Celeron 3965Y搭載機を紹介するのは初めてなのですが、国産では以下のNEC LAVIE Direct NM が同CPUを搭載しています。

 

さて、2コア 2スレッドのCeleron 3965Yの性能ですが、CPUのベンチマーク比較では海外サイト頼み。Geekbenchサイトによると、Single-Coreのスコアは1791、Multi-Core Scoreは3097となっています。これを私がこれまで実測した機種の一部と比較したものが以下。

 

  • Single-CoreはN4100と同等のため、私の使用感ではWebサイト閲覧や動画視聴、大容量ではないオフィスソフトの操作では、遅いと感じることなくサクサクと動作
  • Multi-Coreから判断すると、3Dゲームを動かすのは苦手となるでしょう(ドラクエベンチマークのスコアを想定しての推測)。

 

メモリ 4GBでも不足感なし?

メモリ 8GBから4GBへ半減となった廉価版のGPD Pocket 2ですが、メモリ 4GBで十分なものか。

私はメモリ 4GB機を複数運用しているのですが、メモリ不足を感じたことは一切なし。PCの主用途はサイト記事編集、簡単な画像編集、Webサイト閲覧、YouTube視聴、たまにExcel操作ですが、この程度のライトユースでは、メモリ 4GBでも十分。

仮にスワップしている場合にも、HDDより速いeMMCあるいはSSDでの運用ですので、スワップしていることを感じずにいるのでしょう。

まとめ

スペックダウンとともに価格も控えめとなった、廉価版のGPD Pocket 2。以下のとおり、Amazonでは64,500円、海外通販サイト Geekbuyingでは435.99ドル(1/19時点では48,977円)となっています(かなりの価格差があります)。

一方、廉価版ではありませんが、ライバルとなるOne Mix 2の価格はスタイラスペン付で629.99ドル(Geekbuying、70,770円)。こちらは、CPUにCore m3-7Y30 / メモリ 8GBであるうえに、ストレージはPCIe接続であることが大いに魅力的。

 

 

Geekbuying

 

▼私には、廉価版のGPD Pocket 2よりも、ストレージがPCIe接続のSSDであるOne Mix 2がより魅力的に。

Geekbuying

 

One Netbook One Mix 2、Core M3 7Y30,PCIe SSDと大幅スペックアップし新登場
One Netbook One Mixが大幅にスペックアップしてOne Mix 2として登場です。なんと、CPUはAtom Z8350からCore M3-7Y30へ、さらに驚くことにストレージは128GB eMMCからPCIe接続の...
One Mix 2S、Core M3-8100Y版が新登場、Core M3-7Y30版とのスペック比較
One Netbook One Mix 2が出荷前となっているなか、今度はOne Mix 2Sが登場です。One Mix 2のCPUがCore M3-7Y30であるのに対し、One Mix 2SはCore M3-8100Yを搭載して...

 

GPD
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

CHUWI HiPad X

Helio P60、eMMCより3倍高速なUFSを搭載の10型タブレット「CHUWI HiPad X」。Banggoodでは 179.99ドルで予約販売中(キーボードは別売り)

Banggood 販売ページ

▼詳細記事はこちら
CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース
タイトルとURLをコピーしました