Amazonで人気のGM-JAPAN 14.1インチノート、スペックと海外通販の同ボディPCを確認してみた

Amazonを巡回していて気になったPCが、Windows 11を搭載のGM-JAPAN 14.1インチノート。2022年3月19日現在では、4,225件のレビューがあり、評価は星4個半と高評価。これほどの件数を集めながら、サクラレビューを機械的に判断する「サクラチェッカー」の判定も、余裕の合格です。

私が所有する「Jumper EZBook X4」と同じボディの、CPU・キーボードを変更したPCとなりますが、スペックなどを確認してみました。

スポンサーリンク

GM-JAPAN 14.1ノートのスペック

2022年3月19日時点のAmazon 価格は 41,800円。CPUは現行 Celeron Jasper Lakeの2世代前のApollo Lakeとなり、ボディも古いことから私としては やや割高に感じます。

CPUCeleron (Apollo Lake) N3450
GPUIntel UHD Graphics
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
ディスプレイ14.1インチ、IPS、解像度 ‎1920 x 1080
WiFi‎2.4G / 5G
Bluetooth5.1
ポート類USB 3.0、USB 2.0、Micro HDMI
バッテリー容量5,000mAh
サイズ33.2 x 22.2 x 0.8〜1.1cm、1.32kg
OSWindows 11 Pro
その他WPS Office 2 (MS Office 互換)搭載、アルミ製ボディ、日本語キーボード

 

上述のとおり やや割高感のあるスペックとなり、古さを感じるボディ。具体的には以下です。

  • 後述しますが 2018年半ばにリリースの製品を、日本語キーボード・CPUなどを変更し、独自カスタマイズしたもの。
  • CPUは2世代前のCeleron (Apollo Lake)となり、同CPUが全盛の2018〜2019年には多くのPCに搭載。現在でも 100ドル台半ばのミニPCに同CPUを搭載している事例もあります。
  • 搭載する Apollo Lake N3450は、Web サイトのブラウジングやWord、データ量の多くない Excelは普通に動作します。
  • ただし、Widnows 更新前後のバックグラウンドプロセスが動作している際には、上位機以上にレスポンスが悪化、悪化の時間が長くなります。
  • ディスプレイやキーボードのベゼル幅(多くの現行機より やや太い)など、やや古さを感じるボディですが、天板と底板はアルミ製となり 質感と剛性は高いもの。
  • 同ボディを使用の海外通販PC(現在では流通していません)は英語キーボードとなりますが、日本語キーボードであるのはよいこと。
  • Apollo Lake N3450は、正式にはWidnows 11に対応していないため、今後のセキュリティ・大型アップデートの対象外となる可能性もあります。

 

▼私は同CPU(Apollo Lake N3450)を搭載するPCを複数所有していますが、事例としては以下です。ベンチマークスコアなどの参考に。

BMAX B2 実機レビュー、N3450搭載の実用的で静音仕様、NVMe SSD増設可・Win 10 Proと150ドル未満ではベストなミニPC
Apollo Lake N3450を搭載しつつも、NVMe対応のPCIe SSDを増設可能なミニPC「BMAX B2」。BMAXのミニPCには、B1、B2、B2 Plus、B3 Plus、B4 Proと4製品があり、下位のB1がコン...

過去に海外で販売の同ボディモデル

上の写真は、手元にある同ボディ(キーボードは英語キーボードとなり、配色も異なります)を使用する「Jumper EZBook X4」。2018年に発売の製品ですが、当時の中国新興ブランドのノートパソコンは、MacBookのクローン的なデザインが多く、質感・デザインともに秀逸です。

EZBook X4、その他のOEM製品はスペックのバリュエーションが多いのですが、私のモデルはCPUにGemini Lake N4100(Apollo Lakeの後継)を搭載し、メモリは4GB、Windows 10から11に更新しています。

2018年〜2019年には、同ボディの多くのOEM製品が販売されていたのですが、AliExpressで確認したところ、2022年3月19日時点では該当ありませんでした。唯一「Jumper EZBook X4」がありましたが、割引前価格の表示であり 参考にならず。

 

▼古い記事ですが、「Jumper EZBook X4」の外観はこちら。実機を今確認しても、アルミ製ボディの質感は高いもの。

Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い質感に
いよいよ出荷開始となったJumper EZBook X4 IPSパネル版。TNパネル版が先行販売されていましたが、IPSパネル版の販売を待っていた方も多いのではないでしょうか。 このJumper EZBook X4 IPSパネ...

 

▼EZBook X4のデメリットは、キーと印字が同系色で印字の視認性がよくないこと。GM-JAPANの製品は、ブラックのキーに白の印字、しかも日本語キーボードであることは評価できます。

まとめ

中国製PCでありながら 独自カスタマイズにより日本語キーボードとしたこと、過去に海外で人気のあった製品と同ボディ(アルミ製で質感・剛性が高い)を使用していることなど、私としては一定の評価もできる製品です。

ただし、現行のJasper Lakeより2世代前のApollo Lake N3450を搭載するPCとしては割高感もあり、レスポンス重視では、Jasper Lakeを搭載する製品がおすすめ。

 

▼2022年3月19日時点のAmazon 価格は 41,800円

 

▼英語キーボードとなりますが、レスポンス・コスパ度では Jasper Lake N5100を搭載の以下の製品がおすすめ。Apollo Lake N3450とJasper Lake N5100では、レスポンスに大きな相違があります。2022年3月16日時点のAmazon 価格は、クーポン利用により 38,500円。

Jasper Lake N5100搭載のCHUWI GemiBook Pro / X、Amazonのクーポンセール情報。14インチのProは 35,500円
CHUWIの製品は、AliExpressやBanggoodなどの海外通販よりも 国内のAmazonが通常価格においても安いのですが、2021年12月18日時点のAmazonでは、ノートパソコンの多くでクーポンが配布されています。 ...

 

▼Jasper Lake N5100と同水準のN5095のベンチマーク・体感レスポンスはこちら。

TRIGKEY Green G2、Jasper Lake N5095搭載 ミニPC 実機レビュー。ベンチスコアはCore i5-5200U相当、かなりおすすめの200ドルPC
2021年11月26日時点では、CPUにJasper Lakeを搭載する製品は多くないなか、Banggoodから販売の「TRIGKEY Green G2」は Jasper Lake N5095を搭載し、メモリスロットを2つ装備してい...

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました