Amazonで人気のGooDee社のプロジェクター、YG420と新発売のBL98の特徴を確認してみた

Amazonで人気のプロジェクターのブランド「GooDee」。このうち、4600ルーメンのYG420の3月29日時点のレビュー数は735にして評価は星4個半とかなりの高評価。たまたま、タイムセールで8,668円となっていることもあり、GooDee社とYG420、そしてAmazonで未発売のBL98の概要を確認してみました。

スポンサーリンク

GooDee社について

私はパソコンなども含めて、はじめて見聞きするブランドについては公式サイトを確認することが多いのですが、以下の公式サイトはしっかりとしたものです。

GooDee 公式サイト(英語)

上記サイトにて確認した GooDee社の概要(ポイントのみを記載)は以下。

  • 中国 深センをベースとした会社。
  • 公式サイトには、SHENZHEN ALPHAS TECHNOLOGY LIMITEDの記載があり、こちらが母体か(未確認)。
  • オーディオ・ビジュアルの分野で10年以上のキャリアがあり、2007年にeコマースに参入。
  • 公式サイト、Amazonでの販売をメインとし、アメリカにも倉庫あり。また、香港にも拠点があるようです。
  • 日本のAmazonでの販売は「GooDee」とあり、GooDeeのダイレクト販売のようです。
  • 販売する製品は、プロジェクター、プロジェクター関連アクセサリーに特化。

 

Amazon USAを確認してみると、日本のAmazonと同規模・同水準のレビュー数・評価となっています。

Amazonで人気のYG420

製品の特徴はAmazon、製品画像は公式サイトがわかりやすいのですが、Amazonから抜粋の特徴は以下となっています。

  1. 明るさ 4600ルーメン、実効解像度は1280 x 720P、最大1080Pにも対応。
  2. 4000:1の高コントラスト。このコントラストがよいとするレビューコメントも多いです。
  3. 投射距離は1.5m~4.5m、画面投影サイズは40~200インチ。
  4. 24.5 x 16.6 x 8.15cmのコンパクトなサイズに、専用収納ケースが付属。
  5. HIFIレベルのステレオスピーカーを採用。
  6. 新型の冷却システムを採用し、ファンノイズを抑制。
  7. LEDランプは 30000時間以上の稼働を実現。
  8. 別売のケーブルにより、iPhone (Lightning to HDMI交換ケーブルが必要)、Android スマホ(USB to HDMI交換ケーブルが必要)と接続可能。

 

他のプロジェクターも同様ですが、実機を確認しないとわからないことが、上記の1/4/5。コメントは以下ですが、このあたりはレビューをじっくりと読み込んでの購入とすべきでしょう。

  • 私は他社のプロジェクター 4製品を所有していますが、ユーザーでは明るさを測定できないために感覚的なものですが、製品紹介よりも低めの明るさとなることが多く、ワンランク下げた明るさと認識したほうが無難。ただし、夜の暗闇で投射すると、3000から5000ルーメンクラスでは、大きく認識できるほどの明るさの差はないような感覚です。
  • ファンノイズとスピーカーの音量も製品紹介では確認できないために、レビューコメントが参考となります。一般的な傾向では、ファンノイズを抑えているとする場合にも、ノイズは大きめ。冷却のためには仕方のないことでしょう。
  • 実効解像度が高めの製品でも、映画の字幕は読み取れるものの、オフィスソフトの小さなテキストの判別はやや厳しい。

 

スペック・特徴としては一般的ですが、24.5 x 16.6 x 8.15cmのコンパクトなサイズに1.2kgの軽量級であることは魅力的。大きめのサイズで設置場所に困るサイズのプロジェクターも多いなか、コンパクトサイズで1.8mの距離で60インチの投射。狭い部屋でも、ほどほどの大画面で楽しむことができます。

 

▼台形補正のキーストーンは±15°と標準的ですが、フォーカス・キーストーンと暗闇の手探りでも操作しやすい位置にあり、デザインもよいもです。

 

▼ポート類は、HDMI、USB x 2、ヘッドホンジャック、AV、VGAと標準的なもの。

 

▼質感や接続については、こちらのレビュー動画が参考になります。画面右の円形の部分は電源オンオフのLEDのようです。片手で持てるコンパクトさ、レンズ部分のデザインが秀逸。

 

新発売のBL98

3月29日現在では日本のAmazonでは販売していませんが(公式サイトとAmazon USAでは販売)、BL98のポイントについて記載します。

大きな特徴としては、6800ルーメンの明るさに1080P (FHD)のネイティブ解像度、本体上にはタッチパネルの操作ボタンを備えています。私としては台形補正の調整幅(デジタル補正の有無)を確認したかったのですが、情報は見つからず(見落としかも)。

 

▼デフォルメされているようにも思いますが、4500ルーメンと6800ルーメンの明るさの相違事例。

 

▼HDMI x 2、USB x 2、VGAにAVと充実したポート類

 

▼こちらは、天板にあるタッチパネルの操作メニュー。青く発光するようですので暗闇でも操作可能です。

 

▼公式サイトでは、クーポン「GD30OFF」の利用により、189.99ドルで販売中。なお、クーポン「GD30OFF」はGooDee 公式サイトで販売の200ドル以上のプロジェクターが全て 30ドルオフとなります。

GooDee 公式サイト BL98

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました