FRONTIER NSシリーズ、第11世代 インテルCPUを搭載し、約922gの軽量14インチノート。デザインもよく NVMe SSDの空きポートもあり

FRONTIERから2020年12月11日に発売となった「NSシリーズ」。14インチに、インテル 第11世代のCPUを搭載し、マグネシウム製のボディを採用することにより、その重量はなんと 約922g。さらには、アメリカの厳しい耐久テストである「MIL規格(MIL-STD-810G)」をクリアしています。

私は会社で富士通の13.3インチ 軽量ノートを使用していますが、会社内でも部門間を移動する際に軽さは大きな魅力。このNSシリーズはデザインもよく、オフィスでの使用でも違和感はありません。

引用元

FRONTIER公式サイト, NSシリーズ

スポンサーリンク

FRONTIER NXシリーズのスペック

FRONTIERは私としては懐かしさも感じるブランド。おそらく2000年代初頭かと思いますが、当時からPC雑誌で同社の製品をよく参照していたものです。

さて、NXシリーズのスペックは以下となりますが、そつのないスペックに、やはり14インチにして約922gの軽さが大きなポイント。

CPUCore i5-1135G7 / Core i7-1165G7、4コア 8スレッド
GPU(注)Intel UHD Graphics / Iris Xe Graphics
メモリ8GB  / 16GB
ストレージ256GB / 512GB  NVMe  PCIe M.2 SSD、NVMe SSDを増設可能
ディスプレイ14インチ、IPS、解像度 1920×1080、非光沢
WiFiWi-Fi 6対応 (11ax/ac/a/b/g/n)
Bluetooth5.0
ポート類USB 3.1 x 2、Type-C (3.1、フル機能)、HDMI、SD カードスロット
サイズ約 322 x 216.8 x 16.5mm、約 922g
OSWindows 10 Home 64Bit
その他MIL規格(MIL-STD-810G)をクリア、マグネシウム製ボディ

(注)Intel Iris Xe Graphicsは、メモリ 8GB x 2とした場合に動作。8GBの場合は「Intel UHD Graphics」として動作。

 

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon、Core i5-1135G7 / i7-1165G7搭載、約966gの軽量13.3インチノートのスペックと特徴
TV CMでも放映されている「Lenovo Yoga Slim 750i Carbon」。13.3インチのディスプレイは2.5K 解像度、CPUは第11世代のCore i5-1135G7、もしくはCore i7-1165G7を搭載し...

スペック表は上の記事で紹介の「Lenovo Yoga Slim 750i Carbon」をベースにしたものですが、CPU、メモリ、ストレージ、軽さを特徴とすること、「MiL-STD-810G」をクリアすることなど、よく似た構成となっています。

750i Carbonの13.3インチ 約966gに対して、NXは14インチで約922g。この差は小さいようで大きく、また、750i Carbonのボディ色はムーンホワイトのみですが、デザイン・配色も私としてはNXシリーズが好み。

750i Carbonの記事にも記載していますが、CPUのCore i5-1135G7 / Core i7-1165G7の実力は、CPUベンチマークのシングル コアでは 8コア16スレッドのCore i9-10885Hに匹敵し、負荷の激しいの動画編集・3Dゲームなどを行わない限りは、普段使いや在宅勤務用としては十分すぎるほど。

外観と機能

前面から見ると、シックな色合いのオーソドックスなデザインのNXシリーズですが、サイドのデザインに特徴があります。

 

▼ヒンジ部分の拡大ですが、金属の質感と造りのよさが伝わります。他の写真ではグレイのようにも見えますが、シルバーに近いかも。

▲▼サイドのヒンジ部分が、旧型のApple ワイヤレスキーボードに似ていると思うのは私だけでしょうか。電源ボタンではありませんが、私の好みのデザインです。

 

▼左サイドのポート類は左から、DC-in、フルサイズのHDMI、USB 3.1、USB Type-C (フル機能、映像出力、給電可能)

▲右サイドは左から、電源ボタン、SDカードスロット、ヘッドホンジャック、USB 3.1、セキュリティロックスロット。厚みは16.5mmと細くはないのですが、サイドは前面に向かって絞り込まれているため、太さを感じることはないでしょう。

 

▼天板はロゴもなく、すっきりしています。

 

▼キーボードの左右のベゼル幅が太いのですが、14インチではやむ無し。キーピッチは約19.1mm 、キーストロークは約1.2mmであり、快適なタイピングが期待できます。

 

▼2W x 2のスピーカーは底板の左右に配置されています。

▲底板を固定するネジは、一般的なPCよりも(中央の2つが)多いのですが、サイドも含め排熱のスロットが見当たらないことが気がかりです。キーボード面の上に通風孔らしきものがありますが、そこから熱を排出する仕様でしょう。

 

▼ディスプレイは180°開き、プレゼンにも適しています。

まとめ

高レスポンス 4コア8スレッドのCore i5-1135G7 / Core i7-1165G7に、高速なNVMe 対応のPCIe SSDを搭載し、しかもPCIe SSDを増設可能、約922gの軽さとMIL規格をクリアした堅牢性も兼ね備える「FRONTIER NXシリーズ」。

2021年1月1日時点の直販価格は、Core i5-1135G7 / メモリ 8GB / SSD 256GBの場合は 税抜 109,800円。同様の構成でコンセプトの似ている Lenovo Yoga Slim 750i Carbon(公式サイト)とほぼ同価格帯となりますが、私としてはデザインからも「FRONTIER NXシリーズ」がおすすめ。

引用元

FRONTIER公式サイト, NSシリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました