Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45にHDDを増設、取付簡単で内部構造に感心

Gemini LakeのミニPC「Beelink Gemini X45 Premium」が、そのコンパクトなボディにGemini Lakeを搭載しほどよいレスポンス、さらにはファン付ながら静音と実に快適です。このためより有効利用すべく、2.5インチのHDDを増設しました。この取付のフレームなどがよくできており、先の記事「Win 10 ミニPC Gemini X45、マザーボードなどの内部を確認。造り込みのよさはさすがにBeelink」でも内部の構成を確認していましたが、あらためて感心です。

今回は、このBeelink Gemini X PremiumへのHDD増設工程のレポートです。

 

関連記事 スペック・レスポンスなどは詳細は、以下のレビュー記事を参照ください。

Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45の実機レビュー、Gemini Lake/RAM 6GB搭載でサクサク動き、静けさも特筆もの

▼使用した端末は、こちらのBeelink Gemini X Premium

Gemini X45 Premium (Geekbuyingサイト)

スポンサーリンク

Gemini X45 Premium、スペックのおさらい

過去記事からBeelink Gemini X Premiumのスペック表の再掲です。

Gemini X45 Premiumを、上位機となるGemini X55、私が所有するAlfawise T1 = Beelink S2 (AlfawiseはBeelinkの別ブランド)、Chuwi GBoxと比較しています。

Beelink Gemini X45 Premiumの特徴は以下。

  • メモリ 6GBを搭載。Gemini Lakeのエントリー機種ではメモリ 4GB搭載機が多いなか、Gemini X45 Premiumは6GBを搭載
  • mSATA SSD 128GBを搭載。M.2 SSDではなくmSATA接続ですが、mSATAとM.2 SSD SATA接続の性能は互角です。
  • ミニPCのなかでも特に小さなボディサイズ。11cm角の小さなボディに2.5インチ HDDを増設できます。
  • 小さなファンの割には、かなりの静音仕様。ただし、HDD増設前にはファンの回転は抑えられていたのですが、HDD増設によりファンの回転時間が長い状況となりました。

 

Gemini X45 PremiumへのHDDの取付工程

2.5インチ HDDの取付も簡単。Gemini X45 Premiumのみならず、他のミニPCも同様ですが、拡張性・各パーツの取付などはよく考えられています。

 

▼まずは裏蓋の四隅にあるネジを外し、下の金色のネジ穴に細めのドライバーなどを突っ込み、てこの原理で動かすとパかッと裏蓋が外れます。

 

▲▼今回のHDDは、以下の記事で紹介のAlfawise T1に取り付けていたもの。Alfawise T1とGemini X45 Premiumはスペック的にはほぼ同様ですが、Gemini X Premiumはよりコンパクトなこと、個体差のためか Alfawise T1の電源ボタンが反応しないことが稀にあるために、Gemini X Premiumに付け替えました。

Gemini Lake, SSD増設可のファンレス ミニPC Alfawise T1、1週間使用後のまとめレビュー
Gemini Lake N4100を搭載するミニPC「Alfawise T1 (Beelink S Ⅱ)」を受領して、1週間が経過しました。ブログ記事編集作業をメインとして合計20時間ほど使用し、また、2280サイズのM.2 SSD...

 

▼HDD取付のフレームとケーブル。ミニPCのマウンターはプラスチック製の製品が多いなか、Gemini Xシリーズはスチール製です。

Beelink Gemini X45 Premium motherboard 裏蓋

 

▼2.5インチ HDDとケーブルの取付完了。他のミニPCでは、HDDをはめ込むのみの構造が多いのですが、ネジで固定する仕様です(ネジは付属していません)。

 

▲▼絵になる写真のため別角度から撮影したものを掲載

▲▼なお、今回取り付けたHDDは、容量500GBであること以外の細かい仕様を未確認の、以下のPCに付いていたものです。

2012年製のLenovo IdeaPadがSSDへの換装で快速仕様に。もっと早く交換すべきだったと激しく後悔
約6年前の2012年に購入したLenovo IdeaPad Z575。家族のメイン機として使用しているのですが、Windows・各種アプリの起動・挙動が遅く、家族からの不満が続出。私もその遅さのために、ほとんど利用しなかったのですが...

 

▼マザーボードに取り付ける際に、アダプターの向きに迷い、また多少硬いものでしたが接続完了

 

▼もちろん、デバイスマネージャーでしっかり認識しています。

まとめ

スチール製のフレームにしっかりとHDDを固定でき、簡単のHDDを増設できるBeelink Gemini X45 Premium (Gemini Xシリーズに共通)。ただし、せっかくの静音仕様だったのですが、HDD取付で内部の風流が弱くなったのか、高回転でのファン稼働時間が長い状況になりました。大きな風切り音ではないのですが、しばらく様子見です。

 

Geekbuyingでの価格情報。2018年9月18日時点では送料無料の259.99ドル(29,972円)です。

Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45の実機レビュー、Gemini Lake/RAM 6GB搭載でサクサク動き、静けさも特筆もの
多くのミニPCをリリースするBeelink。Gemini LakeのミニPCとしては、Beelink S2とGemini Xシリーズをリリースしていますが、うち Gemini X45 PremiumをGeekbuyingさんよりサン...

 

ミニPC
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめのWindows 10 ミニPC
Beelink Gemini X45 Premium

・Gemini Lake J4105を搭載。N4100より僅かながらも優位
・メモリ 6GB、ストレージはSSD 128GB
・11cm角の小さなボディに2.5インチHDDも増設可能
・ファンを搭載しながらもファンレスなみに静か
・このスペックで3万円未満

Alfawise T1

・Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、ストレージ 64GB
・SSDを増設、起動ドライブとして使用可。HDDの増設も可能
・ファンレス機のため静かで作業に集中できます
・2万円ちょいの価格でコスパ高い

VORKE V2 Pro
iconicon

・500ドル台半ばの価格となるハイエンド機
・第8世代のCore i7-8550U、メモリ8GB
・256GB NVME SSDの速さは圧巻、SATA接続とは別次元
・プレインストールのOSはUbuntu16.04

Win And I net

コメント