GearBest日本の改元セール、Chwui GBoxなど190ドル未満のWin 10 ミニPCもあり

GearBest 日本サイトでは「令和」への改元にあわせて、4/26からセールを行っています。GearBestの担当さんいわく、「多くの人気製品を1ヵ月間 最安値で販売する」とのこと。確認してみると、PCではAIWO i6、Chuwi LapBook SE、Chuwi GBox、Teclast F15などが、過去の最安、あるいは最安に準じる価格で販売されています。今回はこのうち、過去記事で紹介した機種をメインに複数ピックアップしました。

 

▼セール会場はこちら

GearBest 改元記念セール (日本サイト)

ノートPC

▲▼ここでのおすすめは、AIWO i6、Teclast F15。

 

▼AIWO i6は、15.6インチにApollo Lake N3450相当のJ3455は並みのスペックですが、この価格帯では珍しく メモリ 8GB、SSDは2.5インチであることが特徴。15.6インチながらも、キーボードは10キーなしであることは私好み。オリジナルはASUSへOEM提供している実績もあるYEPOの製品のため安心。

AIWO i6、15.6型 IPS / RAM 8GBのApollo Lake ノートがリリース。2.5インチ SSDも魅力大
日本での人気も高まりつつあるAIWOから、15.6インチのApollo Lake ノート AIWO i6が新規リリースです。 このAIWO i6は「15.6インチ、256GB 2.5 SSD、8GB DDR4搭載、YEPO 7...

 

▼Teclast F15は、質感高いボディにGemini Lake N4100、メモリ 8GB、SSD 256GBとバランスがとれています。Chuwi / Jumperと同様に、日本よりも他国のユーザーが多いTeclastですので、設定など困った場合には、参照となるサイトが多いことも強み。

Teclast F15、15.6型のGemni Lake N4100/RAM 8GB搭載機がリリース
新年早々から元気なTeclast。Teclast F7 Plusに続き、今度はTeclast F15をリリース予定です。2019年1月6日時点では、TeclastのFacebookとTeclastのロシア版公式サイトの情報となります...

 

▼また、クーポン対象ではないのですが、私が使用している 13.3インチのChwui LapBook SEは、質感も高く キーボードのタイピング感も抜群。Chuwi LapBook Proとして同製造元の14インチ端末もリリースされていますが、海外レビューコメントでは「キーボードとタッチパッドは、LapBook SEが優位」とあり(おそらく、キー印字などの質感的なもの)、強くおすすめの製品です。

Gearbest Chuwi LapBook SE
Chuwi LapBook SE

Chuwi LapBook SE レビュー、3万円の価格以上の質感・使い勝手のよさは国内製品を軽く凌駕
Chuwi LapBook SEを使用して10日ほど経過しましたので、全般的な使用感について記載します。概要としては、13.3インチとしてはやや重いものの、高い質感の外観にGemini Lakeのレスポンスのよさ、大きなキーボードに...

ミニPC

国内主要メーカーからのリリースが少ないために、日本では盛り上がりに欠けるミニPCですが、コスパと拡張性では、Stick PCを軽く凌駕します。今回のセールでおすすめのミニPCは、Acute Angle AAとChuwi GBox。

 

▼Acute Angle AAは、トライアングル型のスタイルは変わったように見えますが、設置面積とポート類へのアクセスを考慮してのこと。

Apollo Lake N3450にメモリ 8GB、さらにはeMMC 64GB + SSD 128GB、もちろん Windows 10もプレインストールし、179.99ドルとは破格です。

私はミニPCを3台所有しているために購入することはないのですが、同クラスのPCを所有せず、コスパの高い製品を求めていた場合には、筆頭候補となる製品です。

なんと、トライアングル型のApollo Lake ミニPCが販売に。RAM 8GB、eMMC + SSDと充実のスペックに約200ドルとコスパも十分
独特なデザインながらも充実したスペックのミニPC「Acute Angle AA」の紹介です。接地面を少なくすることにより省スペースに、そして電源ボタンを押しやすくするために、トライアングル型と見たこともない形状ながらも、Apollo...

 

▼Chuwiの製品としては注目度の低いように感じるGBoxですが、Gemini Lake N4100にメモリ 4GB、ストレージは64GB eMMCながらも2.5インチ HDD / SSDを増設でき、リモコンも付属しています。また、製品紹介にはありませんが、M.2 SSD スロットの存在も確認。

Chuwi GBox、Gemini Lake搭載のファンレスミニPCのスペックと特徴。M.2 SSD スロットの存在も確認
Gemini Lake N4100を搭載するミニPCとして、先日紹介のAlfawise、Beelinkの製品に続き、なんとChuwiからも「GBox」が登場です。 Gemini Lake N4100、メモリ4GB搭載はAlfa...

 

私は今回初めて認識したのですが、ないものと思っていたM.2 SSDスロットを確認。以下の動画の4分36秒あたりを参照


なお、個別記事としては紹介していませんが、個人的にはMinix NEO J50Cにも興味津々。価格はやや高めですが、Gemini Lake Pentium J5005にWindows 10 Proと他にはない構成となっています。

▽やや割高ですが、Amazonでも販売されています。

スマホ

スマホはクーポン配布ではなく通常のフラッシュセールですが、SONY IMX 586の48百万画素カメラを搭載するUMIDIGI S3 ProとXiaomi Mi9、IMX 586ではないものの 48百万画素カメラのUMIDIGI F1 Playがセール対象となっています。その他も含め、合計 16機種が特設サイトでピックアップされています。

 

▼個別紹介記事はこちら

Helio P70に48百万画素カメラのUMIDIGI S3 Proが登場、バッテリーも5150mAhと大容量
IndiegogoサイトにUMIDIGI S3 Proが登場。つい先日リリースされたUMIDIGI F1がHelio P60を搭載し「欲しい」と思っていた矢先に、S3 ProはHelio P70、さらにはイメージセンサーにSONY ...
Xiaomi Mi 9、スナドラ 855・トリプルカメラ搭載のXiaomi旗艦機のスペックと特徴。RAM 12GB版もあり
Xiaomiから同社のAndroid スマホ フラッグシップ機となる「Xiaomi Mi 9」が発表され、2019年2月22日現在 海外通販サイトではプレセールを行っています。 Snapdragon 845、背面にトリプルカメ...
UMIDIGI F1 Play、カメラが48百万画素になり新登場。F1から進化のポイントとスペック比較
F1、S3 Proなど、コスパの高いスマホのリリースが相次ぐUMIDIGIですが、今度はF1をベースにしたF1 Playがリリースされています。F1からスペックアップした大きなポイントは、リアカメラが16百万画素から48百万画素とな...

まとめ

セール対象の製品紹介記事となりますが、記事編集中にChuwi GBoxにM.2 SSDスロットが存在していたことを今さらながらに認識。これにより、魅力がかなりアップしたGBox。ファンレスでリモコン付き、しかも価格は200ドル未満と、今回のイチオシとして急浮上となります。

 

▼セール会場はこちら

GearBest 改元記念セール (日本サイト)

 

GearBest 関連記事

コメント